--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.28

キーワードは25年

Category: LYW映画
観に行ってきましたよ~!K-movieフェスティバル。

一番見たい作品は、ヨウォンさんが出演されている「フィスト・オブ・レジェンド」でしたが、せっかくの機会なので、興味を持っていた他の2作品、一つは「フィスト…」と同じ日だった「ダンシング・クイーン」、もう一つは、名作カテゴリの「サニー 永遠の仲間たち」も見ちゃいましたw

感想は・・・、よかった。観に行ってよかったあ~~!ってすっごく思いましたv
あ、ちょい残念に思ったのは、このフェスティバルのパンフレットが作成されてなかったことです。
それぞれの作品のあらすじとキャスト・監督スタッフ紹介といった簡単なもんでいいからあったらよかったのにー。(いや記事書くのに俳優さんのお名前を調べなくちゃいけなくって・・・)



以下はネタバレつき鑑賞記録な私の感想です。




続きを読む
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
10.22

モデルはマリクレで

Category: YW画像
2014春夏コレクションに招待されたTOD'Sのモデルは、marie claireのグラビアでされてたんですね!


マリクレHPはこちら。
http://www.marieclairekorea.com/user/celebrity/hotinterview/view.asp?mIdx=8274&page=1&SearchField=title&SearchWorld;

マリクレ11


お素敵ヨウォンさんを続きからどうぞww




続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2013
10.18

黄昏に綺麗

Category: YW画像
映画祭ではないですが、17日午後、ソウル瑞草区蚕院洞のプラディアで行われたWkoreaが主催する、第8回乳がん啓発キャンペーン「LOVE YOUR W 」に参加されて、レッドカーペットを歩くヨウォンさんですv
昨年は確か出席されてなかったと思うんですが、ヨウォンさんの出席率高いイベントです。





続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2013
10.12

善徳秋便り

Category: 善徳女王関連
善徳の秋(っぽい)を集めてみました~…


☆☆実りの秋

《51話より》
「女王陛下万歳!」
民政に尽くした成果を肌で感じる、民たちの生き生きとした顔を見る陛下が可愛いw
実りの秋2実りの秋3


☆☆スポーツの秋

《9話より》
♢個人競技♢
「弓は得意なんです!」
ド真ん中に命中!!おわっ!やったーvなこの笑顔がいいvv
笑顔にも郎徒時代、公主時代、女王時代とあるように思いますv
スポーツの秋1スポーツの秋2スポーツの秋4

♢団体競技♢
「円陣」「前中陣」「右三角」「左三角」
息を合わせた防御体勢の修練。いやほんとに重そうっす・・・
スポーツの秋5スポーツの秋6

♢持久走♢
米俵担いで山越え大会。最後方のトンマン、がんばってま~すv
スポーツの秋8スポーツの秋7


☆☆食欲の秋

《12話より》
ミシル主催の速含城奪還祝勝会。
ミシルママンの祝辞中にフライングでお菓子つまみ食いのハジョン。辛党のようですがお菓子も好き?
食欲の秋4

《13話より》
十花郎の一員となった龍華香徒の面々が食堂で食べるシーン。
お酒やお茶を飲むシーンはあれど、案外食べるシーンは少ない…。
食欲の秋2

《21話より》
「肉を食わなきゃ力が出ない」
ワイルドに食ってるぜぃ!!
もっと韓国…37の相関図に、なにげに蒸し鶏が好物vってあります(笑)37話では華麗な足技でシメた鳥を丸焼きにしとりますが、蒸し鶏が一番なんでしょうかねえ?
食欲の秋5

《51話予告より》
ユシン軍大勝の祝勝会。
何故トンマン主催の祝勝会は予告だけ(本編カット)なのか…パート1
食欲の秋3

《58話予告より》
「3人が必要だ!」
何故トンマン主催の祝勝会は予告だけ(本編カット)なのか…パート2
食欲の秋1


☆☆読書(勉学)の秋

《9話より》
「ばかにされたくない…」
得意分野を伸ばすべく寝る間を惜しむ
勉学の秋4勉学の秋5勉学の秋6

《13話より》
「ムンノの直筆の書?」
父かもしれないムンノの直筆日記に喰い付くトンマン。「斯多含の梅花」の記述は、パラパラしたページそれぞれにちゃんと書かれているんですね!
読書の秋2読書の秋3

《16話より》
幼い頃、ボロボロになるまで読み込んだローマ語本をミシルに読み聞かせることになろうとは…
「民の声を聴く時間のなかった王は、結局暴君となり、王座を守る時間も得られなかった」
ここでの問答も、王を目指すことになり、ミシルを超えるなにかを見いだす糧となっているんですよね、きっと。
(この時には自分の正体とソファの死の原因を知りたかっただけですが)
読書の秋1読書の秋2

《30話より》
民から徴収した租税の流れについて勉強中。
現状を整理して、民の一人一人が豊かになるような施策として、税収改革案に繋がっていったんですね。
勉学の秋1勉学の秋2

《39話より》
書庫が公主部屋がわり、本が枕がわり。
勉学の秋3

《58話より》
「やはり、おやすみでなかった…」トンマン
予想に反しておやすみだったら、そのままUターンしてたんでしょ~か、トンマンのかわいい寝顔を見て帰るくらいのことはしたんかな~…ピダム。
読書の秋7

☆芸術の秋

《14話より》
「俺はやはり天才だ」
コソ泥時代の腕は落ちちゃあいねえ!とっておきの技、合鍵つくりの名人チュクパン。
その気になればチャン大人に夜這いをかけられます…。
芸術の秋1芸術の秋2

《28話より》
瞻星台のデザインの草案はトンマンなんですよねw
芸術の秋2芸術の秋3


チームオータムの日なので。…と今回はちょこっと囁き女将になってみるv


Comment:6  Trackback:0
2013
10.05

姿が見えなくて・・・

Category: 未分類
素敵なお姿が見られるんでは…?って思ってたんですがー…、10/2のコリアドラマアワード2013で、ヨウォンさんのお姿はなかった模様です~、残念。
でも、昨年の今頃から約1年、ほとんどお休みなくドラマや映画のお仕事をたて続けにされていたんで、このあたりでようやくゆっくりと休養されてるのかもしれないですねww

てことで、お綺麗な姿をご紹介するはずが、お幸せそうなレッドカーペットのヤロ~3連発となっちゃいましたw


☆コリアドラマアワード2013に出席された方々の中で見つけたミセン@チョン・ウンインさん。
SBSドラマ「君の声が聞こえる」が5冠を獲ったそうで。このドラマで悪役を演じられて、みごと最優秀男優賞を受賞されたそうですー。おめでとうございます♪

ええ笑顔ですなvミセンさん!うぇ~っへへvなお顔が懐かしいっす・・・。
コリアドラマアワード1


翌日の10/3(木)には、第18回釜山国際映画祭(BIFF)が開催されたそうです~。
こちらでもヨウォンさんのお姿はなかった模様…。


☆映画「トップスター」の共演者たちとレッドカーペットを歩くユシン@オム・テウンさん。
新米パパのオムさん、娘さんはオムさん似でデレデレだそうですねw
あ、若ユシンのイ・ヒョヌさんも出席されたそうです~。

モヒカンで決めております・・・ユシン
2013BIFF-1


☆お久しぶりにみるわwと思ったら、女優さんみたいにお綺麗な奥さん(たぶんw)をエスコートなソっちゃん@ホン・ギョンインさん。
爽やかな笑顔だな~vお似合いじゃないかwやるなコノwwな1枚。

エスコート姿がなかなか決まってますな!ソっちゃん。お靴は若干底上げ気味でしょ~か(ついチェックしちゃう…すまぬ)
2013BIFF



Comment:0  Trackback:0
2013
10.03

クァンシクの弟クァンテ

Category: LYW映画
クァンシクの弟クァンテ

「クァンシクの弟クァンテ」

《あらすじ》
全く違うスタイルを持った二人の兄弟の恋愛談を通して,女が知らない男の真心や陰険な心など,男の本心を描いたロマンチック・コメディー

好きな女性の前で一度も告白したことがなく,ライバルが登場すれば,平和のために隠れてしまう「恋愛界の平和維持軍」クァンシク。7年前の大学時代,いつものように告白さえできずに終わってしまった悲運の片思いユンギョンを世紀が変わった今でも忘れないまま,写真館を経営して暮らしている。
しかし,友人ミョンチャンの結婚式でユンギョンと再会して,自分の名前と学番まではっきり記憶している彼女の前でクァンシクは身の置き所がわからない。そんなクァンシクに,ユンギョンは,気乗りする時,いつか一度遊びに行くという妙な話だけ残して行ってしまう。また,どきどきし始めるクァンシクの心臓。

兄より7歳も若いけど,会った女の数は,数十倍多い弟のクァンテ。彼は,女性と寝る時,胸の内を上衣ポケットに入れておく。「知り合いの女は触らない」など,それなりの鉄則を持っている「可愛い浮気者」で,人生と恋愛において自分だけのフリースタイルを守る自由主義者だ。スマートな女性に対する陰険な心をいっぱい抱いて参加したマラソン大会で,セクシー女キョンジェのホットなボディーラインに刺されたクァンテ。何日か後に,キョンジェと偶然に再会して,天が与えた2回目の機会をのがすわけがないクァンテは,彼女と熱くクールな恋愛を始める。



ただいまGyao!の「映画」カテゴリで、10/2(水)~11/1(金)まで配信されておりま~す。


ヨウォンさんは、クァンシクがずーっと思い続けている女性ユンギョン役で、彼女も実はクァンシクのことをずっと好きで、ホッチキスの芯に意味深な想いをこめて、彼からの行動を待っているような女性を演じてます。
なんて豪華なんだ!て思うバレンタインデーチョコを持ってきたり、私もあなたがずっと好きだったのよアピールはしてるんですけどね、運命のいたずらが働いております~。出演分量少ないんですが、縁やタイミングやらってもんが作用する女心の複雑さをみせてくれます。
2005年の作品で、ヨウォンさんのお顔の肉付きがほっそりしてますねw個人的には今のふっくらされてるほうが好きです。実際よりもまる~く見えるのがご本人は気にしていらっしゃるようなんですが。
結婚式のお呼ばれ衣装は、バッグを替えればリクルートスーツになりそうなくらい地味すぎて、もうちょっとかわいい恰好をさせてくれ~って個人的に思っちゃいましたねw。


クァンシクは「武神」のキム・ジュン役で知ったキム・ジョヒョクさん。
タイトルからだと、両極端な恋愛観の兄弟のラブストーリーとは思わなかったですし、最初はクァンシクの恋、次にクァンテの恋、兄弟の時間が合わさって二人の恋の行く末とそれぞれの成長と、3つに分けて描かれている構成となっていて、セリフと喫茶店の名前がリンクしてたり、派手な笑いを誘うものではないですが、なかなかどうして、気楽な感じで楽しめた映画でしたw

あんまりネタバレしても…って思うんで、興味のある方、ご覧になってみてくださいませw




Comment:1  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。