--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
04.02

便乗するでぇ

Category: 善徳女王関連
mukugeさんとこのテディベア記事に便乗させてもらいまっせww・・・。

善徳女王がなんとクマさんにへんし~ん!
いやぁ、かわいいっすなあv

mukugeさんがエアプサンで見られた善徳女王クマさんポスター、なんとのう事情が見えてきたような・・・そんな気がするんで記事にしてみまーす。


まず、このポスターは、もともとこのようなニュースの記事だったようです。

teseum-1

人気ドラマMBC「善徳女王」の主人公たちがキュートなテディベアに生まれ変わった。24日から、ソウル三成洞COEXで開かれる2009ソウル人形展示会(www.dollfair.co.kr)はトンマン、ミシル、ピダム、修復、春秋など「善徳女王」の主役たちの衣装や特徴をそのまま再現したテディベアたちが披露する。「善徳女王」のキャラクターを再現したこの人形は、ウォンミョンフイ韓国テディベア協会長が製作した。このほかにもさまざまなテーマをもとに作られた色とりどりのテディベアたちが観覧客を迎える。今回の展示では、国内外の上の人形メーカーが作ったブランドの人形をはじめ、人形作家の手工芸作品、長い時間前、海外で作られた珍しい人形、人形だけの 美的領域を強調した実験的な作品など、様々な種類の人形1万点余りがお目見えする。人形作家400人余りが参加しているテーマは、特別展と一緒に人形作り体験などのエキサイティングな付帯行事も開かれる。来月4日まで12日間続く.
(http://emanager.mt.co.kr/em_new/view/mtview.htm?no=2009121616061588038&cp=bc)

ソウル人形展は、年末年始に開催されてる展示会のようで、ちょうどドラマ終了した時期の、2009年12月24日から2010年1月4日までの期間に開催された時は、善徳ドラマの影響力っていうんか、思いっきりドラマ人気に便乗vは、ミュージカルだけじゃなかったようです。






別記事にあった「2009年ソウル人形展示会」の、善徳女王それぞれのキャラ達v

★トンマン~v
mukugeさんのお返事で、金冠の形がポスターと違うのが残念って仰ってましたが、確かに…ちょいと可愛い金冠を被ってらっしゃいます。
まつげクリクリ~v
善徳テディベア-トンマン

★ピダム
ぼろピダムチョイスがナイス?(笑)
色黒でいっちょ前に刀を持ってます。いや、刀じゃなくて黄色いお花を持っててもよかったなあ。
んで、長髪ピダムは人気なんやろか~。
善徳テディベア-ピダム

★ミシル
郎粧決意の時の衣装で。テディベアでもゴージャス感が漂っとりますな
善徳テディベア-ミシル

★ユシン
mukugeさんがおみやにしたキーホルダーを思わせますw
善徳テディベア-ユシン

★チュンチュ
ふっさふさ~w
毛並みの良さは血筋の良さを表しとんのでしょうか。
色白お洒落さんチュンチュの特徴ばっちし。凛々しい眉毛もv
善徳テディベア-チュンチュ

★ディスプレイはこんな感じ。ん~、司量部令、上大等じゃなきゃピダムは陛下の隣にいられないのか?
ぼろピダムではダメなのか…。
善徳テディベア-7
善徳テディベア-8

★等身大の陛下とミシルのツーショット。
トンマンもミシルもカチェが微妙~・・・けど、衣装はなかなかうまいこと作ってますよね~。
善徳テディベア-6

あり~?ポスターのクマさんたちは~~?別のところに飾ってあるんやろか~。大きさが等身大なんかちっこいのかわからん~~。どんな感じで飾ってあったんか、そこんとこが一番知りたいんやけどー…!!
等身大のんも、ポスターのとお顔も衣装も違いますねー。でも人形展の写真はこのディスプレイのとこのんしか、残念ながら見つかりませんでしたです…。
てっきりポスターのクマさんたちが見られると思った皆さま、肝心のクマさんたちのことは何とも宙ぶらりんでございます・・・

んで、mukugeさんがエアプサンのとこで見かけた、テディベア博物館の写真は、なぜ人形展のポスターが使われてたのかってことなんですが・・・

2009年のソウル人形展で、善徳女王テディベアを制作された、ウォンミョンフイ韓国テディベア協会長が、テロジウム(TESEUM)という、テディベア博物館を意味する言葉を商標登録して、普門団地内(?)てところに、テディベア博物館を2011年4月にオープンさせたという記事が、WOMANchosunのHOTPeopleの2011年4月28日の記事に載ってました。
2010年年末から2011年年始に開催されたソウル人形展にも、2011年、慶州にテディベア博物館ができるよ!っていう案内が。
どうやらポスタークマさんの製作者が携わったテディベア博物館だから、ソウル人形展の時のポスターが宣伝に使われてたみたいですねえ。

★側面の切り抜いたような形は、九重木塔ですよね!
mukugeさんが善徳のパネルを撮られたんは、その側面で撮影されたんですよね?
善徳テディベア-9

★ウォンミョンフイ韓国テディベア協会長の記事です。
長い文章なんで、博物館のテーマと善徳女王に関する部分に色付けてみました。意味不明なとこはご容赦を・・・。
元記事には会長の後ろにいる陛下クマさんの画像とちっこい画像ですが、くつろいでる陛下クマさんがいますー。


世の中のすべてのものをテディベアで表現する
「テロジウムレース「ドア開けウォンミョンフイ韓国テディベア協会長
2011/4/28
(http://woman.chosun.com/magazine/viewArticle.do?atCode=867)

世界文化遺産都市の競争に新たな歴史文化スポットが生じた。1000年の歴史的な都市のレースらしく、シルクロードをメインテーマに、過去と現在、東洋と西洋を合わせたきらびやかな話がすべてテディベアで繰り広げられる。テディベアと鮮やかな息吹を吹き込む人はまさに韓国テディベア協会ウォンミョンフイ会長だ。元会長の特別なテディベアの愛の物語。

2009年、日本の東京で開かれた国際氷上競技連盟フィギュアスケートシニアグランプリファイナル大会。キム·ヨナが競技を終えてファンたちの歓呼を受けているときに、クマのぬいぐるみ一つが氷の上を飛んで落ちた。その熊は驚くべきことに、キム·ヨナとそっくり似ていた。その日、キム·ヨナが着た競技スーツと同じ服を着ていたこと。キム·ヨナのファンの間では、そのクマの正体を明らかにチェックアウトするひとしきり騒動が起こった。
「ヨナテディベアは、知っている方の要求に作ることになりました。キム·ヨナさんへの贈り物として与えたいと、特別注文をしたでしょう。その人形を作る時 には、そ の程度で問題になるとは予想していませんでした。その後、キム·ヨナさんマネジメント会社IBスポーツの提案でヨナテディベアを作りました。 " ウォンミョンフイ会長は「一針一針」縫製で、この世界何一つ作れないものはない。歌手ピとそっくりなテディベアが衣装別シリーズとして発売され、ソン·ダムビテディベアは、「狂った」当時のコンセプトそのままに切り上げ頭に赤いチェック柄の衣装を着て椅子に座ったセクシーな姿でお目見えした。一目でも「宮廷女官チャングムの誓い」の中のイ·ヨンエにそっくりなテディベアがあれば、米国のオバマ大統領を縮小しておいたような「オバマテディベア」もある。有名人にそっくりなテディベアだけでなく、ハンバーグもさっさと作り上げる。物事を見ると、自然にパターンが浮かび上がるは、「パターンの達人」である。テロジウムレース「世界のダンス」展示。情熱的なテディベアがフラメンコ踊る姿を再現しました。「私は人形作る時が一番心が楽です。 夜を明かしても疲れにくいですよ。 私が作ったテディベアを、人々が好きならば神の過失」「テディベアは、性別や年齢を超越して、どんなキャラクターでも作ることができます。無邪気でかわいいこともあるがセクシーだったりタフすることが判明。私はソ·ジソプさんのファンなのに、日本のファンミーティングを控えて、彼をモデルにしたテディベアをウィルェ受けました。感を保持するために、神を直接会ったが全く礼儀正しく感じが良い方ですね。黒いタキシードを着た黒いクマの51Kをすることができた「ジソプベア」を限定的に作りました。「 娘と一緒に作ったテロジウムレースウォン会長は、テディベアをテーマにしたミュージアムを「テジウム」と名付けて商標を登録した。済州涯月えてジウム「テディベアサファリ」をオープンしたのに続き、今年4月のレース普門団地に縁ロジウムレースを概観した。テクリアレースは、規模の面では「テディベアサファリ」の3倍、米国マイアミ博物館の4倍に達し、大小のテディベアが数千個にのぼる。テクリアレースは新羅の首都であった慶州は、シルクロードへの出発点(終着点)だというのに着目し、「シルクロード」をメインテーマとした。「テクリアレースを概観しながら、歴史の勉強もたくさんしました。シルクロードに沿って行った慧超僧侶の足跡も確認しましたよ。シルクロードに乗ってサマルカンドを経てトルコ、ヴェネツィアまで私が見ようとしました。ノアの箱舟もあって、イエスもあって、「千夜一夜物語」に出てくるシンバッドの冒険もあって、孫悟空の話も出てきます。ノアやイエス、シンバッド、孫悟空...もちろんすべてのテディベアですよ。 " テクリアレースを探している観客が一人も例外なく笑いを炸裂させる展示スペースは、「石窟庵」である。本尊仏の慈悲深い笑顔が印象的なこの作品は、テディベアのかわいらしさと本尊仏の厳しさが調和を成して、予期せぬ愉快をプレゼントする。武芸を磨くキム·ユシン、唐留学の道に上がった元暁との相対使徒いる。シルクロードと新羅物語、世界の踊りなどのレース縁ロジウムの主要テーマに登場する「主人公」テディベアは約400本。すべての元会長が企画して手作りのパターンを覚ました。笑顔の口の形、角度、一つ一つ全て手作業で入念に作った。元会長は長女の助けが大きかったと自慢する。「娘が視覚デザインを専攻しています。日本留学をした学期先送りお母さんを助けたが、ストーリーテリングから人形作る作業まで第右腕がされていました。「世界のダンス展示スペースの歌舞伎テディベアが娘の腕前だ。派手な髪飾りや艶やかなまつげを見事に表現した。「この髪飾り作成するためにあなたの時間がかかりました。(写真を見せて)大丈夫でしょう? " 玩具デザイナー時期に出会った「テディベア」、一生アップがここに明るく笑って娘の自慢をしてほしい会長とテディベアの世界に足をドゥルイゲた理由を尋ねた。挫折とは知らなかったような堂々とした実業家でありデザイナーである彼にも簡単ではなかった時代があった。元会長は、弘益大学美術学部で家具デザインを専攻した。木に触れることが良かったが、片方の足が不自由なはずのぬいぐるみに向かって方向を向けた。10年の間に海外有名ブランドのぬいぐるみをOEM方式で製作しながらすることができず、多くの人形を作った。「ベア」に出会ったのもその時だった。「米国ミネアポリスのデパートにサンタベアを作って納品しました。そっちの方が必要なだけでなく、私がストーリーを作って、毎年さまざまなテーマでコレクションすることができるベアを出したところ、米国本社から直接役員の家に招待するほどのもてなしを受けました。「多くの動物の中で裸に引かれた彼の決定的に保持するストラップは、ドイツ「テディベアフェスティバル」だった。"我々は、クマの人形が子供のおもちゃだと思うのですが、テディベアフェスティバルに行ってみると、完全に芸術です。その時私はテディベア作家である必要がありと決心しました」が、ぬいぐるみの会社のデザイナーは、テディベアを作品ではなく、ビジネスで眺め見ていた。デザインがいくら良くても、単価に合わせなければならいた。元会長は、「商品」の限界を超える「作品」に対する喉の渇きが大きかった。「その時、娘は5つの歳くらいになりました。子供の世話をするという口実で辞表を出し弘大の前に小さな工房を次しました。 "会社では、いつでも自由に出勤するようにしたが、彼 ​​は素手で世の中に出てきた。自分が作りたいテディベアを存分に作りたくなった。テディベア協会を作り、文化センターでテディベアDIY講座も開始した。完成品を売るよりも作りを教えることに注力したのは、より多くの人にテディベアを知らせたかったからだ。「自分が直接作成した場合、心を盛るようになるんですよ。自分の子どもや同様です。 " テディベア工房との関連の仕事をしていた彼は、テディベア博物館を開くことで活動領域を広げた。2001年に国内で初めてオープンした済州島の中文のテディベア博物館は、スターをテーマにした人形のデザインからパターンワーク、ストーリー構成、設置まですべて彼の手を経て完成された。一日に二、三時間しかない寝ながら強行軍だったが、本当に幸せだった。「外国にもテディベア博物館があり、多くのテディベアの人形を集めて、これは何年の作品だというふうに展示作っています。我々はそれを越えて物語を構成してみようという考えで作業を開始しました。 " そこを去らなければならない状況になったとき、彼は挫折せずに涯月に全く異なるコンセプトにテディベアの世界を広げた。テディベアとミュージアムの文字を取ってきた「テジウム」で商標登録した。テロジウムレース以降も開館スケジュールが続いている。大邱(テグ)の「テジウムシティ」が開館を控えており、中国の上海とインドネシアのバリにも縁ワイプを準備中だ。 上海テロジウムは、「韓流」をテーマに作業してくれという注文を受け、バリは「神の島」ということに注目している。「上海テロジウムは今年中にドア開く計画で作業しています。何よりも重要なのは、その国の文化や性向を把握することです。たとえば、キッズカフェ形の展示は、中国では合わない。ほとんど共働き夫婦という昼間に子供を連れてキッズカフェに来ることができないからです。現地の文化や生活をもとに決定的なポイントを見つけること、それが私のすべきことです。 " 善徳女王テディベアテディベア作成時が一番幸せウォン会長は、自らの事業家ではなく、デザイナーと呼ぶ。今もなお、彼の最も重要なのはテディベア作りだからだ。「テクリアに展示するテディベアは、生地の両方をドイツから輸入している。100%某ヘア高級なりますよね。「普通サイズのテディベア一つ作成するために、材料費が10万ウォン以上かかる。「テディベアは、生地に沿う感じが本当に大きく異なります。だから、今、韓国だけのテディベアを表現する上質な生地を開発しています。「最近開発されたかどうかの繊維が代表的である。かどうかにシルクを混ぜたかの繊維は天然染料で染色して点灯深いパステルカラーが世界どこでも得ることができない特色を持っている。「透明布にビーズを入れて作ったテディベアもあって、ゆらゆらと顔が映る生地にポプリを入れた香りのテディベアもあります。しばらく前にミンクのテディベアもご注文受けました。「そのうちのスエードで作られたテディベアは、人形の上に直接文字を書いて入れることができ、誕生日や初誕生日の贈り物として人気だ。「私は人形作る時が一番心が楽です。夜を明かしても疲れません。私が作ったテディベアを、人々が好きならば神の過失。しかし、逆に酷評を受けると地面に消えると思います。私の心がテディベアにそのままにじみ出て祈りましょう。心が良くない時はテディベアの表情をよく作成できないです。だから、雑念がなく、集中がうまくいくと、表情を作るのです。本尊仏を作成するときに三回トゥトオトヌン ​​よ」昨年から彼のテディベア制作を聴覚障害者に任せている。一種の社会的企業である。「聴覚障害者の方々は、集中力が優れており、非常に高級感のある品質のテディベアを作ります。レース縁ワイプを概観しながら、その周辺の地域でも、聴覚障害者にテディベア制作を任せてみようと提案して拡大を検討しています。「ワン会長は、作る人の気持ちがテディベアにそのまま含まれて出てくるので、楽しくて幸せな気持ちにテディベアを作成することが何よりも重要だと言う。「幸せな気持ちで作ったテディベアは、自然に笑顔になります。それを見る人も一緒に幸せになるよね」元会長が最も大事なテディベアは、旅行に同行する「空軍ベア」だ。空軍の服を着て手を振る空軍ベアを旅行に立てて「認証ショット」を撮る。ゴクグンベアはレース縁ロジウムの定番モデルとしても出た。テロジウムレースが開館した日に会った彼女は、「過去10日間に二時間しか寝てなかったようだ」と打ち明けたが、全然疲れる気配が感じられなかった。むしろ仕事が増えるほど、よりエキサイティングなように見える。働く時より幸せに見える彼女は天性のテディベアの母であった。オアシスをテーマにしたフォトゾーン(ワンチョク)と石窟庵歴史と想像力が調和だ縁ロジウムレースを探して千年の古都·慶州の歴史と文化が想像力あふれるテディベアに戻って生まれた。レースボムンホことが見下ろす小高い山の斜面に4月にオープンしたテクリアレースは、「シルクロード」をテーマに、世界遺産都市のレースを新たに照明する。テクリアレースの最初のテーマは、歴史。「新羅の話」、「シルクロードの話」、「スモールワールド」三つのテーマを使用して、人口100万の国際都市であったレースの歴史を解いていく。びっくりするほど奇抜な想像力が、様々なテディベアを介して表示されます。実在の人物の大きさの善徳女王テディベアは、きらびやかな金管を誇って、石窟庵本尊仏のほのかな笑顔を持ったブッダテディベアは、来場者の驚きをかもし出す。本尊仏をめぐる10代の弟子も実際の作品と同じ優しい笑顔を込めたテディベアである。「熊」の顔であるだけで顔の角度や表情までそっくり。このように、真剣ながらもユーモア溢れるディテールに観客は笑いをさく烈させる。朴赫居世の誕生、元曉大師社スケルトンに入った水を飲んで悟りを得た逸話尿石姫に会って息子ソルチョンを生んだことも、すべて細かなディテールのテディベアで表現した。善徳女王と尿石姫が暮らす華やかな王宮を表現するためにジャゲジャンと螺鈿屏風をテディベアのサイズに合わせて入れたほどディテールが優れている。「シルクロードの物語」は、レースでは、中国、中央アジア、イラン、トルコを経てギリシャ、イタリアなど欧州に至る全旅程を国別に民族衣装を着たテディベア、オアシスフォトゾーンなどを介して立体的に表現した。天夜話の誕生とシンバッドの冒険がテディベアで表現され、トロイの木馬のも巧みに再現した。簡単に楽しく説明を付けておいたが、展示コーナーでは、秒など、学生の子供と一緒に来た家族が写真を撮ってメモするのに忙しかった。楽しさと学習を融合することに成功し展示だ。特にテディベアで表現した世界文化展示エリアは、子どもだけでなく、若い観客からの熱い呼応を得た。「人類の基円4大文明」と「世界のダンス/民族衣装」、映画の中のダンスシーンをテディベアで再現した「ムービーダンシング」の前では写真を撮るの観覧客たちが列を設定ほど。カンカンを踊るセクシーなテディベア、フラメンコを踊るスペインの美女テディベアは、情熱があふれ、歌舞伎テ·ベアは長たらしいまつげが魅力的です。自然が好きな観客なら「アンダー·ザ·シー」、「ポーラーベア」、「ツキノワグマとパンダ」エリアが欠かせない。会場のあちこちにフォトゾーンがあり人の大きさのテディベアと一緒に写真を撮ることができるような配慮も目立つ。3階展示室で展示に沿って行くと階段のない自然な1階につながる。よちよち歩きが下手な子供でも簡単に持ち運ぶことができるだけでなく、ベビーカー、車椅子でも何の障害なく通過することができるキッズ·高齢者に優しい展示設計だ。住所慶北慶州市シンピョン611-5 電話 054-743-4000 開館時間 9:30〜20 :30(年中無休)入場料大人8,000ウォン、青少年7,000ウォン、子供5,500ウォン、3歳以下無料


住所がmukugeさんがエアプサンでみたところになってます。
記事が2011年のものなんで、今年というのは2011年で4月にオープンて言ってますよね。
そしてホテルのチラシで見つけたという現代ホテルの隣のテディベアミュージアム。そのミュージアムの施設案内を見てみたんですが、どうやらこの施設も、「TESEUM」と同時期というより、もろかぶりの2011年4月6日にオープンしたとなってます。
ソウル人形展のお話をmukugeさんにお話してから、もう少し調べてみたら、2012年7月に慶州を旅行されて2つの施設に行かれた人のブログを見つけちゃいまして…、あれ?これはなんだろと。
いやあ・・・、どうやら近くで同じようなテディベアの博物館が同時にできちゃったようですね!
なんやお隣ではその頃テディベアブームだったんでしょ~か・・・。
ですが、mukugeさんが去年TESEUMに行かれた時には、すでに廃墟になってたんですよね。
なんちゅうか、トンマンとミシルが慶州のテディベアの博物館の主として共存できなかったってことのようですね・・・。
んでもって、ライバルだったはずのTESEUMの割引券がテディベア・ミュージアムで使えたんですよね。なんかミシルの人材をトンマンの女王時代に有効に活かしたということに似てるような…。(こじつけてみた)
や、たまにmukugeさんが仰ってるお隣の大らかさなんかもしれませんが。

★TESEUMのトンマンとミシルとのツーショット。
金冠被ってる陛下がいますが、やっぱポスターのとお顔の色が違いますよね…。
善徳テディベア-12


「TESEUM]のクマさんたちは、海外にもミュージアムは作られてるようですし、他のミュージアムに引き取られて飾られてるのかもしれないですよねー。ポスターのクマさんたちの行方のことも含めて、テディベアミュージアム、要チェックですね!


スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/216-6b47be6d
トラックバック
〈2013年9月の旅行記事です〉 この昨年9月の慶州旅は、仁川空港に飛んで、さらに金浦空港から釜山へ国内線で移動いたしました。そのエアプサンの機内でのこと。機内誌をパラパラめくってたら、こんなものがーーー! ちょ、クマ!www まさにこの構図ですよねー(爆) いや、ソウルタワーのとことか何箇所かテディベアミュージアムがあることは知ってたんですが、さすが慶州バージョンは「善...
クマさんに癒されるー♪ dot こうもりのサンガラクチdot 2014.04.03 06:54
コメント
げんさん、こんばんはーv 私の遠まわしなリクエストに答えてくださってありがとうございます。そして、トラバも問答無用で送ってしまいました(笑)これで皆で共有できて嬉しいです、善徳ベアの話題を。

いや~それにしても、色々新たな事実がわかって面白いですねー。移転したと思い込んでいたので、まさか二つ存在していたとは思いませんでした(爆)
テジウムのほうは、入り口が鎖でぐるぐる巻かれていたし、ガラス戸をのぞいてもがらーんとしていたので廃墟だと思ったんですが、もしかしたら休みだっただけで営業していたんでしょうか?昨年の夏に訪れた人のブログは発見したのでそこまでは存在していたと思うんですが、その後がわかりません。
家でパンフレット類保管してるとこもう一度みてみたら、私が行ったミュージアムのほかに、テジウムのパンフもありました…!一体どこで貰ったんだろう?(笑)
それを見てみたら済州島にも、テジウムとテディベアミュージアムと二つのテディベア博物館が存在するんですねー。う~ん、なんというか、さすが韓国w

そのテジウムの等身大の陛下とミシルのツーショットですが、実在の人物の大きさの善徳女王テディベアと書いてありますが、小顔だったり八頭身がもてはやされるのは人間だけなのかもしれません。このクマさん、頭も小さくてスタイルもいいんですが、なんかバランス悪いような。私が行った博物館のでか陛下ベアのほうが頭が大きい分だけクマの愛らしさが出ているような気がします(笑)

そして、テジウムの外観の九重木塔の壁ですが、そうです、そうです!あの善徳ポスターベアの九重木塔側の壁です。写真を撮ったのはもっと下のほうの木に隠れている部分ですけど。

にしてもほんと善徳ポスターベアはいずこに?ですよね。もう行方が気になって、旅先にテディベアものがあったら、無条件で入って確かめずにはいられませんねーw

mukuge(むくげ)dot 2014.04.04 00:11 | 編集
mukugeさん 今晩は~v

うふふ、割引券が使えたんは、もしかしたらmukugeさんのドヤ顔の押しが強くって(←失礼…w)、テディベア・ミュージアムの人は、それライバル博物館の割引券なんだけどーって言えなかったんかもしれないですね!

ほんと、まさかテジウムとテディベアミュージアムていう二つのテディベア博物館が、同じようなところに存在していたなんて思わないですよね。二か所に行かれた方のブログには、グーグルでそれぞれの所在地を示した地図が載ってまして、それみたらですね、月城と明活山城の距離感的なもんだったんで、新羅にテディベア博物館の二大勢力が同時に発生した!って、ドラマに繋げて思わずにはいられなくなっちゃいましたv
ほう、テジウムの等身大のクマさんは、実在の人物の大きさの善徳女王テディベアなんですね!う~む、首の長さはトンマンの方が長いのになあ…。ミシルの方が妙に長くってバランスが確かに悪いですねえ(笑)
でもって、済州島にも二つ存在するんですか!一体テディベア博物館は韓国にいくつあるんでしょうか~ww

いや~、実は善徳クマさんの画像はですね、公式HPの韓国版で見かけてただけだったんですよ~。でも見つけた時は、色々と画像集めするのが精いっぱいだったんで(笑)、特にこれなんだろうって調べたりしてなかったんです。
mukugeさんの記事のおかげです、かわいいなあvってだけでなく個人的に調べてみたら、なかなかおもろいわ~ってことが分かって楽しめましたvなもんで、トラバまでしてもらえてうれしい限りです!

…て、記事にして個人的に盛り上がってたのにまことに申し訳ないんですが、テンションダダ下がりになっちゃうことをお話してもイイでしょうか・・・。
そのー、善徳クマさんポスターの画像なんですが、もともとのドラマの画像と並べて見比べてみたんです。そうすっとあのポスター、ドラマの画像にクマさんの顔を貼り付けた合成なんじゃないかという疑いがだんだん頭ん中に浮かんできまして…。
全員の衣装と冠が画像そっくりすぎるんですよね…。記事に載せた人形展のクマさんたち以外に、等身大のポスタークマさんたちがいるのかも?っていう希望を抱いてたんですが…。どうなんでしょうー…(汗)。
えっと、こんなこと言っちゃって申し訳ないんでも一つ見つけました(いや大したことないけど)
善徳クマさんを作られたウォン会長のクマさんを取り扱ってるテディベアの「TETERU」というお店が、ソウルの江南、新沙洞カロスキルってとこにあるようです。日本にはりばさんと六花さんのお住まいの地に2012年に上陸したそうで。そのお店では善徳クマさんの取り扱いが一部あったそうですんで、今も取り扱ってるといいんだけど・・・!

げんこつdot 2014.04.04 22:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。