--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
11.29

髪飾りを挿す位置は

Category: 善徳女王関連
クンモリトンマン

いきなり合成画像でございます。
いつかまた、ヨウォンさんが時代劇に挑戦される日が来たら、こんな王妃様のお姿を見ることができるでしょうか…。
あ、朝鮮王朝時代の本などを見ていてですね、トンマンの髪飾りを挿し方、その形態って、この時代の装飾を参考にしたのかな…と、ふともっそ単純なことを思って書いてたものを出してみます~。





続きを読む
スポンサーサイト
Comment:3  Trackback:0
2013
11.21

11月17日に頂いた拍手コメントへのお返事v

Category: 拍手お返事
「大王の夢」をちょこちょこと観ているんですが、その12話で、関西弁(?)をしゃべる西域人が出てきました…。

ポリャン宮主とボロ殿君をさらってチュンチュに捕まった大道芸をやってたちょっとてかっとして色黒の西域人が
通訳さんを介してのチュンチュの質問「本当に(スンマン)王妃の命令か?」に対しての答えが

「ウ~、ワケワカランヤ」 (←こう聞こえました・・・)

このセリフの字幕が 《そのとおりだ》って、どこの国の言葉なんでしょう(笑)
なんか私もバイリンガルになった気分に。
翻訳されなくてもなんだか意味が通った会話になりますねえ。
その場合、この西域人さん、めっちゃシラを切ってるってことになっちゃうんですが。

なんかシリアスとギャグなんかいなっ!てのがミックスジュースで味わっちゃうようなドラマですねww
チュンチュのチェ・スギョンさんが微妙に京本/☆樹さん風味に見えちゃう今日この頃です。



続きからは拍手コメントへのお返事ですv





続きを読む
Comment:5  Trackback:0
2013
11.17

公主様の身支度には時間がかかるんですv  ※今更な追記あり…

Category: 善徳女王関連
この動画のタイトルは「ぴだむゆしんラブライン」になっとりますが、私としましては、1分半すぎたあたりの、公主様の身支度にしびれを切らしたピダムとトンマン公主様とのやり取りが大好き、好物ですv
ユシンには申し訳ないんだけど、ちょいジャマ…って思っちゃいますです(笑)




ところで、ソラコレが女王時代に突入しましたが、私、オープニングのトンマンのこの髪型もドラマの中で観たかったです。

善徳オープニングトンマン

で、こんなシーンあったっけ?って、手元に確保したものなんですが、オープニングと同じ装いのもののようです。

トンマンv

右上にある「15」のマークなんですが、リアル視聴やお隣で流されてるドラマの動画を見ると必ずと言っていいほど出てくるマークで気になってました。
「韓国ドラマヒットメーカーBOOK2」という本を読んでみましたら、韓国の地上波放送番組に義務化されている、視聴年齢制限のマークで、「15」というのは、15歳以上視聴可」という意味になるんだそうで、へえ~って初めて知りましたです。
「善徳女王」、15歳未満は保護者の判断が必要なドラマですってことになっちゃうんですが、その~、規制がけっこう厳しいそうで、戦闘シーンや血しぶきシーンなどがある時代劇はほとんどこの制限に引っかかるようですねw(笑)
ええ、善徳も戦闘シーンありますし、Pさんがハデにやっとりますからねw
放映中に何度かこのマークを挿入する義務があるそうで、2枚目の画像にこのマークがあるってことは、別バージョンのオープニングがあったかもしれないのかなあ…なんて思ってますー…。


本日チームオータム、末っ子の日ですねv(笑)



*******

【12/6付 追記】
ものすごく今更で、この追記をお読みくださる方がどんだけいらっしゃるだろうか~…なんですが、追記しますー。


☆11/19のmukugeさんのコメントから…

mukugeさんに頂いたコメントで「韓国ドラマヒットメーカーBOOK2」の本について肝心な紹介をするのを忘れてたことに気づきましたので、追記しておきます―。
この本は、2008~2009年のヒットドラマの作品を、脚本家さんや俳優さんたちのインタビューを少しですが入れつつ紹介、またヒットメーカーとして監督さんのインタビュー記事がメインの本です。
本の表紙にちっさく「善徳女王」とあって、ドラマの紹介記事、キム・グノン監督のインタビュー記事、ヨウォンさんについても、写真つきで一言ですがインタビューのページが1ページありましたvちょい残念なのは、写真は善徳女王に関係なくて、「光州5.18」の制作発表時のものなんですが…。
巻末には、韓国ドラマの歴史、エンディングのクレジットはどういう順番で何が出てるのか・・・などのコラムがあって、ちょっとした韓国ドラマのあれこれを知ることができます。


☆りばさんのところの記事とトラバしました。

りばさんのブログ「Sail Alone ~孤帆の帆走~」の「知ってるような、知らないような・・・」の記事で、お隣サイトの翻訳機越しの情報として、トンマンやチョンミョン、ユシンのオープニング別ショット画像も新たに添えてくださったうえに、別バージョンのオープニング陛下の画像はこういうことなんじゃないか~?てことを、教えてくださってます。
11/28にめでたくトラバ完了していたのに紹介が今になっちゃったんですがー(汗)、こちらの記事も併せてお読みくださいませ~。



Comment:4  Trackback:1
2013
11.15

11月13日に頂いた拍手コメントへのお返事v

Category: 拍手お返事
ハロウィンが終わったらクリスマスツリーがすぐさま飾り付けられ、イルミネーションも点灯して、街中はクリスマスモードとなっていますね~。
むかし、パン作り教室のクリスマス特別企画の体験コースに参加して、クリスマスリースを作りました。
カッチカチに乾燥させて保存次第では何年も持つものでして、まあほんとは毎年作ればいいんでしょうけど…、うちでは何年来と使いまわしています(笑)

手作りパンを食べるだけじゃなくって飾っちゃうよww!って、挑戦してみよかなって方は、丁寧なレシピを見つけましたので、こちらからどうぞw
手作りが好きな方にはなかなか楽しくていいかもv

クリスマスリースのレシピ
http://tedukuri.pal-system.co.jp/recipe/xmasbread/


年季の入ったクリスマスパンリース
クリスマスリース



続きからは、拍手コメントへのお返事ですv




続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
11.12

たまには馬医

Category: 馬医関連
一気に冷え込みましたねw今朝は今季一番の寒さということで、お布団から出づらかったです。
うちの周りはイチョウ並木で、黄色く色づいているものもあれば、まだ青々としてるきもあるんですが、心なしか急な寒さでちぢれてる感じです。
ご自身や家族の方が体調崩されていたり…を見かけますが、体調管理のむずかしい時期ですねー。
明日も同じような寒い朝だそうで、お身体の調子に気をつけてくださいませ・・・。

「大王の夢」をちょこちょこ見だしました。
緋翠さんのところの家系図などで目にしていたお名前がでてきておお!と興味深く、改革派のおじさまなアルチョン、保守派のスクルチョンの部下さんのセリフ回しのもったり感が気になったり、鬼門のヴィジュアル、花郎の郎粧やキレキレの葛文王さんに、顔の筋肉を緩ませたりしておりますー。
そんな中で、善徳から引き継がれたような、トンマンの男前な雰囲気がうれしかったりしてます。

・・・と、「大王の夢」のお話になりそうですが、馬医から人医をめざして医生となった主人公に、また試練が…!なあたりまで話が進んた「馬医」のこともたまには。
あ、いや、リアル視聴時も後半になったころ、馬医のキャラをアンパンマンのキャラに当てはめたりしてましてー、それがどした?なもんでよろしければ、続きから・・・(笑)




続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2013
11.06

11月5日に頂いた拍手コメントへのお返事v

Category: 拍手お返事
善徳女王でトンピでベストカップルで盛り上がった、ヨウォンさんとナムさん。依然わたくしたち、その熱冷めやらずv
善徳の放映終了後すぐ、同じ時期に化粧品のOHUIのCFに、ヨウォンさんとナムさんがイメージキャラクターとして出演されていたんですよね…。折角トンピで盛り上がったのに、どうしてこの二人でってことにならんかったんかいな~なお話を、ちょろっと前にりばさんとしておりました・・・。
あー…、この話題の時に言うことあったはずのことを、ようやっと思い出しました…(爆)ヨウォンさんがこのCFに出るって話題の時にミシンさんもランコムのCFキャラクターに選ばれたってことで、トンマンとミシル再び競演ってニュースがあったんですよw。ヨウォンさんとナムさんの共演ってことにならなかったのはミシルさんの計略があったのかも…なんてねえ~。

んで、私の頭ん中では無理やり感満載で共演!?ってもんでいっぱいになっちゃいました・・・。




♪♪♪~~v
ムリくり共演1

今日こそ隣にトンマンを乗せて見せる…
ムリくり共演2

!!! ピダム……突撃すぎ
ムリくり共演3

私にホレてるのか!? ……首のガードは完ぺきだな…
ムリくり共演4

ホレてます… 
ムリくり共演5

トンマン…
ムリくり共演6

触るでないっv
ムリくり共演7


・・・お粗末さんでした…しぇ~~



続きからは、拍手コメントへのお返事です~v




続きを読む
Comment:6  Trackback:0
2013
11.04

気持ち新たにv

Category: 未分類
伊勢神宮に行ってきました~。

伊勢神宮

今年は、式年遷宮の年ですよね。
伊勢神宮には3年ほど前にも行きまして、その時に今回の遷宮のための寄付を少しばかりしたんです。そしたら、外宮・内宮のお参りする場所から、柵の中のすこ~し神様に近いところでお参りすることができますよ。という券をいただきました。
ただそれには、男性はスーツ、もしくはそれに準じた服装でネクタイ着用、女性はスーツかワンピース、もしくはそれに準じた服装と、神様に失礼にならないような恰好でなければいけないんですよね…。期限はないので、次にきちんとした格好で来られた時にどうぞ…とのことだったんで、せっかくなんで、式年遷宮の年がいいねっ!てことで、その券は大事にとってあったんです。

宮司さんに御塩で清められた後に、参道の玉砂利より大きい砂利の道を歩いて、少しばかり厳かな気持ちになって参拝。
外宮は、天照大御神の御饌(食事)を司る豊受大神が祀られているところで、毎日2回、「日別朝夕大御饌祭」が行われているそうです。お参りが終わった後、社殿の裏にまわって隣にある旧の社殿を通らせてもらって帰るのですが、その途中で偶然にも、その日2度目のその儀式を終えて帰っていく宮司の姿を遠目から見ることができました。
正殿の裏にある御饌殿から宮司さんたちが戻って行かれるまでの足止めされてる間に、親切な警備員さんから、天照大御神の食事のための儀式なんだよと、教えてもらいましたv

式年遷宮に合わせて作られたせんぐう館には、奉納されている伝統工芸についての解説や、外宮の建築様式の模型などがありました。
内宮と外宮の正殿の屋根の突き出た部分は千木というものなんですが、その先の形は、内宮は地面に対して水平、外宮は垂直、金が施されて屋根の上に乗っかっている鰹木は、内宮は偶数、外宮は奇数の数と様式が少し違うのだそうです。こういうの好きな私にとってはとても興味深かったですv

お社をくぐる前には必ずおじぎ、お参り後にもおじぎ。テレビなどの影響でしょうか…、以前来た時にはそんなことしたっけねぇ…?というか、それが本来のお参りの作法だということなんですが、皆さんきちんとされていたのが印象に残りました。私も見習ってきちんとやってきましたv

1泊して、外宮、内宮、別宮、おはらい町におかげ横丁・・・と、かなり歩きまわりましたー。
内宮の参道は結構長いですし、玉砂利を歩くのって、普通の道を歩くのと違ってかなり体力を必要とするんですねー。



チームオータムの日、私(笑)。
健康な私ですが、かなりヘロヘロになっちゃって、なんとか当日に間に合う形で記事更新できるかな…と思っていたら、あらあら…、すでにお祝いのお言葉を頂いちゃっております…。ありがとうございますv
お伊勢さんが新たな20年をお迎えしたように、私も本日、新たな1年のスタートをきることができましたv
こうして皆さんがお声を聞かせてくださるおかげで、楽しくさせてもらってます~。
これからもよろしくお願いしますv
そして、あきさん、私も行ってきましたよwと報告したかったわ~…。


Comment:4  Trackback:0
2013
11.01

10月30日に頂いた拍手コメントへのお返事v

Category: 拍手お返事
ハロウィンでしたねw
トリックオアトリート!でお菓子ってはずなんですが、北海道旅行申し込んだ時に、もれなくプレゼントしますvと言われていた、北海DOのじゃがいもが1箱届きました。
おすそ分けしてもまだ立派なおいもさんがごろごろとしとります。
しばらくはポテティン祭りが続く予定。ほくほくのおいもさん太り決定の秋でございます。


続きからは、拍手コメントへのお返事ですv




続きを読む
Comment:8  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。