--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.24

黄金の帝国視聴5

Category: 黄金の帝国
allure

カッコええ…。
ええ、りばさんとこですでに見られた方いらっさると思いますが。
アルーア·コリアの創刊10周年記念号の企画で、別冊「 Artists&Muses」の10人のミューズの一人、ヨウォンさんの画報です。
「黄金の帝国」でソユンとして奮闘中のヨウォンさんが、メイクアップアーティストジョソンアさんと意気投合して作られた1枚だそう。
撮影楽しかったんじゃないですかねw、なんか力強いオーラを感じます。

んでELLE8月号。
elle8

雑誌で着られた服がドラマの6話の衣装として使われてるんですねー。
elle8-1t6-60

ソユンはショルダーバッグは左肩にかけるんですね。私は右肩です。普段は斜め掛けが多いです(自転車なんで)


続きからは黄金の帝国第6話のソユンの場面あらすじメモです。ネタバレしてます…。
ソンジングループの会長の座を巡って、またドンソン一家の財産分与を巡って、父ドンソン以外にソユンの周りは敵ばかり…てか欲ばかりです。








☆兄ウォンジェは従兄ミンジェと手を組んだ

ソユンは、ソンジングループをミンジェ、テジュの外部から守るために、ソンジン建設会社の持ち株会社化に向けて有償増資をすることに決めたようです。
父の病状を悟られてしまったウォンジェと、会長の座を巡って兄妹間で争いたくないソユンは、ウォンジェのもとに自分がグループの後継者となることへの理解と、ウォンジェの持ち分の株権利を自分に譲渡する協力を求めるべく、珈琲(?)の差し入れを持って訪れます。

跡取りは自分だ!と譲れないウォンジェ兄さん、ソユンの話に快く耳を傾けるわけがなく…、自分の持ち分の株はすでにミンジェに渡しちゃってました。驚くソユン。

ソユンは、大事な話をする前には一口飲み物を口にします。
相手がどんな態度を取ろうと動じないように、自分も感情的にならないように、自分なりのメンタル面のマインドコントロール術を身に着けたんでしょうかねえ。心を落ち着けるためのおまじないに見えます。

t6-4t6-5
t6-6t6-9
t6-10t6-11

ウォンジェ・ソユン兄妹の話し合いの場にミンジェが合流。
ミンジェは、5%以上の株式を持つ株主は、取締役選任をすることができる権利があること、ウォンジェから聞いたドンソン会長の病状をネタに、ソユンに圧力をかけたようです。

t6-12t6-13
t6-14t6-15


☆父と母と

ソンジン建設会社を持ち株会社として設立、有償増資に向けて、ウォンジェとミンジェ対策のことなどを話し合っているようです。
家族それぞれが持っている会社の株の占有割合をソユンが話してます。
韓国語の数字の数え方から家族が持ってる割合の数字はたぶんこんな感じ?(合ってるかわかりません)
(父…10%、ミンジェ…7%、継母・ソユン…各8%、姉、義兄、ソンジェ…各3%)
継母・ソンジェ・姉・義兄と自分の分を合わせれば大丈夫(?)なことを話してるようです。
ドンソンさんの前では兄妹間での争いはしたくないし、何とか姉たちの協力を取り付けて争いごとを起こさないようにと願い頑張ろうと希望をもつソユンですが……。

継母はソユンに協力するふりをして、グループの動向を逐一把握するのにソユンを利用しているようなもんです。
しっかり裏でミンジェ秘書を通して有償増資に参加するつもりです。
こそこそとする継母のかわりにドンソンさんに薬の世話をするソユンです。

t6-16t6-17
t6-18t6-19
t6-20t6-21
t6-22t6-23


☆家族会議 6話の見どころの場面かと思います。

父ドンソンさんの健康状態が危ういということで、財産分与についての家族会議。
ドラマの中ではじめて家族全員揃いました。
たぶん義兄のことを「ヒョンブ」(て聞こえる)というんでしょうけど、ヒョンブといえば兵部令の「兵部」に頭の中でつい変換しちまいます。

ドンソン会長は、姉夫婦にはゴルフ場3つ。ウォンジェ嫁にはこれまでのウォンジェに対する忍耐料(?)代わりでしょうか、デパート6つを与えること、その代りソンジングループの会長をソユンに継がせるため、有償融資の新株発行権利(?)をソユンに譲渡することを提示。(おそらく)

ソユン、少し髪を切ったようです・・・。
ドンソン会長が財産分与について大方語ったところで、有償融資の新株発行の譲渡に関する(?)覚書に署名する手続きはソユンに振ったようで、ここでもやはり話す前に一口のどを潤します。

ウォンジェは長兄である自分が会長の座に就くことができないことが納得いかずに父に反発。姉ジョンユン夫妻も欲しいものはゴルフ場じゃなくって、姉はデパート(ホテル?)、姉の夫は自動車会社が欲しかったようで、急な提案に納得がいかない。
これまで散々したい放題なことをしてきた兄、姉(グループに何の貢献をしてきたのかわからん姉の夫も)は、自分のほしいもんが手に入らないことへの不満を抱いていますが、自分のしたいことを封印してきたソユンは、ソンジングループを手に入れるようでいて、それは本来ソユンが欲していたものではないというのがなんとも…。そしてそんなソユンのことをちっとも分ろうともしてないし、わかっていない兄と姉夫婦……。

それにしても財産分与の内容がデカいというか、住んでるお家の資産とか金融資産とかの話でない。
会社1個とか…。町を歩けばソンジンマークにあっちゃこっちゃでぶち当たる感じの別世界。
ドンソンさんが一代で築き上げたものは、とてつもなく大きいもののようです。(ドンジンさんとともに、その手は血で汚れてもいますが)

相続をめぐり不穏な雰囲気のところに、叔父ドンジンがドンソン会長の体調を心配して、ドンソンさんの好物(?)なのか、お芋さんを持って登場。
ただのお見舞いというわけでなく、これまで共に苦労をしてきた昔話などをしながら、財産分与なら、自分たちにも分け前をくれるよう話し合いに来たようですが、ドンソン会長はシビアに対応、逆にミンジェの持ってる建設株(?)を譲渡するよう求めたようです。

このときのドンジンさんの昔話がきっかけなのか、ドンソン会長の様子が一変、認知症の症状が現れます。
継母、ウォンジェ、ソユンしか具体的なドンソン会長の症状を知らなかった他の家族は突然のドンソンさんの豹変ぶりに驚愕。
お芋を家族一人一人に配ってまわり、子供時代の辛いことを再現するかのように、ウォンジェをアッパとしてすがりつき、泣いてわびるドンソンさん。落ち着かせようとするドンジンさんを、どこにそんな力があったのかという感じではねのけてしまいます。
家族のドンとして、どっしりと座って存在感を出していたドンソンさんの子供に戻ったような姿は、真に迫っております…。

ドンソンさんの病状を伏せられたまま、財産分与の承諾サインをさせられるところだったのか…な義兄の態度をソユンは見逃さない…。そして何とかドンソンさんを落ち着かせ、部屋まで付き添うソユン。

家族会議は中途半端な形で終了。

t6-24t6-27
t6-26t6-28
t6-29t6-30
t6-57t6-32
t6-33t6-34
t6-36t6-35

☆作戦を練る

父の意向に反発するウォンジェよりも、まずはミンジェを何とかしなくちゃいけない…と対策を練ってるんじゃないかと…。この場面よくわからんので、テキトーなこと言っときます…。(ええのんか…)
ソユンが着ている服はシンプルなワンピが多いですが、時々デザイン性のあるブラウスを着てます。

t6-37t6-38
t6-39t6-41

☆ミンジェの資金源を断つ心理作戦

父の病状緩和には風景画がいいらしい…と、表向きはそんな感じでミンジェの新妻ユジンの画廊を訪れたソユン。
金持ちの道楽ですって感じのだだっぴろい画廊~。
ソユンは、ユジンの知らないミンジェの元妻像、新婚旅行後すぐに元妻ユニの納骨堂を訪れたミンジェのことを話し、ユジンの嫉妬心を駆り立てます。
予めユジンがどういう人となりなのかを調査済み、嫉妬深い人だと踏んで(?)、今回は羽衣女房の話を持ち出して、ユジンの女心に揺さぶりをかけるソユン@ヨウォンさんが見られます…。

ソンジェに恋愛指南をしてたということは、ある程度学生時代はモテたり、お付き合いしてた人とかいたということでしょうか…(学生時代、恋愛経験はどうだったんだろう…?)
社会人となって超多忙だったはずで、テジュとはどういうきっかけで恋愛(?)に発展するんだろう…。

ソユンが来たのは、ミンジェの有償増資の資金源を断ちたいという魂胆だと読んでるユジンですが、ミンジェの元妻への想いへの嫉妬メラメラの自分に勝てず、ミンジェへの資金融資の許可は下りなくなり、ソユンの計略まんまと成功です。
まさか新妻から裏切り(?)にあうとは・・・なミンジェ。

t6-42t6-43
t6-54t6-55

☆容赦なくぶっ潰してやるぜ・・・

ミンジェへの、銀行からの資金融資を止めたことは成功したけれど、ミンジェはテジュと手を組み有償増資に参加。
兄ウォンジェ、姉ジョンユン夫妻も手を組んで有償増資に参加。おまけに父ドンソンを勝手に自分の財産を処分できないようにする、禁治産者とて指定する手続きを取った模様。
これにてソユンの形勢は一気に不利に。
してやったりな態度の兄と姉夫婦に怒り心頭、財産分与に対する父の提案に対する答えがコレなのか…!?と静かにキレるソユン。

一連の報告を受けたドンソン会長は、自分の元に来たソユンに、ソンジン建設の持株会社化をやめることを提案します。
ソユンは有償増資をあきらめるつもりでドンソン会長の元に来たわけではなく、勝手我儘に自分のことしか考えない兄、姉達、そしてミンジェ、テジュ…、自分の行く手を阻もうとするすべての人を沈没させてみせる!と、父の前で容赦なく反撃に出る闘志を表明。・・・7回へ。

t6-49t6-50
t6-51t6-53
t6-47t6-48
t6-59

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/146-77ff9299
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。