--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.07

皇竜寺「九重木塔」リボーン

Category: 善徳女王関連
世界遺産に登録された富士山を縮小したお菓子があったり、
富士山

車の宣伝では歴史人物のリボーンってのがありますが…、

皇龍寺の九重木塔が10分の1の大きさとなって、皇龍寺跡地に復元するんだそうです。

九重木塔

【新羅善徳女王と建設されたが、高麗時代、モンゴルの侵入に燃えてしまったレース黄竜寺(皇龙寺)9チュンモクタプの高さは79.2mか67mか。皇龍寺9チュンモクタプ復元事業が本軌道に上がって線のうちトップの規模をめぐり議論が高まっている。既存の学界ではトップの高さが79.2mと推定しているが、最近復元事業責任者などを中心に67m説が強く提起されているからである。国立文化財研究所と慶尚北道、慶州市などによると、2006年から2035年までの30年間千年古都慶州を象徴する黄竜寺を慶州市グファンドン黄竜寺か復元する。特に善徳女王15年(646年)建立されたが高麗高宗25年(1238年)、モンゴルの侵入に皇龍寺全体と一緒に消失した9チュンモクタプ復元は、国内文化財復元事業史上記念碑的な仕事挙げられる。

新羅最大の寺だった皇龍寺に建てられたこの9チュンモクタプの規模はどの程度だろうか。現在皇龍寺地は塔の基礎になった64個の礎石が残っている。問題は、 " 三国遺事 "に黄竜寺9チュンモクタプの高さが'225チャック(尺)"とだけされているだけで、他の記録が全くないという点だ。学界によると、皇龍寺9チュンモクタプの高さを推定することができる根拠は、このよう当時使用した測定ツールのふり(尺)にかかっている。1隻が35.2㎝の検討隻(高丽尺)を基準にする場合79.2m、1隻が29.8㎝である当代隻(唐大尺)を基準にすると67mになる。、1970年代皇龍寺発掘調査団長だったキム·ドンヒョン( 77)前国立文化財研究所長は"三国時代には新羅と百済、日本まで考慮隻をたくさん使った"とし、 "これに伴い、皇龍寺発掘当時の数値をすべて換算、9チュンモクタプの高さを79.2mと推定したもので、すでに論文などを介して学界の定説になった"と話した。しかし、復元事業を担当しているベビョンソン(53)国立文化財研究所皇龍寺復元研究事業団長はこれに反発した。船団長は24日、 "考慮隻に皇龍寺9チュンモクタプを解釈する場合、雨水が基壇の上落ちるしかない構造になるなどの問題が多いが、当代隻で換算した場合サリハムなど遺構も適しており、妥当性が高い"と話した。倍団長はまた、 "国宝11号の全北益山(イクサン)の彌勒寺址石塔も当初検討チャックを使用したものと推定されたが、最近"当事務所チャック(唐小尺) "と呼ばれる1隻25㎝の"南朝尺(南朝尺) "が使用されたことが既成事実化されるなど、三国時代にあたり尺度使われた跡がある"とし、"黄竜寺9チュンモクタプ復元の最終案を決定する前に79.2m説に従うことは明白な誤り"と主張した。国立文化財研究所などは、昨年まで皇龍寺9チュンモクタプ復元のための学術大会と基礎研究などを通じて総合計画を立て、今年から深化研究などを通じ、2017年に復元案を最終確定する計画だ。これに伴い、トップ円形の考証が必要だが、にもかかわらず、文化財庁と慶州市から黄竜寺9チュンモクタプ10分の1模型の製作を依頼された韓国伝統文化大側は2011年8月79.2m説を基準に復元案を確定した後、現在9階のうち2階まで(高さ1.4m)製作を終えた。韓国伝統のドア和代ジャンホンドク(59 ㆍ伝統建築)教授チームは、2010年3月から木塔20分の1模型5つの断面に作成し、その中キム·ドンヒョン前文化財研究所長のモデルを復元中に確定した。来年上半期7.92mの高さで完成され、木塔のモデルは、早ければ3月に皇龍寺の隣の敷地に着工され、来年末に完成する"皇龍寺研究センター"のショールームで一般に披露する予定だが、未確定なら公開に伴う副作用を懸念する声も少なくない。また慶州世界文化エキスポ組織委員会は、2007年8月慶州普門団地のXのパッケージに皇龍寺9チュンモクタプをモデルに82mの高さの彫り込み"レースタワー"を建設した。ベビョンソン団長は"皇龍寺9チュンモクタプ復元事業は、すべての可能性を開いて考証と深化研究、討論などを経て慎重に決定されなければならない"と述べた。キム·ドンヒョン前文化財研究所長も"文化財界の発展のために新しい学説と論争を歓迎する"との立場だ。】
〈http://news.hankooki.com/lpage/society/201302/h2013022421120621950.htm〉


復元には当時の資料が残ってないために、作業が進められている中でも高さ議論があったりして、数年にわたる大変な作業のようです。
専門の建築家などの技術に基づく想像が、復元には大半を占めるのかもしれないですね…。

それでも復元できたそのときは、善徳女王ゆかりの、瞻星台(チョムソンデ)、芬皇寺(プヌァンサ)に九重木塔が揃うことになるんですね~。身軽になった九重木塔、九チュ子が、夜な夜な雁鴨池を挟んで行われているという、チョム子とプヌァ美の女子会に、「私、リボーンしたの!」って、二人の前に軽快に走り回ったりして現れるに違いない…。
待っててね!ってか、陛下とピダム話はできるんやろかwwですが、相手してやってね…、チョム子、プヌァ美~~v

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/163-1be134d6
トラックバック
こんばんはーv 無事に戻ってまいりました。 留守中うちのムクゲと遊んでいてくださりまして、どうもありがとうございました!予想どおりつぼみが花開いて咲き終わってましたが、他に貴重なものもたくさん見れたので悔いはありません…!(笑) 今回は釜山・慶州をメインとしてまわりました。 以下、旅のダイジェストを。“The Great Queen Seondeok ミニ Tour”とは関係ない部...
乙女心と秋の空 by チョム子 dot こうもりのサンガラクチdot 2013.09.28 20:52
コメント
三姉妹グループの名前。う~んいいのが思いつきません、とか思い悩みながら今晩は~v

しかしこれまた素敵なお知らせを有難うございますげんさん。これで三姉妹が1300年の時を経て顔をそろえるかもしれんのですね・・!(どこに顔があるんだってそんな事は聞かないで下さいv)

完成の暁には、テープカット(て、隣国にはないかもしれませんが)をぜひヨウォンさんにやって戴いてはいかがでしょうか・・・!でも2階までで1.4メートルだったら、中に人は入れない・・・?
りばdot 2013.09.13 23:58 | 編集
りばさん 今晩はw

グループ名、なにがいいでしょうねえ~。そんどくフォーエバーQ,ソラボル娘・・・こげなもんしか思いつきませぬ…。
九重木塔ちゃんは、お屋敷にショーケース入りという箱入り娘ちゃんでのリボーンのようなんですけどね、三姉妹が揃いましたならば、センターは誰が!って、選挙でもし始めるのでしょうかねえw、あにみょん、運まかせにじゃんけんでってことになるんでしょうか。彼女たちが5本指をどこに持っているんかは、さっぱり存じ上げませぬが(笑)・・・って、思いっきり乗っからせてもらっちゃっておりますー、あはは~v

完成時には、そうですね~、テープカット(ドラミア(?)完成時にやってたかと…)はヨウォンさん単独じゃなくて、ぜひともPさん@ナムさんとで華やかにお願いしたい、が希望ですわー。
げんこつdot 2013.09.14 21:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。