--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.20

善徳ぐーちょきぱ~ その4

Category: 善徳女王関連
『仏教から生まれた意外な日本語』という本を読みました。
その中で、「じゃんけんぽい(ん)」についての項がありまして、なかなか面白かったです。
そこに書かれていることを引用しますと、「料簡法意(りょうけんほうい)」という仏教語がありまして、「料」はサンスクリット語の漢訳では善悪・是非・正邪をはかり、判断区別することをいうのだそうで、「料簡」は「よく思いはかって、正しい説を選び出すこと」という意味になるようです。また、「法意」の「法」は、ブッダの教えや聖なる真実の内容を指し、「法意」で、聖なる教えがそのまま意にかなっている状態を表すところから、「いつもお釈迦様の言うとおりの結果に間違いなし」という意味になるだとか。
「じゃんけんぽい」の語源説は様々なものがあるようなんですが、人生を左右するような、何が・・・どちらが正しいのか・・・と、重大な決断に迫られたとき、人知を超えたところはお釈迦様の言うとおり・・・ってわけで、この「料簡法意」という仏教語が「りゃんけんほい」となまっていって「じゃんけんぽい」となった…という説もその一つとしてあるそうです。


「じゃんけんぽい(ん)」っの掛け声って、子供のころは「い~んじゃん・・・」だったんですけど~、前回のグー記事にて、ピダムとムンノの戦いをぐーちょきぱ~で表現してみたのは、なんだ、そう悪くない表現だったのかしら~・・・なんて思っちゃっいましたー。




続きからは、善徳ぐーちょきぱ~の「ちょき」です・・・





【 6話 】
★2万里離れた砂漠からはるばると・・・トンマンのちょき

ちょき6話-1ちょき6話-2

ムンノの故郷のマンノ郡にいけば、父かもしれないムンノに会えるはず・・・と希望を持っていたトンマンですが、着いた早々に、ムンノはもう何年も姿を見せていないどころか、太白山の仙人になって雲にのって空を飛んでいる・・・って、荒唐無稽なことまで言われちゃっう始末。そんなガックリとくるとこへ都合よくムンノのことを知っていそうなお坊様が・・・。
これがチュクパンとコドとの長きにわたる縁の始まりなわけですが、砂漠から2万里もの長い旅路、幾度も怖い目に遭ったり死にそうになったり、はたまた人情あふるる出逢いなんかもあったのかどうかしれませんが、見知らぬ人様に対して疑り深くなったりするような旅ではなかったのかなとちょっぴり安心してみる・・・。

【 9話 】
★戦場でのおどろおどろしい噂話をするチュクパンのちょき

ちょき9話

ソクプム率いる青龍翼徒との真正比才がなくなり、速含城奪還の戦に参戦することになって、死を覚悟して臨んだ比才とはいえ、同じ花郎徒との闘いと戦場での敵国との戦いは別物。より生死の行方がリアルになったトンマン達。
戦功の証となるもの、戦場での話をにカラスのものまねをしながらおどろおどろしく話すチュクパン。
カラスの物まねって、カァーカァーじゃないんですね・・・。

【 9話 】
★トンマンのユシン物まね・・・しわよった眉間を突いてやる!のトンマンのちょき

ちょき

宿舎に戻って、比才と戦場に行くのとじゃどっちがよかったのか議論に、戦場で功を上げて戻ってくれば、バカにされたり威張られたりしなくなると前向きなトンマン。そんでもって修練でいつも文句ばっかりいって眉間にしわをつくる年下ユシンにも、自分たちはやればできる子なんだってことを見せつけることができるかも・・・。
トンマンのユシンの口癖の物まねで盛り上がる龍香華徒ですが、ユシンの物まねは23話でピダムもやってるんですよねーv二人してユシンのセリフを口真似してるw・・・、ユシンて物まねで遊びやすい模様・・・w
あ、チュクパンもやってるよてのは隅にちょこっと置いといてくださいー。

【 43話 】
★トンマンの租税改革の宣伝部隊のちょき

ちょき43話

「500から5000束の農民の税は2割納めるだけでいいんだよ!」
トンマンが提案した租税改革は和白会議で賛成されなければ通らないけれど、民意を味方に付ければ何が起こるかわからない・・・。トンマンの改革案を後押しし盛り上げる、よき龍華香徒の仲間たちですv
どうでもいいことですが、この2割2割~!にむか~し丸八/真綿の2倍2倍と宣伝していた高見山を思い出しちゃいました・・・。昭和のCM、覚えてる人いるでしょうか(笑)

【 41話 】
★ピダムの目つぶしちょき第一弾

ちょき41話

覇道に親も子もないだろうというヨムジョンのグーに、トンマンは絶対にチュンチュと争わない・・・、トンマンはそういう人だ!と、ピダムはちょきを出しとります。早すぎてブレてよく分かりませんが。

【 49話 】
★ピダムの目つぶしちょき第二弾

ちょき49話

「組織のことを分かっちゃいない」「このままだといい地位をもらえないぞ」
ミシルの乱で会議に呼ばれないピダムに対してヨムジョンが言った言葉。
これまで官職への興味を持つ事がなく、ただトンマンが自分を信用し、頼りにしてくれていることが嬉しくて…、それで充分だったピダムはトンマンに対してホント純粋ですね。
この時、あまり深く考えたことがなかった、もっとトンマンの近くで、もっとトンマンの右腕として頼りにされるには、今の自分に足りないもの・・・を、はじめてチラリと考えましたよねえ・・・。トンマンの近くにいたい自分の欲のためというか、トンマンのために力を尽くしたい自分とトンマンとの将来に不安を覚えた気がします。

それにしても、善徳におけるちょきは、眉間を突くぞ!や目を突くぞ!てな具合に、トンマンもピダムもともに攻撃的なチョキを繰り出してますねえ~v(笑)


*******

ちょきといえば、ピースサイン。
撮影合間に撮られたキャストたちのチョキをおまけにどうぞv

★郎徒トンマンと公主様、同じ角度でピースv
善徳ちょき10善徳ちょき15

★トンマン×トンマン。カメラマンユシン@オムさん(?)、ジャマです・・・
善徳ちょき14

★トンピのツーショットはあれど、ちょきありなのは見つからず・・・残念。
善徳ちょき8
善徳ちょき4
善徳ちょき6
善徳ちょき11

★ピダムのぐーとちょき。どっちなんだ、欲張り―。
善徳ちょき2

★写真撮るけど撮られるときはカメラを意識しないユシン。ヨンモ夫人と一緒の時は妙におすまし。
善徳ちょき7
善徳ちょき13
善徳ちょき12

★ちょいと薄汚れたアルチョンですが・・・、気のいいお兄ちゃんって感じですね。
善徳ちょき3

★チョンミョン姉上のかわいいちょき~v
善徳ちょき5

★上大等も務めた俺も俺もお忘れなく…なヨンチュンのちょき
善徳ちょき9



★ラストはやっぱりこの二人のラブラブなちょきwwwでシメたい~vうふふ
善徳ちょき1


スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/242-5751f7f4
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.09.28 18:23 | 編集
りりり5さん 今晩は~v

いつもコメントありがとうございます。
ブログの更新が滞りがちなのに、楽しみにしてくださってるとのお言葉、すっごく励みになりますv

うふふv、ピダムのちょきの目つぶし攻撃、かわいいですか?
ピダムとヨムジョンとの掛け合い、このあたりはピダムのお茶目さが出てますよね。
キレッキレのピダムのコワさを植え付けた後とはいえ、トンマンラブのピュアなピダムをヨムジョンに思いっきり見せてるてのがちょいと複雑ですがw

ナムさんは海賊の映画はロングランのようですし、お仕事順調そうでなによりですね!
ほうほう、次の映画の撮影に入られてるんですかー。いろんな情報が次から次に入ってきて羨ましいなあ。
ヨウォンさんのお仕事情報は、う~む、そうですね、「黄金の帝国」のときも、決定するまでにさんざ待たされましたからねえ…、どんだけじりじりとさせられようが、待つしかないですよね…。
・・・って、寂しいくせして強がって言ってみますv

ゲルは私もよく見ますよ~v
あちらでは、お誕生日やドラマ、映画の撮影時の差し入れをこまめにされていますよね。ファンミがない分、ヨウォンさんもそういったファンとの交流に気軽に応じられているのを見て、ヨウォンさんと接する機会があるってすごく羨ましい!って、生のお写真を眺めまくってます(笑)
ホント、一所懸命に用意されるあちらのファンに混ぜてもらいたいvって私も強く思います~。

行楽日和の中の今回の突然の噴火には心が痛みますね…。
自然から癒しをもらえるトレッキングが好きなんですが、まさに大自然の驚異を見せつけられたニュースで、二次被害がないよう、救助が進むことを祈るばかりです。

朝晩めっきり涼しくなりましたね!
風邪などひかないよう、りりり5さんもお元気にお過ごしくださいねv
げんこつdot 2014.09.30 21:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。