--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.16

黄金の帝国視聴3 その2

Category: 黄金の帝国
大した内容を書けないにもかかわらず、なぜか長くなるw
「黄金の帝国」4話のソユンメモ続きです。

ネタバレしていますので、注意してお進みくださいませ。





☆教会での父娘 後継者の指名

『愛する娘よ…悪い人になりなさい』byドンソン
t4-27t4-28
t4-29t4-30
t4-33t4-34
t4-35t4-36
t4-37t4-50
t4-38t4-39
t4-40t4-41
t4-43t4-44
t4-68t4-45

ドンソン一家はクリスチャンで、2話でドンソン会長の両親の法事のお供え物などの形式は良くドラマでみるものでしたが、祭壇には十字架が飾ってありました。日曜礼拝とか行っているんでしょうか。
父ドンソンの余命を知って、病気の治癒などを祈らずにはいられなかったのでしょう、ソユンは教会で一人一心に祈っています。そこへドンソン会長がやってきます。
会長はこれまでの自分のしてきたことを懺悔するかのように、弟ドンジンとの過去の話をソユンに聞かせます。
(叔父ドンジンが兄ドンソンの身代わりに何度か刑務所行になったことなど…)
そして、自分の後継者にはソユン以外ではだめだと判断したようで、グループの会長持ち分の株、兄ウォンジェ分などを譲り、ソユンに任せることを決めたこと、自分の病気と余命のことを切々とソユンに語ります。

ソユンは、父ドンソン兄弟を幼い頃から見てきて、自分もウォンジェと同じようになりたくないと拒否したい気持ちを伝えますが、父ドンソンの知られざる心の内にある闇を聞かされ、また大事にしている万年筆を手渡され、ドンソン会長の後を継ぐことを決めました。渡された万年筆を握る手に力がこもるソユン。
会長は、自分の亡き後は、奨学団体を任せた夫人と相談してグループを動かしていってほしい計画らしいですが、夫人はこの奨学団体をもとに黒い計画を実行するタイミングを狙っていそうです。
後継者を引き受けたソユンは、兄、従兄だけでなく、まだ見ぬ、また思いもしない敵を、父ドンソンも知るはずもないままに、抱えたことになったんですよね…たぶん。(会長は以前、家事ばかりでなく週に3,4日は奨学団体の仕事をしてみたら…と、夫人にグループ株の大部分を占める奨学団体を任せたようです)

父ドンソンは、根は心優しく、血族との争いをしたくないソユンは自分に似ているところがあるとみていたのかもしれません…、「人が怖れるような悪い人になれ…」と助言します。また自分の死後、相当な苦難が待っているだろうソユンに対して、娘に申し訳ない思いも込め「愛する娘よ…」と父ドンソン。ソユンはそんな父の深い愛情と想いを受け取めます。父娘の涙の抱擁。
初め病院でのこの父娘を見たときは、涙する娘に戦う気力が失せるから泣くなと言ったり、退院後家で出迎えた家族と離れて見守る娘への眼差しとか微妙と思ってましたが、自分の後継者とみていたソユンに対して、あえて厳しく接してた部分だったのかもしれません。
自分の心の内や弱さのようなものをさらけ出すことができるのは、娘のソユンの前だけなドンソンさんと、その父を慕い頼りにしている娘ソユンとの父娘の深い絆が見えた場面であり、今後ソンジングループを率いて守っていかなければならないソユンの行く末の厳しさを思う場面でもありました。

☆後継者ソユン、手始めに兄ウォンジェ、従兄ミンジェを切る

『おめでとう、お兄さん、今日から副会長に昇進です』byソユン
t4-53t4-55
t4-56t4-57
t4-58t4-61
t4-62t4-65

父から後継者に指名されたソユンが手始めにしたことは、兄ウォンジェを経営から退かせることと、その兄を裏で動かしていたミンジェを排除することでした。
税務調査(?)の名目で、ソンジン建設を訪れたソユンは、
「おめでとう兄さん、副会長に昇進です。これからは私が社長となりソンジン建設を率いていきます…」
と、兄ウォンジェから実質的な経営権をはく奪しました。
ミンジェとも会わぬようにウォンジェに忠告するソユン、慌てたウォンジェはミンジェに携帯で連絡を取りますが、その頃ミンジェが立ち上げた(?)ソンジン開発を閉鎖させるため、別の税務査察官たちが訪れていたところでした。

ウォンジェとミンジェを排除するため、容赦なくソユンは父ドンソンの意向通りに動きます。
ウォンジェはそんなソユンの胸ポケットに父ドンソンの万年筆があるのを見つけ、後継者にソユンが指名されたことを悟りました。
ウォンジェ兄さん、メガネが印象的なソユン秘書からもダメだし(?)みたいなもんを食らっています…。

☆資金難に陥るミンジェとテジュ

ソンジン建設、ミンジェのソンジン開発、テジュのエデンが関わっている再開発建築事業の一環で組合長を決める選挙で、テジュが推薦していた4年前にテジュの父親と一緒に戦っていた立候補と、ソユンのソンジン建設は密かに接触を図り買収に成功(?)、テジュ側は、その立候補を収賄などの罪で刑務所行きに。こういったソユンのソンジン建設の妨害などで、多額の資金を注ぎこんでいたテジュの会社は経営危機に陥ったようです。(このあたりのストーリー、ほとんどよく理解してませぬ…)
私はソユンメインでの視聴メモを書いとりますんで、もう一人の主人公テジュと、テジュの高校の先輩ユン・ソルヒのことにはほとんど触れてないですが、テジュ@コスは、ソンジングループに父の復讐を果たした後、ソルヒの儲け話にのっかって不動産事業エデンを立ち上げ、に成功したようです。ええ人ではやっていけない勝負の世界に簡単に入ってしまい、ワイロも辞さない悪辣な勝負師にあっという間に変身。ソユンとミンジェに比べると、この二人はかっこいいとお色気担当という感じは、それはそれでええんですが、人物描写がスピーディであっさりな印象を受けちゃっています、今のところ。今後変わるかもしれませんが、あんまり取り上げないかも…。
あ、イケメン君はべつに嫌いなわけじゃあありません…。
コスさんは相当な暑がり汗っかきさんでいらっしゃるそうで、ポータブルの扇風機をファンの方から(?)差し入れされたそうです。私もかなり汗っかきなんで、そんなところは心ひそかに親近感を感じてます…。ええ、ドラマの内容と全く関係ありませんね。

t4-51t4-52

☆心のよりどころを亡くすミンジェ

『愛していた ユニ…』byミンジェ
t4-66t4-67

ソユンの徹底した排除策で、資金難に陥ったミンジェは、父ドンジンの知人である銀行頭取の娘との結婚話が出ますが、10年来の糟糠の妻ユニを捨てることは出来ずに一度は断ります。
ただ他にこの窮地を脱する策はなく、仕方なく現在は不動産会社エデンを立ち上げ、事業で成功しているテジュと手を結ぼうとしますが、4年前の恨みを忘れられないテジュに拒絶され、結局ミンジェは愛する妻ユニを捨て、銀行頭取の娘との結婚を選ばざる得なくなります。
ミンジェと銀行頭取の娘ヨジンは旧知の仲で、ヨジンはずっとミンジェに片思いを続けていた、なかなかの野心家、自己中な人らしいです。この女性、どうもカマキリをイメージしちゃいます…(スルーしてください…)

10年来連れ添ったミンジェの妻ユニは、線維筋痛症という病気に苦しめられていたようで、合併症を引き起こしても、ミンジェの支えのもと、必死で乗り越えてきたようなんですが、捨てられたことで病魔と闘う気力を失い、ミンジェの結婚式当日に肺炎のためあっけなく世を去ってしまいました…。
結婚式会場で、秘書からユニの訃報を聞き、悲しみと罪悪感に打ちひしがれるミンジェ。
そこにソユンの妨害策(?)で同じく資金難になったテジュが、ミンジェと手を組もうと(?)やってきて…この二人、手を結ぶのか・・・!?てとこで、第5回へ!

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://mikazukin0408.blog.fc2.com/tb.php/143-c46c8933
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2013.07.19 16:51 | 編集
よじなさん 暑中お見舞い申し上げますw

いつもコメントありがとうございます♪んで、いつもお返事遅くなってすみません・・・!
暑いかと思えば今日はすずしい…。気温の急激な変化も体に堪えますねえ。

>「黄金の帝国」本当に難しいややこしいドラマで もし日本で日本語で放送されても 私 何度も復習しないとついていけないかも・・・。

「黄金の帝国」のリアル視聴…ええ、はいwwむずかしいですねえ~・・・
今日の7話は、ソユンと父ドンソンさんの結束力というか、ドンソンさんが最後の力を振り絞って(?)、重役さんたちとミンジェの前で見せた、ミンジェから健康状態が危ういとされたらしい会長はこの通り健在なり!と影響力を見せつけたようだってのはなんか伝わりましたが、それとともにソユンを後継者に…てのは、ケリがついたってことなんでしょうかねえ…。
あと、家族会議で、姉ジュンユンが自分たちの母親についてなにやら話してる雰囲気なのかな?って感じだったのが、気になりました。
そして3年後の97年に話が飛びましたねwwソユンの20代が終了しましたww

>リアルタイムではソユンさんファッションを楽しみたいと思います!(とっても私好み)
>お母様が黒~くなり始めました~(やっぱりキム・ミスクssiの専門分野!)。

ええホントそうです、私も楽しみにしとります~。仕事の時のシンプルなワンピ、カチッとしたスーツなんかすごく似合ってますよねvときどき、おもしろいというか、変わったデザインなものもあったりしますが。
何着も違う姿のソユンを見られるってのは、なかなか嬉しい楽しみですよねw、毎回。

ほお、腹黒継母さんの、キム・ミスクさん、こういう役は得意分野な方なんですねー。年季が入ってるわけなんですね!

>ヨウォンさん事務所移籍されましたね。

よじなさんが仰るように、こういった事務所の移籍が控えていたこともあって、ドラマの出演契約も内容的に少しややこしくなって、出演確定発表がおそくなった可能性はありますねw
ドラマの撮影途中ですけれど、円満に前の事務所から新しい事務所に移籍されたんじゃないかな・・・って思ってますー。
よくわかりませんが、事務的なことはちゃんと落ち着いたのでしょうし、あとはヨウォンさんがこれから求める方向に向かってのサポートをよろしくお願いしますvって感じですね・・・!



げんこつdot 2013.07.23 00:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。