--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.27

singles10周年グラビア

Category: YW画像
俳優イ·ヨウォンの果敢なグラビアが話題だ。
創刊10周年を迎えたファッションマガジン「シングルス」は27日、イ·ヨウォンのグラビアを公開した。
「たやすく揺れていない内面と適度な堅さを備えた30代の俳優イ·ヨウォンは、これまで以上にキラキラ輝いていた」と説明した。
イ·ヨウォンは、美しさを維持する秘訣について「年齢に合った美しさを味わってよ"と言いながら"肯定的な姿勢で生活をデハダてみると、日常のゆったりとした流れを迎えることになった」と答えた。
イ·ヨウォンの写真はシングルス9月号とホームページで会うことができる。


前回の記事で、singles10周年お祝いのメッセージ動画からにこやかなお手ふりヨウォンさんを載せたんですが、グラビアの中のヨウォンさんを、続きからどうぞv





243950213_0c0007aa.jpg
web_243950213_39ce634a.jpg



ヨウォンさんて、モデルとしてデビューして、女優さんになった頃は、同世代の女の子がもつキャピキャピさとは違って、こうなりたい、こうしたいという夢を貪欲に持って、実現に向けて努力していこうと内面に情熱を持った、少し大人びたとんがったところを持っていたようです。そして、20代前半で結婚して家族を得て、芸能界という特殊な環境を離れしばらく別天地に身を置いたことで、自分はこうだ!という芯をしっかり持ちつつ少しずつ変化していき、心に余裕を持った柔軟さを、歳を重ねながら身につけてこられたんじゃないかなということを、インタビューから感じ取れます・・・。


★私は痛みを簡単に露出されない。私は大変だと訴えてみなければ何の意味なのか。私はそう考える。悪いことがあれば いつの日か幸せなことがイトゲトゴ幸せなことがあれば、いつか悪いことがあるだろうしね。私の考え方は、元の楽観的だ。元々は悲観的だったが、生きてきたらそうも利点がなかったよ。だから変えた。以前は、私の治める本などをたくさん読んだ。 そうに努力して思いをたくさん入れ替えた。考えが変われば本当に世の中が違って見えた。
私は幸せになろう非常に努力する。幸せは、黙っていると次のではないか。 私がすべてを見つける。幸せに生きること、これが私の人生の目標だ。
(「クァンシクの弟クァンテ」インタビューより:あなたは非常に順調な人生ではないか?に対して)

★私熱心にするというのはイロンゴダ。一度シナリオを決定した次は私なりに想像をすることではないか。 シナリオはこのように出てきたのでそうそう撮るとだ。そこで私ができる最善を尽くしているんだ。 でも映画やドラマは、私の考えとは違って出てくることもある。現場で私が考えもしなかった方向に流れることもありだ。 しかし、それを私が変更することはできないじゃない。私は学び、私の場所から自分の役割を忠実にすることだ。それは私が努力するという意味である。
(同上:熱心にする、努力する、面白いことを見つけると言っていた、 俳優たちに努力するというのは何か?何をしようというのか?に対して)

★分からない。そんなこというまた、あまりにも幼い。年輪が不足している。 私の年齢に合った演技をしようと努力するだけだ。そのような質問は、私によないじゃないか?
とにかく今は年齢と役割はこれがなければないではないか。 30代になると、そのときにできる煙があるだろう。体にぴったりの服を着なければなら楽で無理に合わないだろもたらす厄介だから。
チェ·ミンシク、ソン·ガンホ、ソル·ギョングのようになければならない、そのような考えはない。単純である。 ただ心を込めて演じてみましょう。私本気で演技すると、見る人にはそれが見えると信じている。私はそれがすべてだ。
(同上:良い演技とは何か?自分をよりどのように見せたいか?演技に対して激しい野心があるのか? に対して)

★しかし、私の人生は消えたかもしれないという気がする。休みの2年の間に、俳優としての私を振り返ってみることができたおかげで、復帰した時には仕事を本当に大切に思えることができた。イ·ヨウォンは、俳優のときが一番幸せだということを改めて感じた言葉。(笑)ああ、これは本当に話したい。人は懸命に働いただ け休まなければならない。学生も50分勉強すると、10分休まないか。
(2007年ムービーウォーク:休まなければ俳優としての人気はより高まったかも?に対して) 

★本当にたくさん学んだ。良い言葉もたくさん聞いて.... アン·ソンギ先輩は、 "学習の目つきで話すとされている。外形的な華やかさに気を使う(俳優たち)の姿は残念だ"としばしば言われた。本当に印象的な言葉だと生々しく思い出す。キム・サンギョン先輩は、 "真正性ある演技をしなさい"と現場で培ってくれた。おかげで、泣く演技する時もきれいに泣くやめようと決意していた。そのようなアドバイスは、演技するときに役立ち非常に多くなった。
(同上ムービーウォーク:華麗なる休暇の現場で先輩俳優から多くを学んだか?に対して)

★"演技で認められたい。以前は慌しくしました。無条件に多くの作品を、様々な経験を積まなければならないという強迫観念のようなものもあった今はちょっと余裕ができましたよ。休みの間がどれだけ大切なのかについても多くの気づきましたし。
(女優復帰直前?のインタビューより)

★グラマラスなくびれを持つ女性を見ればセクシーだと思うのです。しかし、私だけが思っているセクシーさの定義は少し違います。、20代女性のラップパンパンで華やかなセクシーさではなく、自分の仕事を持っている自然に年輪がついて出てくる30代がだすセクシーさが本当にセクシーだと思います。
(2011年3月号 コスモポリタン:あなたが考えるセクシーさとは?に対して)

★20代前半にはぴったり三十歳まで俳優をすると思いました。それ以上の年齢の姿を見せたくなかったからです。しかし、今は時代が変わり、俳優の年齢の私の考えは変わりましたよ。今は、いつまでどのようにするとぴったり決まりなんてしませんでした。自然に水が流れるように生きたい。
(同上コスモポリタン:俳優イ・ヨウォンを見続けたいがある日ふといなくなる気がする。に対して)

★善徳女王'が私には演技変身を試みた最初の作品だった。これまでの私の外見に合ったキャラクターを着実に維持してきた。どんな俳優がそうしたよ。過剰なイメージ変身は俳優にとって大きな助けにならないと。それだけ一人の俳優に刻印された大衆のイメージも重要だと思う。変身は少しずつしたいと思う。
(映画「テンジャン」インタビューより:演技者として変身にはどのような考えを持っているのか?に対して)

★以前は無条件に私よりも演技上手な俳優としたくて先輩たちと呼吸することができる作品を探すもしました。今回の映画では(この)ドンウクさんとみたところ、良かったよ?仲間たちとの演技もいいですよ。しばらく前にケーブルTVで '膝打ち導師'のイ·スンジェ先生方を見たがとても印象深かったです。先生が "演技の完成はない。終わりがないのだ "と勉強の話をされたんですよ。今はちょっと演技する楽しさに目覚めたことだ。より責任感がしますね。俳優として深みのある演技の井戸を掘りたいと思います。
(テンジャンインタビューより:- 熟練した年齢の俳優たちと一緒にした作品が多かったことについて)

★格別に感じられたよ。ファソンは、既存の引き受けたキャラクターと一見似ています、より強い面がある。適度に似ていて異なったので良かった。これにより、負担が少なくなるから。
それはリスクが大きすぎる。既存のしてきたことがありますので、完全に180度変わるのは私も負担になって、観客にも不快に感じることができる。この程度のキャラクターが現在の私ができる最善だと考えた。
(movieweek「容疑者Xの献身」インタビュー:電話回線を延期したいと思った理由は何か? どうせ変わるのなら確実に変身できるキャラクターが良くないか?に対して)

★たくさんある。しばらくスランプに陥った。(いつだったのかと尋ねると、)最近行ったようだ。<容疑者X>と<馬医>の前に。シナリオ入ってくるのも似たり寄ったりしたし。すべて私に似合うような服ばかりのじゃないか。人であれば、他の服も着てみたいな。いつもご飯だけ食べるのではなく、ある時はイタリア料理も食べたいがそんなものだ。そのような時期を過ごしたようだ。その後、<容疑者X>が入った。スリラー一度やって見よう。既存のイメージから大きく外れた作品はありませんが微妙に異なる姿が多かったので、選択することができたようだ。いつか<容疑者X>はナビゲー ションの見方長さではなく、別の道を行くことができるんだということを知ってくれた作品である。
(cine21:「容疑者Xの献身」インタビュー:多様な姿と役割に対する喉の渇きがあるようだ。に対して)


今回、第二子出産後のモデル復帰のグラビアとなるわけですが、singles9月号はこの2枚のようで、
赤のワンピでは、芯のしっかりした情熱の力強さ
白の胸元がセクシー(今のサイズが密かに気になる…汗))なのは、たおやかで柔軟

どちらも内面に程よく秘めた30代半ばを楽しむ、新しい家族を迎え入れてますます輝くヨウォンさんの今を、表現しているようです。

「年齢に合った美しさを楽しむ」
「肯定的な姿勢で生活を受け入れてみると、日常のゆったりとした流れを迎えることになった」

もちろん、女優やモデルの仕事上スタイルの維持など努力はされていらっしゃいます~。
(参考:http://www.instylekorea.com/article/article.asp?aid=5361&code=06030500)

でもそれは必要最低限で、仕事だから・・・ということなんでしょうね。


「イ·ヨウォンという人は、私が今まで一緒にいた俳優の中でとても庶民的な、人の匂いが学ぶ。俳優といえば、自分自身を隠し、感情の起伏も激しい方だが、イ·ヨウォンは、個人的に出会った時とても人間の感じを与える。何でも虚飾を問うよりも栄養価の高い、実質的に計算する人であり、どんなに近づいたが、私最後まで敬語を使うようになる不思議な人だ。イ·ヨウォンという人は、その人と一緒に会話をし、その人の奥行き感を知ることは、本当にすべての人々だけきれいなどういかなる俳優よりもはるかにきれいにすることができるような人だ。」

長年スタイリストとして良い関係性を築かれてきたギムオリさんのヨウォンさん評です。ヨウォンさんとの会話は敬語になっちゃうんですねww(笑)

先輩俳優さんたちの言葉を胸に刻みながら、信頼するスタッフにも囲まれ、自然体で外見だけでなく内面の変化も受け入れていく、常に学んでいく姿勢の良さが、近い関係の人でも敬語を使わせちゃうほど、ヨウォンさんを美しく輝かせているんでしょうね。
はあ~・・・、カッコよく歳を重ねてますね~。


「子猫をお願い」のチョン・ジェウン監督のヨウォンさんについてのインタビューです。(訳されたそのまんまなので、分かりにくい表現部分はご容赦を・・・)

今年の1月中に結婚するニュースはすでに聞いていた。白いウェディングドレスを着て派手に笑うの結婚式の写真を見ると新たに様々な感情が交差する。誰よりも演技に対する欲が多かったイ·ヨウォンが、果たして結婚後にどんな姿で俳優の人生をつくっていくかとても気にである。イ·ヨウォンと彼女の結婚について、他の人が何と言ういずれにおいてもイ·ヨウォンの私の深い信頼は変わらない。そして、私は前に彼女が俳優として、 あるいは一人の若い女性として、どのような人生を生きた指間に簡単に卑下したり、財団ではありません。なぜなら、私はイ·ヨウォンがそんなに甘くない人だということを知っているそんなに多くない人々の一つだと確信しているからです。イ·ヨウォンは賢く中の深い成熟を ​​持ち、一方では純粋な愛を信じるロマンチックなキャラクターの女性です。映画を作りながら、私の多くの悩みになるのは俳優たちとの関係である。俳優たちは、一方の映画のための私考えを心と体で実現してくれる存在である。私に一方の映画とは、最終的に俳優たちとどのような関係をメトオトヌン ​​かということに要約される。ほとんどの男性監督たちと働くこと慣れている女優は、監督が女性である場合、どのように適応するかわからない場合が大半だ。もちろん、同じ女性であるため、簡単に通信キャレートする面もあるが永遠に縮まらない面もある。俳優イ·ヨウォンとの関係は、有毒記憶に残 ​​る。イ·ヨウォンは、高校時代からモデルの仕事を始めた。そしてドラマと映画で彼女の幅をますます広げてきた。<猫をお願い>のオーディションで出会った彼女は、幼い年齢にもかかわらず、人々が言う成功の表皮にこだわることなく、新たな演技者になりたがった。ただ、かつてのアイドルスターではなく俳優としての自分の場所を見つけるためにジャンプをほしいと思った。私はイ·ヨウォンと別の世界にジャンプしたい痩せ猫の姿を見た。映画撮影が進行される間、彼女はテレビドラマで妻帯者を愛する若い女性の姿を演じている彼女の願いに一歩近づいた。彼女は<猫をお願い>の撮影中ずっと大変だった。彼女は彼女 が引き受けた'恵'の役割をよく理解してできないと述べた。そして、 '恵'の役割をあまりにも憎らしいと述べた。私には彼女が引き受けた役割'恵'がなく、重要な役割だった。ラフの抵抗はありませんが、笑いながら笑顔で現実を参照して堪え出すキャラクター'恵'は、世界の生存の満々ささいなことを感じた人なら誰でも共感できるキャラクターと思いました。自分のことを保障するために友人に浅い嘘をまくりですが、本当の孤独な瞬間自尊心のためだけでしかない憎めないキャラクターだ。映画の撮影中にイ·ヨウォンは、ドラマの撮影と並行して忙しすぎた。自分のシーンを撮影した後、ドラマの撮影に行くバーきれいだったし、映画の撮影に来ては、ドラマを撮影してサイン疲労のために困難にした。ドラマの撮影に行 っても同じヨトウリラ考えられる。一度は撮影中にちょっと眠ってしまったことがあった。私は一方では、心が痛むこともあったが、彼 ​​女を包み込んで抱っこは限りなく狭い中の監督でもあった。撮影を次のように延ばして彼女を戻した。その時は、子供俳優にしばらくの余裕も与えないシステムに怒っていたドンゴだ。映画の撮影中にイ·ヨウォンは、私の前で絶対子供のように涙も見えなかった言い訳もしなかった。後で聞いた話ですが、そのように撮影を止めて帰ったその夜一晩中泣いて当てて目がパンパンに腫れ腫れ目を開いて次の日の早朝、再CF撮影をいったという。演技をするというのは、しばらくの間、他の人の人生を生きるのだ。どんなに優れた俳優でも他の人の人生を自分のものに自分自身を説得することは困難です。煙ダウン演技をするためには高度の集中力 と自己献身性がなければならない。私は世界のすべての俳優たちを愛して尊敬して尊敬する理由がここにある。映画監督たちは、すべての俳優の血を吸う暮らす蛭のような存在なのである。映画監督と俳優の神経戦は、映画を互角にする必須要件であり、私はそのような緊張感を良く考えている。イ·ヨウォンと私の神経戦は、映画が終了するまで維持された。イ·ヨウォンが演じた'恵'のメインスペースである証券会社がほとんどの撮影の最後にガソヤ困難に決定した。した5ヶ月ギダルリョ困難ナンパされた場所だった。イ·ヨウォンは、証券会社を撮影するアルゴリズム私に言った。こちらの証券会社分量を撮影 ニー'恵'というキャラクターがどのような恋人かちょっと理解がいくというものだった。イ·ヨウォンは、証券会社を撮るときに簡単に簡単に演技をしたし、私も証券会社の恵の演技に対して非常に満足しました。そう、しばらく休戦に達していたイ·ヨウォンと私の関係は映画を封切りして再寒くなった。イ·ヨウォンは自分が演じたシーンの多くの部分が編集でカットされたのを見てゲボンナル泣いてしまったのだ。絶対誰の前でも泣かなかった彼女が公に泣いてしまったのだ。私は彼女を落ち着かせるというプロデューサーの圧力を受けて、彼女が泣いている車の中で行った。なんと言うべきか困り果てた。私が言っていた彼女の耳に聞こえただ ろう。彼女のシーンを編集で切り取ったものが、最終的には彼女のためだったという話をしたようだ。もう少し時間が流れた後、彼女が知ることができないかそう長い目で彼女の涙を見ているほかなかった。それ以来、映画祭の授賞式で何度彼女に会ったが、彼 ​​女がどのような考えをしているのか知ることはなかった。彼女が結婚を発表た後、私の周りの人々は俳優としての人生をすっぽかし打って結婚もするというさびしかというと、しばらく俳優として最高にキレイに真であるが万人の愛を後にしてそんなことがあるかとベバンガムも感じるようだ。しかし、私は俳優イ·ヨウォンの中の深い唐突さを信じる。俳優として最高の光を放つときがはじめて開始されたが結婚するということは、そのすべてを放棄ハルズル知る勇気がいることでもするから... また一方では、結婚生活が与える安定感と愛に新しい自分を見つけて行くこともあると思うからだ。結婚を早目にした何人かの女優たちの姿が浮かび上がる。結婚後演技 ​​期より円熟になる女優もあり、結婚と一緒に特別な魅力を作成していない忘れ去られていく俳優もいる。イ·ヨウォンが、果たしてどのような姿で自分の結婚生活と俳優としてのイメージを継続するのか期待される。私は仕事と愛を皆獲得する若い俳優イ·ヨウォンの欲に喜んで拍手を送りたい。そして素敵な女優を作成することは、社会が女優にどんなことを期待するの問題だという考えも併せことになる。結婚式が終わった後、彼女は夫と一緒にヨーロッパに長いバックパックの旅に出るという。彼女は自分が20歳の時一人で長い旅一度できずに仕事だけしたと他の人々のように古い安い旅館で地図を広げる旅をしたいと私 に言ったことがあった。今回の旅行で全てを享受するように願う。アイドルスターで始めて今自分で忘れられて気を自分で選択した俳優イ·ヨウォン... 人々は彼女をすぐに忘れている。彼女が新しい姿でナタナギル期待する人もそれほど多くはないだろう。彼女もそれをあまりにもよく知っていると思う。いつになるかわからない彼女が魅力的な俳優で素敵にカムバックことを期待してみる。


今のヨウォンさんが最善を尽くしたいと願うような、そんな監督や作品に出会うことを願い、女優として次の作品でどんな服を着て行かれるのかなあ~って、楽しみに待ってるんですけど~~、また焦らされてますか・・・?

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/237-0128734f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。