--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.08

秋夕は曇り空

Category: 善徳女王関連
今日は中秋の名月ですね。満月となるのは明日、セミの鳴き声が消え、秋めいた虫の鳴き声が聞こえますが、台風の影響で、あいにくの曇り空の今日です・・・。
お隣韓国は、秋夕の5連休だそうですね。
추석 잘 보내세요! (チュソク チャルポネセヨ) 「秋夕(チュソク)よく過ごしてください。」
といった具合に、この秋夕のときに、芸能人の方たち、ドラマのキャストたちがファンのみなさんにメッセージを贈ったりするのが恒例になってるようです。
2009年の善徳女王放映時も、そういった挨拶がもちろんあったようで、善徳ぐーちょきパ~記事でお出ししたグーの画像が、どうやら秋夕のメッセージとともに善徳女王ファイティンvなぐーだったようです(たぶん・・・)
善徳じゃんけん7
 

そして、当時の秋夕時には、こんな善徳女王のスペシャル放送が。
秋夕までに放送された回の、1話から37(?)話までを2時間仕立ての映画のように編集したような番組があったようです。
どんな編集だったのかなー、トンマンが引き立つ編集だったんかしら~…。DVDの特典に入れてくれてたらよかったのにねー。

《善徳女王'(シナリオ金英賢朴上演、演出パク·ホンギュンギムグンホング)が秋夕を迎え特集放送を準備する。既存のスペシャル放送とは異なり、これまでの放送された量を180分のTV映画の形で再編集して、10月2日放送することにしたもの。2部にかけて放送される今回の特集は、単純なハイライトバーから抜け出して完成された形の映像に誕生する予定だ。MBCドラマ局のある関係者は"ドラマ撮影のスケジュールが非常にタイトして今回の特集のための追加撮影は難しい状況だ。しかし、一つの完成された映像を作成するために話の蓋然性を十分に生かす方法を模索している。これまで放送された内容の集大成であり、新たな形の結果が出てくると 期待される"と説明した。続いて、 "現在までにこのドラマを見ていか、途中から視聴してストーリーの解釈に困難を経験する視聴者たちも"TVムービー-宣徳女王'を鑑賞すると、より簡単に楽しく楽しむことができるだろう"と付け加えた。延長放送で、今年末までに放送される'宣徳女王'は最近キム·チュンチュ(ユ·スンホ)の登場と共に、新たな局面を迎えた。特にキム·ユシン-アルチォンラング-ポジョンラン-ピダムが参加した非再格闘技対決は中盤最高の場面で数えられている》



見上げれば・・・まあるいお月さんじゃなくって、いつだってトンマン。
見上げればトンマンv-3
見上げればトンマンv-4



続きからは、「いも名月」にちなんで、おまけのおいもさんの話です。





今年の4月に大阪の百貨店にオープンしたカルビーの高級ポテチのお店、「グランカルビー」。
開店当時、買えるまでに最長5時間という、どえらい行列だったそうな・・・。
夏に帰省した際、どれ話のタネに一つ・・・と、買っといてくれてました。
話によりますと、オープン時から3か月ほど経っててもまだ行列はしてるようで、百貨店の9時の開店前から母親が、「この時間に買えるよー!」ていう整理券をもらうために2時間近く行列に並び、ようやく「午後1時くらいから店内で買えます」の整理券をゲット。
一旦うちに帰って、ちょうど父親の習い事(ちなみにピアノ。60の手習いで始め補聴器がなければ音のない世界の人ですが、楽しんで続けてます)の日ということで、お店で買ってくるのは父親にバトンタッチという、連携プレイでのゲットでしたー。
いやはや、苦労して手に入れてもらいました・・・、ありがたや。

BOX型に入って1箱4袋入り、540円×6種類。・・・てことは・・・・・・。ポテチとは思えない高級感。
グランカルビー1

一番上の赤いのは、トマト味、時計回りに、濃厚バター味、宇治抹茶味、チーズ味、スウィート苺味、しお味。
一袋に4~5枚入ってる。
ちなみにこの一皿で、810円なり・・・。ひええぇ・・・。
グランカルビー2

通常のポテチより3倍ほどの厚みとのこと。となりはジャガビー。比較対象に置いてみた。
パリッというよりザクッとした歯ごたえ。
グランカルビー3


契約農家さんで作られたこだわりのじゃかいもを、通常の3倍の厚みでそのまんま(?)波形カットにした小ぶりなサイズ。
味は、プレーン、ミール、デザートというカテゴリがあって、一番人気はしお味らしいですが、フランス産のロレーヌ岩塩を利かしたしお味、ちょっと私には塩辛い。
ミールのトマト味は、おお!パスタのトマトソース!て感じ。チーズ味もすんごく濃厚です。
節約料理でじゃがりこをつぶして牛乳とまぜたらポテトサラダができるってのがあるけど、これも同じようにやってみたら、けっこういいソースができそう?って、高級ポテトになんちゅうこと考えるんやってこと思っちゃった・・・。
濃厚バター味がバターの風味がふんわりとまろやかで、このなかでは一番おいしかったです。
デザートカテゴリの、宇治抹茶味、スウィート苺味は、初めは食わず嫌い感が出ちゃったんですが、食べてみると、しお味のなかにひろがる甘めの苺風味と抹茶!の風味は案外マッチするのねーと、ちょっとびっくり。せっかくだからちょっと変わった味に挑戦!て人にはいいかも。

一袋に4,5枚だけって…て、なんか物足りないかもと思ったけど、味濃いめだからか、あんまりコテコテと味付いてるのは苦手なんで個人的には一袋たべたら十分て感じました。
「時にはシャンパンやワイン、ビールにあわせて」とあって、ほんま、大人なお値段と味のポテチ。
うわー・・・、ポテチがおよばれした時にちょいと奮発した手土産になる時代がやってきたんやね!
・・・もらったらありがたや~~と拝みながら食べるようなセレブなポテチでございましたv





んー、結論としては・・・、ま、自分ち用はバリッッ!ベリッ!って袋あけてムシャムシャとたべる、一袋68円で買える普通のんで充分ですわ…と、親不孝にも思っちまった次第です(汗)

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/240-4b3d0e9b
トラックバック
コメント
こんにちは!

高級ポテトのお話、おもしろかったです。でも、多分私が食べたら、最後に小さく書かれたげんさんのご意見と同じになりそうな気が(笑)。
なにせ、普通のポテチが(不幸にも)大好きですから。
チョコレートコーティングされたポテチは結構好きですが、これも量はいらないですね。このスペシャルポテチも同じような感じかと思いました。

midorindot 2014.09.10 14:16 | 編集
midorinさん 今晩は~!

ここんところの大阪の百貨店ですが、ロングセラーの馴染みのあるお菓子を高級なものにして売り出すのがトレンドなようです。ハッピーターン、ポッキーに続いてついにポテチまでが・・・!

どこも、プレーンにチーズ、キャラメル味、抹茶にいちご味と種類は似たり寄ったりとはいえ、素材や味付けにこだわって大人なお菓子に変身、たまには普段着からオシャレ着に着替えたものを味わうのもいいよね・・・♪と、これらを開発された人たちの意気込みを感じるものはあったんですが、そうなんですよ・・・、midorinさんの表現をお借りして、「不幸にも」普通のポテチ(ついでにハッピーターン、ポッキーも)が大好きを実感してしまいました・・・(苦笑)

チョココーティングのポテチは私も物産展で買ってみて結構イケる…って好きですが、そんなに量を食べることは出来ないですねえ、そうそうイメージは似ているかと思いますv

行列に参加してまで手に入れてくれたのに…とちょっと気が引けたとこがあったんですが、同じ意見になりそう…とお聞きして安心したというか嬉しかったです(笑)
げんこつdot 2014.09.12 22:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。