--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.13

ミシルー新羅後宮秘録

Category: 善徳女王関連
カット満載のテレビ放映版やDVDをちょこちょことメモしながら観て、ドラマ「善徳女王」について書いておりますが、私はガイドブックやノベライズといったドラマの関連本をきちんと読んでおりません…。
今更なんですが、やっぱきちんと読んでおいたほうがよかったなあと、こうしてドラマのことを書くようになって思うようになりました…。なんといいますか、例えばノベライズ通りでなくって良かった!という感想をお聞きしましたが、ちゃんと自分自身でどう思うかってことを確認したくなってきましたねー。我ながら遅っそ~と思いますが。

この間教えていただいた「韓国歴史地図」はうちの近くに図書館は貸出不可の本でしたので、折角だから何かドラマ関連ですぐに借りられるのあるかなーとキーワード検索してみましたら、なんと小説ミシル「ミシルー新羅後宮秘録」がありました。ノベライズなど他の本は大概予約しないとダメだったのに…。お読みなさいってことだったんでしょうか…。
そんで、小説ミシル、お持ち帰りいたしまして今日読了いたしました。

読んだ感想を書こうかなと思ったんですが…、なんなんでしょうー、得体のしれない膨満感にただ今襲われております。頭もどうも膨張気味でございます…。あ、雨の湿気で髪がぼわっと膨らんでることをいってるんではありません、一応。ちっさい脳のほうが、でございます。

ちょこっと落ち着いてから、メモや箇条書き程度になると思うんですが感想を書いてみたいと思ってます。
読後の感じ、最初に浮かんだ言葉がどういうわけか「膨満感」
これだけまず記録しとこー。ってことでしたっっ。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/24-c22510f8
トラックバック
コメント
げんさん今晩はv「お読みなさい」が吹き替えミシルの声で聴こえました(笑)ミシルがそう言ってる目つき顔つきも浮かびそうですよ・・・!

図書館事情はそれぞれですね~。「韓国歴史地図」、地元のちっさい図書館に普通においてあって、しかも折りたたみページはヘンなたたみじわが出来てるという粗い扱いを受けておりましたが、やっぱりお値段の張る総カラーの本だからか、大事に貸出不可にしてるところもあるんですねー!

で、膨満感というのが分かるような気がいたします。新羅って花郎世記の設定そのままだと、もう設定だけでお腹いっぱいな官能フリーダム国家ですよねー。アダルト方面に描こうと思えばいくらでも出来るような。しかも「ミシル」は作者が女性で主人公も女性、さらにあのミシルってことで、お国柄も主人公もその人生も全て濃い!今でいう映画○ルタースケルターみたいな、どよどよみっしり感が・・・!!

それをくぐり抜けたげんさんの「ミシル」感想楽しみにしてますwノベライズをもし予約なさったなら、涼しくなってからまわってくるといいですね~。あれを読むには忍耐力いりますんで(えーとその、割とその、退屈なもんで・・・)、暑いさなかに読むのはけこう厳しいものがあるかも・・・(笑)
りばdot 2012.07.14 23:31 | 編集
げんさん、こんにちはv
私もドラマにはまってから1年以上もたった今になって色々読書し始めたクチです。ノベライズもついこの間ですもの、読み終えたの。ただいま予約待ちということで、私はボロクソな感想でしたが(笑)、げんさんならではの救いどころをみつけてくれるかもとお読みになる日を楽しみにしております。

「韓国歴史地図」は以前に借りたんですが、うちの地域のものは借りる人も読む人も少ないのか、まるで新品のような綺麗さでした。うちもお持ち帰り出来たんですが、図書館によっては扱いが違うんですね。そのとき必要箇所をコピーして今とっても役立っています。
何にって、今韓国ドラマの「太祖王健」見てるんですが、新羅末期から高麗の時代って全く知識が無いもので、この地図見ながら「今ここを攻めている」とか両親に説明しながら見ていますw

「ミシル」は私も読んだ後、お腹いっぱいになりました。げんさんのように脳ではなく腹ってところが私らしいですがw トン&ピのイチャイチャだといくら色んなものをみても次への渇望感が出てくるんですが、ミシルと○○(←たくさんいるのでw)だと、こう色々濃厚で(爆)
ただ、あの一族の複雑な系図については色んな方が書かれているものを読んでいてもわかったような気になってすぐわかんなくなるアホな私ですが、その点はわかりやすかったのでそこが収穫でしょうか?げんさんの「膨満感」に続く次のお言葉をお待ちしておりまーす♪
mukuge(むくげ)dot 2012.07.15 17:42 | 編集
りばさん お返事遅くなっちゃいました…今晩は!です~v

はい、小説「ミシル」、新羅の王宮内を駆け抜けたミシルの濃いお話しをねっとり肌に張り付くような汗をかく時期に読みまして、どよ~んともたれる感じで体が重たくなってしまいました。
本の感想を書くなんて…いや~、書きま~す!と半ば宣言するように言っとかないとできないような気がして一言感想記事をまず出してみましたー
ただ今書いている途中なんですが、なんかうまくまとまったもんになかなかならず、もう少しお待ちいただきたく…。

図書館の貸出の可否の基準ってよくわかりませんねー。「韓国歴史地図」、参考室においてあるってだけで巻頭の折りたたみページは貸出不可という扱いにも関わらずうちのほうもぐちゃぐちゃなたたみっぷりとなっていましたよ…(笑)折りたたむのがそないにめんどくさかったんかいなーって、本の取扱いを特にチェックしているわけでもないようで、いつからのめちゃくちゃな折りたたみジワなんでしょうーてな具合でした!

「ノベライズ」、ええ根気ナッシングな私がしっかりとかじりついて読み切ることができるのか・・・?お待ちなさい状態のうちからちょっと心配ですー。
げんこつdot 2012.07.16 21:31 | 編集
mukugeさん こんばんはーw

私はだいたいいざ行動となるとものすごいノロノロなんですけど、「ノベライズ」、ようやくちゃんと読んでみようかな~と思ったのがBS放送2回目の最終回が近づいた頃って…ってなんじゃそれですよー。本屋に並べられていたころに実はぱらぱら読みしていたんです。でものっけに登場人物紹介があったと思うんですけど、そっからしてこりゃどうもあかん…ってなってしまって。りばさんの詳細なレビューで満足していたんですよー。しっかり読んでみよう感覚が読み切るまで持続してほしいです…自分のことなんですけど!

「韓国歴史地図」、私も新羅部分のみですがコピーしましたwって、しっかりドラマ視聴に活用されているんですねー!
同じ本なのに図書館によって扱い方が違うって面白いですねー。私が手に取る前はいつどなたの目に留まった本なのかはわからないんですけど明らかに中古感のある本でした、うちのほうでは。

複雑な相関図…、ミシルの名の出没数に笑っちゃいますねー、分かっていてても。
王宮内外で繰り広げられた濃すぎる「ミシル」感想…、ちょろちょろ書いておりますんでもうしばらくお待ちいただくとありがたいですー。
げんこつdot 2012.07.16 22:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。