--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.30

ミラノの目の保養

Category: YW画像
mukugeさんの秋休みのダイジェスト記事に、隣国で紹介されている日本の動物の絵が、なぜかかわいい招き猫でめっちゃウケた!ってのがありまして、はて、日本をイメージする動物を一番にあげるとしたら、なんだろうな、鶴?う~む、何やろう?って思っとりました。そしたら昨日の29日は、招き猫の日だっていうじゃありませんか…、思わず投稿されてるネコさんたちの画像や動画を見ながら萌えふやけとりましたw
なんか癒されましたわあ~v

そして今日はミラノ情報第二弾ということで、広告撮影などのお仕事の日程をすべて終えられたヨウォンさんが、ミラノでの休暇を楽しむ様子が公開されとりました~。





続きを読む
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2013
09.25

ミラノで秋夕を

Category: YW画像
旧暦8月15日は、韓国では「秋夕(チュソク)」といって旧正月に並んで重要な名節。その前後2日を合わせて3日間はお休みになるんだそうです。

今年は9月19日にあたり、18日にミラノに向かって出国したヨウォンさんは、秋夕はミラノで過ごすことになったんですねw
TOD'Sの2014春夏コレクション参加や広告の撮影を兼ねてとのことですが、お仕事の合間には、ミラノ観光でリラックス~。気持ちよさげですねw

ミラノ1



続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2013
09.20

トンマンには花束だけど…

Category: 未分類
昨日のまんまるな十五夜は、トンマンと一緒に眺めたんかしら…、このお方は。



普段はトンマン以外の人間にゃ、てんで興味のない黒い人ですが、めずらしいことに好物のチキンをくれるそうですわ~~。
ええ、でも、わあ、めったにないこったとして、調子に乗ってあ~んvなんてしたら、串がぶっささると思われるので、お気をつけあそばせ・・・v

ほら…食え!


続きを読む
Comment:5  Trackback:0
2013
09.18

空港ファッション第2弾

Category: YW画像
空港ファッション第2弾…。なんてカッコイイんだww!

空港5

【[TVレポート=ムンスジ記者]俳優イ·ヨウォンが18日午前、イタリアの高級ブランド "トッズ(TOD'S)S / S 2014ミランの女性のコレクションに参加するため、仁川国際空港を通じて出国した。
この日出国したイ·ヨウォンはストライプのシャツとジーンズをマッチした快適なファッションを披露した。特に運動靴の靴に靴だけ変えても全く別のスタイルで消化して女神の美貌を誇り旅行者たちの耳目を集中させる姿だった。
イ·ヨウォンは、 "トッズ(TOD'S)ミラン女性のコレクションクリエイティブディレクターアレッサンドラパキティがリリースする最初のコレクションであり、トッズブランドの最初のキャットウォークに参加する予定だ。】
http://www.tvreport.co.kr/cindex.php?c=news&m=newsview&idx=395947

キャットウォークってことは、TOD’Sのコレクションの、しかもオープニングにランウェイされるってことですよね?(ちょっとカッコいい言葉使ってみた…、使い方あっとんのか)
うわおぉw・・・、その様子、ぜひ見たいなあ!!

空港に着いたときww(551のアイスキャンデー調)

シューズから・・・
空港8空港11


出発ロビーに向かうときww(551…)

ピンヒールにお履き替えw
空港23
空港27
空港33
空港3
空港12
空港4
空港28
空港22
空港29
空港30
空港32
空港34
空港35
空港7
空港21
空港18


最後はおもろいちゅ~顔ww
空港15


Comment:1  Trackback:0
2013
09.16

Kームービーフェスティバル

Category: LYW映画
K-ムービーフェスティバル-1
K-ムービーフェスティバル-2

東京の人はうらやましいねえ~とりばさんに言われ、情報ありがたやwと、まずはローマンガラス演奏の調律にはせ参じなきゃいけないかしら・・・なんて思った「K-movie Festival」の公式ページが出来ておりました。

http://k-moviefes.jp/festival/

上映作品の紹介やタイムスケジュールが確認できるようになっていますので、興味のある方はご確認くださいませ~。

ええありがたいことに、ヨウォンさんが出演された「フィスト・オブ・レジェンド(旧題:伝説の拳)」をスクリーンで見られそうです。私的には「フィスト~」なんて横文字となったタイトルよりも、「伝説のげんこつ」と翻訳されてた「伝説の拳」のほうが、親しみを感じていたんですが~(笑)
平日の午前中の上映がほとんどなんですが、今からわかっていれば何とか頑張って行ってみようかな!って思っていますv

この作品は、ヨウォンさんが、まだ台本などが出来上がっていない時から、監督に演じたいと望んだものだということで、男勝りなテレビ局PDの姿に興味芯々です。それと出番が増えたらしいミセンさん(違)、チョン・ウンインさんの悪役(?)ぷりも楽しみですvええ、観た暁にはまともじゃないお顔を拝むことになろうとも…。

コリアンシネマウィーク2013


コリアンムービーつながりでは、東京国際映画祭の提携企画として、2001年から今年で13年目という、「コリアン・シネマ・ウィーク 2013」が、10/18(金)~10/22(火)に開催されます。

こちらもHPに上映作品6作と、上映スケジュールが上がっていましたので、ご紹介します。このイベントは観覧無料なのですが、事前申し込みが必要なので、HPより確認されますよう・・・。

http://www.koreanculture.jp/info_news_view.php?number=3059

お隣の映画作品、監督や出演されてる俳優さんて、まったく詳しくないのでわからんのですが、なかなか渋い名作が隠れているのでしょうか・・・。このイベントの2012年開催時に上映された「サニー永遠の仲間たち」という映画は、今回の「K-movie Festival」でも上映される作品にもラインナップされていて、ちょいと気になる作品…。で、あれ?私の数少ない見知ったお顔だなと思ってたら、チャミョンゴのモ・ヤンヘ夫人が出ていらっしゃるようです!
このイベントは、韓国映画の女性監督特集として開催された2011年の時には、「テンジャン」のイ・ソグン監督が来日されて上映されていたようなんですよね・・・。ちょうど2年前のことで、今みたいに機会があるんなら観よう!てな行動につながったかどうかは微妙ですが、今となっては大画面で見られる機会があったんだなーなんて残念に思うのであります・・・。


食欲の秋に走りがち…、いえ一年中食い意地はっとるんですがー、芸術の秋も忘れちゃあいけないわ・・・てことで、ドラマもいいけど映画もね!情報でした~。


Comment:1  Trackback:0
2013
09.11

黄金の帝国視聴11

Category: 黄金の帝国
経営経済の話、裏切りに裏切り…といった小難しかったり、重苦しくなる話に、この回あたりから、テジュとソルソンベ(ソルヒ)のラブラインが出てまいりました…。「黄金の帝国」のOSTが続々と発表されているようなんですが、ソユンとテジュの避けることのできない運命の愛とやらをテーマに作られたという「in my dream」という曲をはじめOSTの曲は、テジュとソルソンベのラブラインの場面を盛り上げるようによく使われているような気がしますな。

1話の冒頭に出てきた結婚式の場面が14話に再び登場するのですが、そこに繋がっていくそれぞれの背景が、12話がソユンなら、13話はテジュをメインに綴られているようです。

続きからは、好きなワッフルを焼く時間も削られれていくような、苦杯を空にしていくソユンメインの12話のあらすじです。
ネタバレしておりますww





続きを読む
Comment:7  Trackback:0
2013
09.07

皇竜寺「九重木塔」リボーン

Category: 善徳女王関連
世界遺産に登録された富士山を縮小したお菓子があったり、
富士山

車の宣伝では歴史人物のリボーンってのがありますが…、

皇龍寺の九重木塔が10分の1の大きさとなって、皇龍寺跡地に復元するんだそうです。

九重木塔

【新羅善徳女王と建設されたが、高麗時代、モンゴルの侵入に燃えてしまったレース黄竜寺(皇龙寺)9チュンモクタプの高さは79.2mか67mか。皇龍寺9チュンモクタプ復元事業が本軌道に上がって線のうちトップの規模をめぐり議論が高まっている。既存の学界ではトップの高さが79.2mと推定しているが、最近復元事業責任者などを中心に67m説が強く提起されているからである。国立文化財研究所と慶尚北道、慶州市などによると、2006年から2035年までの30年間千年古都慶州を象徴する黄竜寺を慶州市グファンドン黄竜寺か復元する。特に善徳女王15年(646年)建立されたが高麗高宗25年(1238年)、モンゴルの侵入に皇龍寺全体と一緒に消失した9チュンモクタプ復元は、国内文化財復元事業史上記念碑的な仕事挙げられる。

新羅最大の寺だった皇龍寺に建てられたこの9チュンモクタプの規模はどの程度だろうか。現在皇龍寺地は塔の基礎になった64個の礎石が残っている。問題は、 " 三国遺事 "に黄竜寺9チュンモクタプの高さが'225チャック(尺)"とだけされているだけで、他の記録が全くないという点だ。学界によると、皇龍寺9チュンモクタプの高さを推定することができる根拠は、このよう当時使用した測定ツールのふり(尺)にかかっている。1隻が35.2㎝の検討隻(高丽尺)を基準にする場合79.2m、1隻が29.8㎝である当代隻(唐大尺)を基準にすると67mになる。、1970年代皇龍寺発掘調査団長だったキム·ドンヒョン( 77)前国立文化財研究所長は"三国時代には新羅と百済、日本まで考慮隻をたくさん使った"とし、 "これに伴い、皇龍寺発掘当時の数値をすべて換算、9チュンモクタプの高さを79.2mと推定したもので、すでに論文などを介して学界の定説になった"と話した。しかし、復元事業を担当しているベビョンソン(53)国立文化財研究所皇龍寺復元研究事業団長はこれに反発した。船団長は24日、 "考慮隻に皇龍寺9チュンモクタプを解釈する場合、雨水が基壇の上落ちるしかない構造になるなどの問題が多いが、当代隻で換算した場合サリハムなど遺構も適しており、妥当性が高い"と話した。倍団長はまた、 "国宝11号の全北益山(イクサン)の彌勒寺址石塔も当初検討チャックを使用したものと推定されたが、最近"当事務所チャック(唐小尺) "と呼ばれる1隻25㎝の"南朝尺(南朝尺) "が使用されたことが既成事実化されるなど、三国時代にあたり尺度使われた跡がある"とし、"黄竜寺9チュンモクタプ復元の最終案を決定する前に79.2m説に従うことは明白な誤り"と主張した。国立文化財研究所などは、昨年まで皇龍寺9チュンモクタプ復元のための学術大会と基礎研究などを通じて総合計画を立て、今年から深化研究などを通じ、2017年に復元案を最終確定する計画だ。これに伴い、トップ円形の考証が必要だが、にもかかわらず、文化財庁と慶州市から黄竜寺9チュンモクタプ10分の1模型の製作を依頼された韓国伝統文化大側は2011年8月79.2m説を基準に復元案を確定した後、現在9階のうち2階まで(高さ1.4m)製作を終えた。韓国伝統のドア和代ジャンホンドク(59 ㆍ伝統建築)教授チームは、2010年3月から木塔20分の1模型5つの断面に作成し、その中キム·ドンヒョン前文化財研究所長のモデルを復元中に確定した。来年上半期7.92mの高さで完成され、木塔のモデルは、早ければ3月に皇龍寺の隣の敷地に着工され、来年末に完成する"皇龍寺研究センター"のショールームで一般に披露する予定だが、未確定なら公開に伴う副作用を懸念する声も少なくない。また慶州世界文化エキスポ組織委員会は、2007年8月慶州普門団地のXのパッケージに皇龍寺9チュンモクタプをモデルに82mの高さの彫り込み"レースタワー"を建設した。ベビョンソン団長は"皇龍寺9チュンモクタプ復元事業は、すべての可能性を開いて考証と深化研究、討論などを経て慎重に決定されなければならない"と述べた。キム·ドンヒョン前文化財研究所長も"文化財界の発展のために新しい学説と論争を歓迎する"との立場だ。】
〈http://news.hankooki.com/lpage/society/201302/h2013022421120621950.htm〉


復元には当時の資料が残ってないために、作業が進められている中でも高さ議論があったりして、数年にわたる大変な作業のようです。
専門の建築家などの技術に基づく想像が、復元には大半を占めるのかもしれないですね…。

それでも復元できたそのときは、善徳女王ゆかりの、瞻星台(チョムソンデ)、芬皇寺(プヌァンサ)に九重木塔が揃うことになるんですね~。身軽になった九重木塔、九チュ子が、夜な夜な雁鴨池を挟んで行われているという、チョム子とプヌァ美の女子会に、「私、リボーンしたの!」って、二人の前に軽快に走り回ったりして現れるに違いない…。
待っててね!ってか、陛下とピダム話はできるんやろかwwですが、相手してやってね…、チョム子、プヌァ美~~v


Comment:2  Trackback:1
2013
09.05

アイメイクの秘密

Category: YW画像
おとといの3日午後、ソウル瑞草区盤浦洞JWマリオットホテルソウルで開かれた、イタリアンクラシックを標榜するトッズグループの衣料品ブランドFAYの "2013-14 Autumn / Winterコレクションに参加されたヨウォンさんv

fay2
目元が印象的なメイク。


fay1
fay4fay10fay9
fay8fay7fay6


この日は、サンローランのイベント参加時に撮られた、SBSのスタービューティショーシーズン3という番組の放送がありました。





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
09.04

黄金の帝国視聴10

Category: 黄金の帝国
契約時にハンコを使用するのは、日本と韓国だけだそうです。ハンコは偽造されやすいからという理由で、サインをするのが一般的な外国の人にとっては、ハンコはお土産になると買っていくんだってのを、テレビで見たように思います。
今回の黄金の帝国のなかでも、契約書にソユンがサインをする場面や、ミンジェが同意書にハンコを押す場面があります。

11-16t契約のはんこ


善徳女王で神国の王の印である玉璽は、この黄金の亀さん。
真興王の勅書、ソヒョン・マンミョン一家の身分回復、トンマンの逮捕命令の書に王の印は使われてますが、トンマンの時代になると、ユシンへの密書には、「聖祖皇姑」、チュンチュへの勅書には、トンマンを示すサイン(?)になっていて、玉璽が押されていないんですよね。
タクラマカン砂漠の外国育ちのトンマンは、玉璽よりもサイン派だったんでしょうかねw。

玉璽
ソファが守ろうとした玉璽。

勅書1
勅書2密書
「聖祖皇姑」の称号は、密書のなかに使われていたんですねえ…。Gyao!のKNTV版をみて気づきました。トンマンが即位後に国人から贈られたという「聖祖皇姑」のエピソードなど女王時代にあってもよかったなあー。



続きからは、「黄金の帝国」第11話のソユンメインのあらすじです。ネタバレしてます~。





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。