--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.22

ブログ名についてつらつら~

Category: 未分類
こちらのブログ開設を聞いて早速お越しくださいました皆様、ありがとうございます。
何をおしゃべりしていこうか…、手探りながら今回はブログ名やロールチェンジしたニックネームについてお話を。

「mikazu記」というタイトルですが、発音どおり「三日月」で、善徳女王、陛下とチョンミョン、真平王にある痣からとりました。
そのまんま「三日月」にするってのは、なんか芸がないな…ということと、自分の記録や日記のようなものでなんかしゃべっていけたらそれでいいかな・・・というところから、「記」という字を用いたかったんです。残りの「みかづ」は、個人的にひらがなよりはアルファベットのほうがなんとな~くかっこよく見えるかなーっていうのでこのような形に。ところで、「づ」はローマ字入力だと本来「du]、「zu]だと「ず」じゃないかと思われるかもしれませんが、「mikadu記」より「mikazu記」のほうがこれまた個人的な感覚でいいと感じたので、「zu」を採用しておりますー。
そしてまた、三日坊主にならんようにー。という気持ちをひっそりこっそり含ませております。

ちなみに、第5話でローマに発つカターンおじさん達を見送り砂漠に座っているトンマンのシーンと、一緒にローマに行こうとカターンおじさんがトンマンの元に戻ってくるシーンの間にトンマンが住むオアシスが映るのですが、そのオアシスの形が三日月の形をしていませんか?これも最終的にこの名前にする決め手になりましたー。

もう一つ候補にしていたのが、「ちょこっとしゃべくりん」というものだったのですが、私はどうも「ちょっと」「ちょこっと」が口癖のようでして、それに「しゃべくり」を付け足した名前に…なんて考えたら、チョコとかシャーベットとかクリームとかプリン、ぜーんぶ甘いもんを連想していきまして・・・、なんかおいしそうやん!って限りなくしょーもな~いことになってきましたんで、結局却下。私の頭レベルにちょうどいいんかもと思いますが…。どうでもいいくだらんことをついでにしゃべってますー。

そして、ここでのニックネーム、皆様のところにおじゃまさせていただく時、「げん」と名乗っていますが、もともとこれは考えなしなんです。ブログ名を「mikazu記」に決めたら、三日月にひっかけて「弦」という字を思い浮かべまして…、で、ついでにもう少しひねることできないかと考えて、「聖骨」「真骨」から「弦骨(げんこつ)」という言葉を思いつきました。えー、怪しい身分…って恐れ多くも…シャレです……。
あ、発音、「ソンゴル」「チンゴル」なんで「弦」がどういう発音かわからないのでそのままにしてだと「げんごる」ってなりますかね?なもんで、ひらがなで「げんこつ」といたしました。
また、ドラマの中で握りこぶしのクローズアップが結構ありましたよね・・・。ソルォンさんのがパッと思い浮かびますが、ピダムが指輪を送り返す直前のギュ~と握りしめる手の形、ピダムから送り返された指輪をギュ~と握りしめるトンマンの手の形、これも握りこぶし=げんこつ、として見ちゃって、理由づけのひとつとしております・・・。


ここまでどうでもいいお話にお付き合いくださいましてありがとうございますー!
ブログの中身をどうしていくか…ってことよりも外枠のことを優先してなんやかやと考える者のところなんで、どうぞお気軽にぃーーお越しくだされば嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

あと最後に…、呼びかけにげんこつ様ってのは私としましては、ハァ~てして頭をグリグリしたくなっちゃう感じで、なんだか笑っちゃいますんで…、げんこつさん、ついでにげんさん、としていただきますと幸いです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/7-5c3be0c3
トラックバック
コメント
先日はすれ違ってすみませーん。でもお互い同じような時間にお互いのブログを行き来してた事実に、ひとりときめいておりましたw このときめきの勢いでトン・ピのごとく(ユシンこぶ付)川に飛び込んだげん様にユシンのように人工呼吸しそうな私です(←こらこら)

さて、ブログタイトル命名のお話、私もついこの間通った道だったので懐かしく思いました。私ははじめから善徳ブログにしようと思って立ち上げたので、ブログタイトルもHNもテンプレもいかにもドラマに関係するものや、トンマンをイメージするものから取ったんですが、げん様のmikazu記の三日月って一般イメージとして特別善徳を思い起こすものではないけども、ドラマを見た人ならすぐわかるトンマンの血筋を証明する重要キーワードで、とても素敵なネーミングですよね。普通にカチェつけていると見えないけど、ピダムがトンマンの髪をかきあげると見える三日月の痣…みたいなさりげなさがいいですねv
そして、弦の発音を韓国語辞書で調べてみたら、「ひょん」と出てきました(韓国式発音を勝手に日本語的に当てはめてみたので微妙に違ったらスミマセン/汗)。なので弦骨は「ひょんごる」?なんかそんな身分ありそうに思えてきます(笑)

すでにアップされている善徳レビューも改めてじっくり読ませていただきました!私ピダム堕ちしたせいか(笑)21話以降は結構見返しているのですが、その前となるとめっきり回数が減ってしまい。げん様の記事を読んで、私も改めてチョンミョン視点で見返したくなりました。「肉斬骨断」とても重要な言葉だったんですね、チョンミョンにとっても。

また善徳レビューも楽しみですが、49日のレビューも首をストレッチしつつお待ちしております。ヨウォンさん目当てで見始めたドラマなんですが、私このドラマ自体がとても大好きになり、今度はノーカット版を見返しているところなんです。なんかこう月並みですが、心が温かくなるんですよねこのドラマ。ヨウォンさんが子役トンマンの演技をとても観察していたのがわかるとげん様おっしゃっていましたが、このドラマのヨウォンさんも、ジヒョンの演技を相当観察していますよね。

で、最後にお言葉に甘えまして、次からはげん…さんとお呼びさせていただきますね。私の方もmukugeさんでお願いいたしまーす。
さらに私もリンク&ブロとも申請お願いできますでしょうか?このタイミングを逃すと、あー言いたい、でも照れる、どうしよう?などと一人もじもじしてしまう日々が続きそうなのでこの勢いのまま、お願いいたします!(と、手を差し出してみるw)
mukuge(むくげ)dot 2012.04.23 18:05 | 編集
げん様……いえ、お言葉に甘えて、げんさんこんばんはー!(*´∇`*)(私のことも「緋翠さん」と呼んで頂けたら嬉しいですvv)
そしてそして、リンクとブロとも申請ありがとうございました~!さきほど私からもリンクが完了、ブロともになってきましたw いやその、言い出しっぺなのに反応が遅くてすみません…!(っД`;)
改めて、これからもよろしくお願いいたしますvv

そして、前回頂いたお返事へのお返事なんですが(笑)、ソファ&トンマン親子のファー、本当にお揃いですねw すっぱり抜けてました…!
チョンミョンのことも、今は郎徒時代しか見ていないので、まだまだ気になります。あ、それを言うと、げんさんの次の記事はなんだろーと言うのが一番気になっていますが(笑)

そして、このブログのタイトルに関する記事には、何回も頷いてしまいました。三日月はトンマンの『故郷』ですよね。(砂漠の三日月湖は、「月牙泉」と言う敦煌の名所だそうです。ガイドブックでは砂漠ロケ特集があって、キム監督がチャングム助監督だったおかげで、普通なら許されない場所での撮影が出来たと言うことが書いてありましたw) 日食の時の「鶏林天明」も、太陽の光が三日月型に現れるところから始まるわけですし。
また、「げんこつ」は私も気になるポイントです。郎徒時代の百済戦で、シヨルに対して「げんこつ」を握って殴ろうとするトンマンを最初に見た時、「男だ…」と感心したことを思い出します~。
緋翠dot 2012.04.24 19:26 | 編集
mukugeさん こんばんわw

本当にこの間はmukugeさんが来られた時間を見て驚きました~。今ならすぐに連絡を付けられて「今からすぐそっちに行くからじっとして待ってろ!」なんてできますが、一昔前ならこういう行き違いすれ違いを延々繰り返す・・・なんてあったんですよね。逆に今こういうことがロマンチックゥ~vなのかも。

素敵なネーミングと言っていただけて嬉しいです。

> 普通にカチェつけていると見えないけど、ピダムがトンマンの髪をかきあげると見える三日月の痣みたい

これを読んで、ピダムはトンマンに絶対髪をアップにさせないんでは・・・なんて思っちゃいましたよ。
この痣は誰の目にも触れさせまいとして髪のセットに色々と注文しそうな気がしてしまいましたー。

mukugeさん、韓国語辞書もっていらっしゃるんですか?弦の発音、「ひょん」なんですか!調べてくださってありがとうございます。そういえば、ソヒョンさんのヒョンって「玄」の字なんですね。弓偏がないだけなのできっとそうですね!おお!勉強になりました。

ドラマの前半を見直てみると一体どこを観てたんだか・・・という気持ちになります。ユシンが龍華香徒の面々に話した「肉斬骨断」が次では巧妙な戦術として使われて、最後にチョンミョンがこの言葉をミシルに言い放つという話の流れ、このドラマの面白いところだなーと改めて思いました。

「49日」、レビューするならやっぱりDVDのノーカット版を観て・・・、と思ってるんですが時間がなくまだ1.2話で止まっちゃってます・・・。ノーカットの1話を観たとき、吹き替え版のイギョンよりヨウォンさんのイギョンのほうが断然いい!と思っちゃったんですよ。コンビニでたばこの注文を受けたときのイギョンの魂が抜けているヨウォンさんの声を聞いたとき、やっぱりDVDだ!と思いつつBSを最後まで視聴しました。もっとじっくりゆっくり観たいです。

リンク、先程させていただきました。そしてブロとも承認ありがとうございました!
ええ歳してどうしようもなくグズグズしてしまう私ですが、よろしくお願いします。(差し出された手をそっと握ってみましたw)


> 先日はすれ違ってすみませーん。でもお互い同じような時間にお互いのブログを行き来してた事実に、ひとりときめいておりましたw このときめきの勢いでトン・ピのごとく(ユシンこぶ付)川に飛び込んだげん様にユシンのように人工呼吸しそうな私です(←こらこら)
>
> さて、ブログタイトル命名のお話、私もついこの間通った道だったので懐かしく思いました。私ははじめから善徳ブログにしようと思って立ち上げたので、ブログタイトルもHNもテンプレもいかにもドラマに関係するものや、トンマンをイメージするものから取ったんですが、げん様のmikazu記の三日月って一般イメージとして特別善徳を思い起こすものではないけども、ドラマを見た人ならすぐわかるトンマンの血筋を証明する重要キーワードで、とても素敵なネーミングですよね。普通にカチェつけていると見えないけど、ピダムがトンマンの髪をかきあげると見える三日月の痣…みたいなさりげなさがいいですねv
> そして、弦の発音を韓国語辞書で調べてみたら、「ひょん」と出てきました(韓国式発音を勝手に日本語的に当てはめてみたので微妙に違ったらスミマセン/汗)。なので弦骨は「ひょんごる」?なんかそんな身分ありそうに思えてきます(笑)
>
> すでにアップされている善徳レビューも改めてじっくり読ませていただきました!私ピダム堕ちしたせいか(笑)21話以降は結構見返しているのですが、その前となるとめっきり回数が減ってしまい。げん様の記事を読んで、私も改めてチョンミョン視点で見返したくなりました。「肉斬骨断」とても重要な言葉だったんですね、チョンミョンにとっても。
>
> また善徳レビューも楽しみですが、49日のレビューも首をストレッチしつつお待ちしております。ヨウォンさん目当てで見始めたドラマなんですが、私このドラマ自体がとても大好きになり、今度はノーカット版を見返しているところなんです。なんかこう月並みですが、心が温かくなるんですよねこのドラマ。ヨウォンさんが子役トンマンの演技をとても観察していたのがわかるとげん様おっしゃっていましたが、このドラマのヨウォンさんも、ジヒョンの演技を相当観察していますよね。
>
> で、最後にお言葉に甘えまして、次からはげん…さんとお呼びさせていただきますね。私の方もmukugeさんでお願いいたしまーす。
> さらに私もリンク&ブロとも申請お願いできますでしょうか?このタイミングを逃すと、あー言いたい、でも照れる、どうしよう?などと一人もじもじしてしまう日々が続きそうなのでこの勢いのまま、お願いいたします!(と、手を差し出してみるw)
げんこつdot 2012.04.24 23:36 | 編集
緋翠さん こんばんはw
(早速このように呼ばせていただきます)

<砂漠の三日月湖は、「月牙泉」と言う敦煌の名所だそうです

そうなんですね!ちゃんとガイドブック、読んでおくべきだった・・・と今頃になって思います。(これまた遅すぎw)
そして、トンマンの『故郷』これはCGなのかしら~なんて思っていたので、実在する名所と聞いて、旅情を誘われました。いつか…いつになるますやら…ですが、この目で見てみたいですねー、三日月型を。

<郎徒時代の百済戦で、シヨルに対して「げんこつ」を握って殴ろうとするトンマン

「げんこつ」関連のシーン、これも入りますねー。記憶に残る「げんこつシーン」って集めてもいいかもなんて思っちゃいました。
シヨルとのシーンでは、シヨルの死に直面し全身を使って嘆き悲しむトンマンもいいですが、そのあとの「立派だった」とシヨルに伝えることができなかった・・・とユシンに話すトンマンの涙も枯れわけもわからなくなっているけど、勇気ある友を持ったと誇らしげでもある表情が、最近見直した中で印象的に残っているシーンの一つです。

テレ東放送を観てチョンミョンに注目した記事を書いた後、このあたりの話を無性にノーカットで観たくなりまして、レンタルして久しぶりに観ました。カットされてたチョンミョンのシーンをものすごく新鮮に観ちゃいました。
チョンミョンに注目してみてみたら自分自身面白かったので、また書いてみたいのですが、書こうと思って観たら、話の筋とは全く関係のないところにも目が行ってしまいます。めちゃめちゃしょーもないことを書いてしまいそうです。
げんこつdot 2012.04.25 23:38 | 編集
げん様こんばんはーv 六花です。

ブログ開設の道は、げん様も同じだったんだーと嬉しくなりました。
ブログ名、とっても素敵ですー。善徳ファンだけがニヤリとするお名前ですねv
私としては、「ちょこっとしゃべくりんv」でも全然イケますがw
「なんかおいしそうやん!」
ってげん様のツッコミに爆笑しました!そんな可愛い口癖があるとは知りませんでしたよー(笑)

私も善徳女王に嵌って立ち上げましたが、元々は韓国ドラマの視聴日記や動画保存庫にする予定だったんです。えぇそうなんです。
まさか二次創作にまで手を出すとは思ってもみませんでした。まさか二人をにゃんこにして(あ、アルチョン忘れてましたw)、18歳差でトンピを書く日が来るとは夢にも思っておりませんでした……(遠い目)や、私のことは置いといてですね(汗)私は善徳以外でも、げん様の記事、楽しみにお待ちしてますよーv

でもって越境しちゃいますが、『トンマン』と『トンマナ』の記事、こちらも頷きながら読ませて頂きました!
この名前の変化は韓国語の絶妙なニュアンス、響きが一番顕著に現れるところだと思います。
私もカットバンバンwからの視聴組ですので、暫く出逢えませんでしたw

>ただこれから話が進むにつれ「トンマン」「トンマナ」を耳にすることは少なくなっていきます。
この話の、トンマンの人生の序章のときの、字幕版での『トンマナ』を耳にしてみたら、皆さんはどう感じられるんだろう・・・とふと思いました。

最終話から序章に戻ると、これまた胸にぐっとくるものがありますね。
『トンマナ』と耳にする時、相手は装飾されてないトンマン自身を見ているんですよね。ソファとピダムがそう呼ぶ時、根底にあったのは「無償の愛」だったのかなーと思います。
ふふー、げん様のお陰でなんだかソファの大好き度とピダムの男前度がぐんと上がった気がします!(←生意気にも上から目線w)

ではでは、これからもお邪魔させて頂きますね!|ω・`)←明るいストーカー宣言w
えと、私もげん様を「げんさん」、とお呼びしてもいいでしょうか?
実は私も始めからそうすれば良かったーと思いました(><)敬称は『~様』とお呼びするのは違和感ないんですが、そう呼ばれるのはなんだかむず痒いですね(照)
そしてあの、できましたらげんさん(←早速)とリンク、ブロともをお願いしたいのですが……。私も最初の機会を逃すと、二の足を踏んでしまいそうで……。できましたら、是非是非よろしくお願いしますー!
六花dot 2012.05.01 23:39 | 編集
六花様 こんばんわー!

折角お越しくださいましたのに、いきなり何の音沙汰もなくて本当にごめんなさい。
GWは何かと忙しく、後半は関西に帰省しておりました・・・。
携帯からメッセージを確認していたので、お返事したくてしょうがなかったんですが、遅くなってしまいました。すみません・・・

ブログ名、いろいろ考えたんで、六花様にも素敵と言っていただけてうれしいですv
「ちょっと」「ちょこっと」という口癖もですが、私は普段うちの中では関西弁ですし、ものすごいいいかげんなしゃべりをしてるんですよ。
記事やコメントで普段通りに喋ろうと思ったら、私、語尾が「ぅ~」とか「ぇ~」と間延びするし、擬音語を多発しちゃいます。
文章での言葉づかいは、なんかきどっとんなー、あたし・・・。て時々自分つっこみしてるんですよ。
なんで、ここでは少しずつ自分らしいしゃべりをしていけたらと思ってます。ただ、通じるんだろうか・・・ていう気もしてますが。

『トンマン』と『トンマナ』は、私も同じくカットバンバン視聴からですので、『トンマナ』って聴いたときにはアレっ?て思って名前について速攻調べたんですよー。
トンマンが公主の身分をしっかりと取り戻すまでのピダムの「トンマナ~」というのが結構好きですねぇ~

>ソファとピダムがそう呼ぶ時、根底にあったのは「無償の愛」だったのかなーと思います。

「トンマン」に付く敬称がなんであろうと、ありのまんまの「トンマン」を生涯変わることなくありのまんま受け止め愛し「トンマナ」と言えた人はソファとピダムの二人なんですよね・・・、きっと。ソファは厳密には他人ですが、トンマンにとってはやっぱり母。赤の他人ではピダムただ一人ですねぇ。

そういえば、「トンマン」が一般的ですけれど、「トクマン」としているところがあったりしてましてね、どっちの呼び名が正しいんだろ…と面白いなと思いましたねー。

私は始めたばかりですが、六花様のブログはそろそろ1年になるんではないでしょうか・・・。いや~二次創作をされる予定でなかっただなんて!・・・、拝読し楽しませてもらっている分際でなんですが、いや~六花様が創作はじめられてよかったですよ~!てあらためて思います。私のほうこそちょくちょく遊びに行かせていただくつもりです。
はい、「げんさん」でお願いいたします。私のほうもこれからは「六花さん」とお呼びさせていただきますね!よろしいでしょうか~・・・
リンク・ブロともありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

別途、記事にておみやをご用意いたしましたんで、よろしかったらど~そおあがりくださいませ・・・



げんこつdot 2012.05.05 23:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。