--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
05.16

部下として、上司として。

Category: LYWドラマ
うおおお!!
ドラマ復帰したヨウォンさんが今度はスクリーン復帰ですってヽ(≧∀≦)ノ♪
次回作を検討中・・・!ってのがいつものことなのに、今回はいきなり確定!ですよ、嬉しいビックリv


マネジメント区で公開された記事です。

JTBC「ウクシナムジョンギ」から「っとシンドローム」を起こした俳優イ・ヨウォンが映画「末っ子」を次期作で決めた。
16日イ・ヨウォン、所属事務所マネジメント区イ・ヨウォンが「映画「末っ子」の女主人公オスギョン役で出演を確定した」と明らかにした。
「末っ子」は、4兄妹のドタバタヒューマンストーリーを描いた映画でイ・ヨウォンは劇中4兄妹の2番目で熱血記者オスギョン役に扮する。また、一度の演技変身と一緒にスクリーンの中の熱い感動をプレゼントする予定だ。
最近放映終了したドラマ「ウクシナムジョンギ」であってポンあけクールサイダー魅力的に成功し演技変身を試みた イ・ヨウォンの次期作に対するファンたちの関心はますます熱くなった状況。
イ・ヨウォンは、ドラマ「黄金の帝国」「魔の「'49日 ''善徳女王 ''外科医ポン・ダルヒ」と映画「容疑者X」「華麗なる休暇」「クァンシクの弟クァンテ」などに出演している作品ごとに実力と作品性を認め受け「信じ見る俳優」として位置づけた。
イ・ヨウォンが降り注ぐラブコールの中で慎重に選択された次回作「末っ子」を介して別一度症候群を引き起こすことができるか。イ・ヨウォンの格別な興行チョイスが期待される。

(http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=894159)

他の記事より共演は、長兄にチョン・マンシクさん、3番目の妹にイ・ソムさん、末っ子に子役のチョン・ジュンウォンさんが決定したそうです。
歳の差はばのある兄妹だなあ(笑)
20160516映画確定


今月末から撮影開始されるそうで、公開は今年の下半期に予定されているんだとか。
日本へは早くて来年?ぜひ来てほしいー。






つづきから、「カッとナムジョンギ」第15話のちょこっとピックアップです。




☆スノーボールの謎

「ラブリーのみんなはお金より私を選んだんだから、約束通り消えて!」
送り付けられた宣戦布告?のスノードームをイ・ジサンの元に返しにやってきたダジョン。
当のイ・ジサンはダジョンの要求に応じる気がないようで・・・試合続行。

ダジョンとイ・ジサンのこのスノードームにまつわるエピソードってなんでしょうね~?
ドラマの中で語られたのかリアタイ視聴ではよく分からなかったです。
ただ、スノードームが送り付けられたとき、ダジョンがものすごく怯えていたのは、イ・ジサンの存在が近くにいることが怖かったんじゃなく、二人の間に起きた出来事がトラウマになっていてそれが脳裏によみがえったからなのかなぁ…と今は解釈しています。

15-1


☆社長の受難

ダジョンはあらかじめ買収対抗策として、「すべすべ基礎セット」と「アフン アホプ カジ」の商標権を別々の会社に登録していたようです。(ラブリー以外にどこの会社で登録したんでしょーか・・・?書類の画像見てもハングルだからわからない…汗)
てことで、ラブリーが買収されても主力商品の一つは手元に残るけれど、二つの商品がそろわないラブリーの買収に詐欺だ!てことで訴えられるだろう・・・とダジョン。
羊羹社長さん、お縄のピ~ンチ・・・?

15-2

予想通り、警察から事情聴取を受けることになった社長さん。
奥さんに家を追い出され、警察では連日夜遅くまで取り調べられてヘロヘロな社長の送り迎えにつきあう優しいジョンギ。
差し入れは豆腐。何故。
豆腐のようにこの身はシロだ、潔白だ!て意味でしょうか!?

15-3


☆部下として、上司として

ダジョンとイ・ジサンの言い争いを目撃するジョンギ。
シナモン入りカプチーノを差し入れ語らう二人。

15-4

「会社の事だけで大変なのに、個人的なことで神経を使わなければいけない本部長をみているのがつらい、部下として」
「誰にでも笑顔で、誰にでも優しく気遣い、自分の事よりも他人を心配する課長自身は大丈夫なのか心配になる、上司として」

15-5

イ・ジサンの相手は自分がするというジョンギの申し出に、最後まで自分が相手するときっぱり断るダジョン。
「部下として」「上司として」との前置きがありますが、お互いにお互いを気遣うあったかい雰囲気v

15-6

☆守りたい

ジョンギたちラブリーメンバーの活躍で、イ・ジサン側と黄金化学の癒着の証拠である裏帳簿を手に入れキム常務が失脚。(イ・ジサン部下のカンチーム長、帳簿管理方法考え直した方がw(笑))
それでもラブリーへの攻撃の手を緩めないイ・ジサンに堪忍袋の緒が切れたジョンギ。

15-7

ラブリー存続の危機に陥らせたイ・ジサンの前に怒り、真剣なジョンギに、
「ダジョンのことが好きか?真剣に答えろ」なイ・ジサン。

元夫3号よ、今聞くんはあくまでそこなのね?な質問にジョンギは真摯に答えましたよ!

「はい、好きです。そして守ってあげたい。」

15-8

ダジョンが上から見守っておりました・・・

15-9



ちょこっとなのでさらっと流しましたが(笑)、買収がうまくいけば副社長のイスが待っていたキム常務が失脚しましたよ。
そのあおりでイ・ジサンのスカウトでラブリーにやってきたヤン部長もラブリーを去ることに。
ラブリー家族の姿をみて微妙に心動ごきかけていたヤン部長、ちょっとお気の毒。


スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/338-e270b637
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2016.05.18 07:28 | 編集
ほっちさん こんばんは!

サンヒョンさんのインタビュー記事がたくさん出たんで次はヨウォンさんの番かな~?って思ってたら映画出演決定ニュースが飛び込んできましたね♬
4兄妹の2番目で熱血記者、気の強さに暑苦しさが加わりそうな役で楽しみ~v
かなりの年の差兄弟姉妹だけど、まあヨウォンさんとこだって10歳差の3姉弟ですしねw、うちの末っ子の母と長兄の伯父とは歳が20くらい離れてますし(おもっきし昭和だけどw)、アリですよね・・・。
にしても自分の子と同い年くらいの子が末っ子の弟って、ヨウォンさんどう思うんでしょうか(笑)

>>字幕で観るとまた違った発見があると楽しいですね。

ウクシ、言葉がわからなくってもその場面の雰囲気で勝手な解釈を膨らませながら観られるくらいとっても見やすいドラマでしたよね。
日本で放映されたの観たら、意味深な雰囲気だったスノードームや1号2号3号の元夫たちの印象も違って見えたりするのかも。
そんなこと考えるとますます早く字幕で見たくなります~!
そうそう豆腐の場面はテッパンのようですね~。へええ、そうなんだーって自分でも改めて賢作くんしたらたくさん同じ質問が出てきて笑っちゃいましたv

「チョア~」が「好きです」っていう単語は私もわかりま~すv
意味の分かる単語はだいぶ増えてきましたが、チョアーのあとに続く言葉は何!?なんて言ってるの?っていうシーンだっただけに、ニュースだと「見ていたいです」てなってたりして??て焦らされたけど、私も「守ってあげたい!」って訳をみたとき、わあvそうなんだ~って(〃∇〃)
妄想ふくらむ余韻を残すラブラインて萌えますねv

ヨウォンさんもサンヒョンさんもドラマ復帰作が手ごたえのある作品でほんとよかったです。
お仕事にいい波がやってきてるとしたら、ファンとしてもとっても嬉しいですし、一緒に乗っかってその活躍を応援していきたいですね~(^^♪
げんこつdot 2016.05.19 00:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。