--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.27

眼の保養v

Category: 黄金の帝国
そういえば、ジューンブライドのシーズンでしたわ。
そんなシーズンに相応しき花嫁姿の公開ww

ソユンはテジュと秘密の結婚式を挙げるんだそうです。
t1
t2

ソユンは、「血の匂いが染み付いているグループを離れ、平凡で素朴な生活を夢見る人物」としてはじめは登場するようですねー。ですが、お兄さんに代わってグループ経営に携わり、内面に秘めていた欲望をしだいに表に出していき・・・、夫のテジュ、従兄のチェミンジェと財閥一族の王の座を巡る対決に参戦していくようです。
夢見た平凡で素朴な生活が壊れて行く(?)過程、内に秘めた欲望がソユンの中からだんだんあらわになっていく過程、血族との確執、裏切り、結託・・・、ソユンさんの変貌っぷりは、どのように表現されていくんでしょう。ぜひとも濃密に描いてほしいと思います。
あ、なんかぞくぞくってしますねw


全身の姿がわからんのですが、ヨウォンさんの綺麗な体のラインに沿ったシンプルでエレガントクラシックなウェディングドレスのようです。
ソユンさんの、清楚で美しき花嫁の横顔・・・
今日はちょっとお天気が回復、溜まった洗濯もん以外に目と心を洗ってくださいませv

t3
t4
t5
t6


・・・純白ドレスの麗人を堪能された後は、やっぱこの二人をv






続きを読む
スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2013
06.25

微笑みの制作発表会

Category: 黄金の帝国
『黄金の帝国』の制作発表が本日14時から行われましたーv

☆まずは記事から。

アジアトゥデイオナムフイ記者=俳優イ·ヨウォンがSBSの新しい月火ドラマ'黄金の帝国'に臨む所感を明らかにした。イ·ヨウォンは25日午後、ソウル木洞SBS社屋で開かれた'黄金の帝国'製作発表会で"昨年ドラマ'追跡者'を見ながらドラマがコリコリとした充実しているという感じを受けた。'追跡者'のパク·ギョンス作家とゾナムグックPDが意気投合した'黄金の帝国'の台本を見てもそのような感じを受けて出演を決めた"と話した。引き続き"パク·ギョンス作家がセリフをよく使うようだ。だから、俳優たちの演技も良くなるようだ。このような雰囲気に合わせて熱心にするべきという気がする"と付け加えた。イ·ヨウォ ンは、劇中の金の帝国 を守ってこそのソンジングループチェドンソン(パク·グニョン)会長の次女チェソユン役を演じる。彼は"財閥2世みなかったキャラクターと魅力を感じた。私の中の欲望を引き出し、最終的には、この女性も主人公ジャンテジュ(コ·ス)と同じ欲望を前面に出したキャラクターになる。成長の物語含まれており、魅力的に近づいてきた私が持っている欠点を破ってみたい気持ちもあった"と説明した。続いて、 "現場の雰囲気がすぐに戻るので、現場で感じる前にOKサインが出る場合もある。ドラマ自体も人物間の駆け引きが多い俳優たちと演技しながらもそんな感じをたくさん受ける。"精神を引き締めなければならない'という考えをして演技に臨んでいる"と付け加えた。一方、 "黄金の帝国'は1990年代初め以来、20余年に及ぶ韓国経済激動期にした財閥家の家族の間で繰り広げられる熾烈な権力争いと財力争奪戦を描いた家族の政治劇である。昨年ウェルメイドドラマで多くの愛を受けた'追跡者'のパク·ギョンス作家とゾナムグックPDが意気投合した。来る7月1日の夜10時放送される。
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=830833

これまでの自分の殻を、チェ・ソユンのキャラとともに、成長し破っていけたら…という気持ちを持って今作品に臨まれているようです…。



☆キャスト揃ってのお写真
gold1
gold2

☆ソユン・テジュカップル
gold3
gold4

☆両手にだんご
gold5
gold6

☆ソユン@ヨウォンさんv
アイラインがしっかり入って落ち着いた大人っぽい雰囲気です。
カメラの光具合で全体的に白っぽく映ったりしますが、白のワンピースに水色のセパレートしたものを巻いているんでしょうか…。ジッパー付きのふんわりとしたシースルーの白のブラウス(?)がとてもやわらかな女性らしさを出してるって感じで、今日の会見では、いつもと違って大人な穏やかな微笑みをたたえてらっしゃった姿が印象的でしたv
これまでの違うヨウォンさんが見られるような…そんな期待が高まる色気が漂っとりましたww
gold7
制作発表9
gold9
gold10
gold12
gold13
制作発表5
gold11


続きより、制作発表会の動画です・・・。





続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2013
06.24

誰が黄金のマスターになるのか…

Category: 黄金の帝国
누가 황금의 주인이 될까요..?
또, 누가 황금의 노예가 될까요..?
《誰が黄金の帝国の支配者となるのか?誰が、金の奴隷になるのか・・・?》

「黄金の帝国」のティーザーポスターに引き続いて、公式ポスターが公開されました。

あっちむいてホイホイホイ・・・。
各々が見ているものは何か。
それぞれが進む道の先に待っているのは…?…な、ポスターのようです。
公式p1

美しきななめ視線ビーム。
公式p2




続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
06.20

観たかった王トンマンw

Category: 善徳女王関連
私、善徳女王のDVDを何度となく観ているんですが、このドラマの番宣を見逃していたまんまでした。
いつか、どこかでその映像を見ることができたら、私はこのトンマンを自分でゲットしたいと思っていたんですよね~。

番宣3

そしたら…わ~い♪出来ましたv





続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2013
06.19

つべ担当で~すv

Category: 黄金の帝国
あ・・・つべ担当仰せつかりましたんで…(笑)取り急ぎUPされてましたもんをv

ポスター撮りの様子のものだそうで・・・。

お綺麗です…が、うむ、白ワンピ以外も見たい・・・
アクセサリーはやっぱりごついんですね。

オマケ的に和やかなお三方が見られますぜv

ついでに予告編第二弾もほり込んどきま~す♪

ええ、何をお話になってるのか・・・はさっぱりで。お分かりになる方、待ってますー(人さまに頼りっきりw)











Comment:2  Trackback:0
2013
06.17

内に秘めたるは…何ぞや

Category: 黄金の帝国
『黄金の帝国』のポスターが出来上がったそうな。
でも相変わらずソユン@ヨウォンさん情報に、目新しいもんがありませんなあ…。
ないことが良きように作用することを望むばかり。

ソユンさんのポスターは続きからv




続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2013
06.13

耐え抜いた

Category: 善徳女王関連
今日で、Gyao!の善徳女王の配信が終了しますねえ・・・。ああ名残惜しいという気持ちでいっぱいでございます。んでここんとこの雨降りの湿りっ気たっぷりの天気と同様、私もなんとのう湿りっ気を帯びております。んんむ、あかんなあ・・・。

「すべてを手にしたようで 実は何も手にできない」

至上の地位である英雄、王の座に就いたものにしか言えぬ言葉なのかもしれないんですね。
英雄を夢見た子よ。その座を手にした。
その座はただの歴史の駒にすぎないもののようで実に乾いたものだった・・・。

「それでも耐えるのよ」

たとえそうであっても、誰もがその地位を手にすることができるわけではない。
そう簡単なものではない。
手にするまでには数え切れぬほど、耐えられぬほどの苦しみを味わう。手にしたとて、数え切れぬほど、耐えられぬほどの苦しみを喜び以上に味わうだろう。
けれども、英雄を夢見た子はその地位を手にし、新たな夢に向かって歩むことができたのだ。
後悔はない。
だから耐え抜くのよ、トンマン。

耐えて歩み切った。
だからまた、私の夢であった希望に向かい歩く。

行き先(指先)はハート
指先のハート


これ以外の希望はありませぬ。


今日はトンマンを通り過ぎていった一人、最愛の母、ソファ@ソ・ヨンヒさんのお誕生日です。
善徳女王の代が終わり、トンマンの生涯が閉じた回、Gyao配信が終わる日と、奇遇にも重なりましたー。
おめでとうございますー。
ソファさん、現世界では、トンマン@ヨウォンさんより、2か月ほど年下さんなんですよね。
そして、実生活では2011年5月に一般人の方とご結婚されたとのこと。お隣の芸能人の結婚式は、オープンにされることが多いように思いますが、お相手の方が一般の方だからでしょうか、非公開で親族だけというこじんまりと質素に結婚式を挙げられたようです。こちらも、遅まきながらおめでとうございます♪

おバカで間抜けなソファ、宮殿で真平王、マヤ皇后に仕えていただけであったならば、ただのおバカなソファのままで生涯を終えていたんでしょうかね。トンマンを守りきると心に決めたその時から、弱いようでいてなかなかにしぶとく、やさしく、たくましく、強いソファに生まれ変わっていき、トンマンの母として成長を遂げていった人でした。トンマンを育て守ってくれてありがとう。

あの世ではソファはチルスクに仕え、チルスクもソファに仕える・・・そうであればいいと思います。
ソファ&チルスク1
ソファ&チルスク




てことで、続きからは、なかなかナイスバディなヨンヒさんのお写真いくつか・・。





続きを読む
Comment:10  Trackback:0
2013
06.11

馬医特別放送と黄金の帝国予告

Category: 馬医関連
『馬医』国営放送のBSプレミアムで7月7日から放送が始まりますねw
先程そのホームページを見て観ましたら、6月30日(日)午後9:00~9:45に放送開始直前特別番組が放映される予定だそうですー。

内容は・・・
☆監督が特にこだわった治療シーンの裏話
☆ドラマ初出演のチョ・スンウをはじめとした豪華キャスト陣のインタビュー、メイキングシーン
☆イ・ビョンフン監督と『太陽を抱く月』のキム・ドフン監督のスペシャル対談

番組のHPで、1話のあらすじや、ドラマに出てくる用語解説などがあったりしてるようなんで、こちらから詳しい情報をどうぞw

番組HP
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/bai/

善徳女王がBSフジで始まるときにも、ちょこっとヨウォンさんのインタビュー(と、オムさんも)の事前の特別放送があったんですよね…確か。私は当時見逃してたんですよw。けど、動画を見つけましたv
ヨウォンさんの日本語と最後プツッて切れちゃいますが…(笑)、照れた感じの笑顔がカワユイ・・・「馬医」の特別放送でも、こんな感じの笑顔が見られたら良いっすなあ・・・(密かにわずかな希望)。



続きからは、7月1日からSBSで始まる『黄金の帝国』の予告動画ですー。
ヨウォンさんが新境地を開くことになるような作品になるのかしら・・・!?こちらの番組、とてもとっても楽しみでございますw

番組のHPもプレオープンしていますねw
http://tv.sbs.co.kr/sbsgold/

こちらもオープンしたての時と、表紙の画像がリニューアルされてました!
現場画像がちょいちょいと更新されているんですが、ヨウォンさんのはまだないんですよねw残念ながら。
ヨウォンさんの初登場場面がどんななのか・・・、めっちゃワクワクしとるところですv

黄金の帝国1

黄金の帝国2






続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2013
06.05

タメ口トンマン

Category: 善徳女王関連
58話。ピダムのとんとんの少し前のやりとりで、トンマンはピダムに「タメ口で話すのはいやなのか…」
Gyao配信のKNTV版の字幕ではこんなふうにピダムに言います。
「タメ口」っていう字幕に二人だけとはいえ、いきなりくだけましたなあ・・・と思いましたが、私はこの時のトンマンのピダムへのやわらかい表情が好きです。

ピダムとようやく想いを通わせ、短くもあたたかなひと時。
57話で、王トンマンの中にある、トンマンの部分をピダムの前で見せ、ピダムへの想いを告白したトンマンの表情は、まだ「好きだ」という言葉とすこし距離のあるような硬い表情でしたが、58話でやっぱり起きていた…とピダムが入ってきたプライベートな空間では、トンマンはようやく昔のようなトンマンの表情を取り戻しつつある感じでした。

51話で、王になる前日にマヤ皇后からトンマンにかけられた、「王は人を信じなくてはいけない、人を信じてもいけない」という言葉。
私は最初どういうこっちゃ的にこの言葉の意味があんまりよく分かりませんでした。
ですが、この言葉の意味するものが、「「王」は「人」というものたちに、自分というものを容易く悟られるようなことがあってはいけない」ということであるならば、「人」というものに、自分の気持ちを見透かされる恐れが一番高い、己の表情をいうものをなくさなければいけない・・・ということになるのではないでしょうか。

実際、女王となってからのトンマンは、表情というものがなくなってしまいました・・・。
王としてなのか、トンマンとしてなのか…。その心がわかりにくかったりします。
「王」という、だれでもその地位に立つことができるわけでない立場になったら・・・となんとか頭を絞って考えたりしますと、むしろよく分からない姿であることは、トンマンがまぎれもない「王」であったからではないかと。「王」という至上の地位を維持していくには、臣下に対し、民に対し、諸外国に対しても、慈愛に満ちた姿を見せるだけでなく、恐れを抱かせる存在でなければならなかったからではなかったか、それは決して女王だからというわけではなく、王たる者はそういうものなのではないか・・・ということに至りました。
表情から気持ちを読み取られ、「人」に心を操作されるようなことがあってはならないから・・・。
60話で、チュンチュがピダムのことをどうして恐ろしい存在であったか・・・、その理由を語る言葉からも、今更ながらようやっとそうなのかもしれないと思ったりしています。

ミシルが眉をピクピクさせたり、表情が豊かにあったことは、ミシルが一国の主である「王」という地位にはなかった証拠であるように思います。

「ミシルになる必要はない、自分にはありのままの姿を見せてくれ」
そう言って常にそばで、そのありのままの姿をみようとトンマンに寄り添い続けたピダムですが、トンマンは「王」となったとき、ミシルになる以上に、ミシルをはるかに超える存在になっていたのだと思います。ミシルは、神国で一時代を築いたのかもしれませんが、立場的にはあくまで臣下でした。「王」という地位には結局つくことがなく、その立場となった者だけにしか味わうことのできない苦しみを知る由もなかったわけですから。
ピダムでさえ、トンマンに「変わられてしまった」と、思わず言ってしまうくらいに。

己のすべてを賭け、己自身が神国。その中に「トンマン」という「人」を奥深く埋め込んで、王としてまい進してきたトンマンが、10年という歳月も経てば自身でさえも「トンマン」をどこに埋めてしまったのか・・・わからなくなってしまうほどではなかったかと思います。

どれだけ辛いことなのでしょう。
どれだけ苦しいことだったのでしょう。

51話で、ミシルが自分の母であることをようやく打ち明けたピダムをただ静かに抱きしめたトンマンを、57話ではピダムが、ようやく自分の気持ちを打ち明けたトンマンを静かに抱きしめる番でした。

自分のありのままの姿をずっと変わらずにみていてくれるピダムには、一番自分に近い存在として、一番自分の気持ちを読ませるような、見えるようなことができなかったはずです。いや自分を必死で抑え込み、重く厚い仮面をつけなければ、日々ピダムと向き合うことができなかったのですよね・・・。

それでもトンマンが自覚できていたのかわかりませんが、ピダムのことを「司量部令」と呼ぶ以外は、昔と変わらずに「ピダム」と、「公」という敬称をつけることなく呼ぶことは、「トンマン」の心の中に住むピダムに対しては、同じようにそばにいるユシンとアルチョンには出来ない呼び方を、ピダムにはしてしまうトンマンがいたのだと思います。

58話の最後にある予告には、トンマンが神国に埋もれされたトンマンを見つけ、その姿を少し表に出すことのできた、そんな短すぎるラブラブなトンマンとピダムのカットされてしまった場面がありました。

ピダムにトントンされて、穏やかに眠りについたばかりのトンマンに、ピダムのチュー寸止め場面には、チューしとけや・・・、見たかったなあ・・・な思いに駆られました。でも、どんくらいぶりにぐっすり眠りにつけたのかわからない、ちょいと早めのピダムのとんとんは、トンマンにとって最高の眠りを誘うものだった、でもってこ~んなに安らいだ表情でのトンマンの貴重な寝顔をみせてくれました。

ある場面のトンマンはピダムに拗ねていたんだとか・・・。拗ねちゃったんだとー・・・vv
めっちゃ短い場面、トンマンの拗ね顔を、チラ見でも逃さずにピダムはみたんかしらー・・・。

ピダムとの国婚を決め、国婚でピダムの勢力が大きくなることを見据えて、ピダムの元にあった貴族の私兵を兵部に帰属させる、ピダムに傾いていくだろう貴族の力を削いでおく、王としてのトンマンの顔もきちんとあった58話ですが、カットされていたものの中にもたくさんあった、ピダムだけしか引き出すことのできないトンマンの顔、そんな陛下の姿にときめいたり、トン&ピの蜜月の姿に身悶えていたい話の回です・・・。



Comment:6  Trackback:0
2013
06.03

お駄賃今昔

Category: 善徳女王関連
えwこれまで画像は人様のキャプされたものなどを使わせてもらったりしてたのですが、ようやっと自分でも動画からの一コマを切り取ることができるようになりまして…(笑)いやあ、同じようなキャプの画像があったりしても、そこはもう自分で切り取ったもののほうが、断然愛着がわきますなあ!てことで、アホの一つ覚えのように遊んでおりました・・・。
先週のGyao配信は、57・58話というトン&ピダイスキ~vにとっては、うひゃひゃあvvな話数の週で、普段1回ずつ観るので精いっぱいなのに、ちょい多めに観ちゃいました~!
でも今回ちょこっと書いてみたのは、チュクパンのことですー。

☆56話。復耶会問題で誰一人捨てることなく解決する策の答えは、「キム・チュンチュ」。このチュンチュの言葉をヒントにトンマンは自ら行動に出ていきます。その準備段階でチュクパンが復耶会との連絡方法を司量部に捕まっているチャンギから聞き出すために、サンタクを使う場面です。
「チャンギに会わせてくれ…」
内省の3番目の官位の大舎となったチュクパン。トンマンの時代にはワイロをもらっちゃう立場から、相手の懐に忍ばせちゃうことができる立場に出世したんですよねw
黄色の官位服を着ているのは4頭品ということになるんでしょうか。


ワイロ1

ワイロ3ワイロ4

牢屋の中

「話をするだけ…」どんな話をするのか肝心なことはちゃんと伏せておいて、サンタクの案内で上手くチャンギと面会出来たチュクパン。
チャンギの顔の傷から、司量部の厳しい取り調べで復耶会との連絡方法などの尋問は受けたりしてる…と思うのですが、チャンギは決して口を割らなかったと思われます。でもそこはチュクパンの真骨頂を発揮、チャンギの、チュクパンの顔を見るなり「チュクパン兄貴」と呼び慕う気持ちをちゃんと利用して、復耶会との連絡方法を教えてもらうんですねー。
トンマンの時代となって、お互いの身分の格差が生まれていても、依然としてチュクパンは頼れる兄貴であり、龍華香徒で苦楽を共にした絆は、復耶会のメンバーとしての忠誠を上回るものだったのかなあ…。
自分の家族と同様な仲間うちという、広いような狭いような中だけと思われますが…、チュクパンも人心を得ることのできる人であって、トンマンにとっても、そんなチュクパンのずっと変わらずに頼りになる兄貴で、期待を裏切らない仕事をしてくれる人であるんだなと、ユシンを島流しとした夜の楼閣での場面、ユシンの断罪を求める貴族たちの声に耳をふさぐように気遣うチュクパンの姿に次いで、その存在が大きく感じる場面でした・・・。

☆57話。復耶会問題が解決し、ユシンと共にユシン軍として出陣する前のコドたちに、雷に当たった棗の木片、「霹棗木(ビョクジョモク」という、邪気を寄せつけず幸運を招くという、身代わり観音的な貴重なものを、なんとか手に入れ渡すチュクパン兄貴の姿は、日距8里という遊軍の存在に悩まされ、危機的状況である百済との戦線に向かうコドたちの無事を祈る、普段はなんだかんだ言い合う仲間たちへの心根のやさしさを見せてくれる場面でした。
ソラボルに地方からの花郎や郎徒が増やされたときに、多く含まれていた伽耶系の郎徒たちをすぐさま手なづけてしまった、当時大郎頭だったチュクパンは、きっとわからないところで、こんな風にグッと人の心をつかむようなことをちょいちょいしていたんだろうなあ…て思わされます。

ビョクジョモク2ビョクジョモク1


そんなチュクパンのワイロにつられる在りし日の姿・・・

☆17話。トンマンが自分の素性を知る手掛かりとなりそうなソヨプ刀について書いたものを、大化殿に忍びこんで真平王に届ける上奏の中に置いてくるという仕事を、トンマンに頼まれる場面。


ワイロ2
どうだ、頼みごとを聞いてくれるだろう…なトンマンの企み顔が好きですねw

ワイロ14ワイロ8
巾着の中身にくいつくも、いやいやこいつぁ危険な仕事だろ…それっぽっちじゃやれねえな…と、お駄賃値上げ交渉をちゃっかりするチュクパンと、そんな交渉には負けず…いやそんなチュクパン兄貴を知ったうえで、仕事を引き受けさせるトンマンのやりとりが楽しゅうございます。

☆42話。ポリャンとの突然の婚姻をチュンチュにたしなめるつもりでやってきたのに、トンマン達、またミシル側の周囲の者たちの反応を探るために、上手くチュンチュに使われちゃった場面。

ワイロ13ワイロ10
人を思い通りに動かすなんてチョロイもんさね…なお顔のような、トンマンに絶賛反抗期中のチュンチュ。
チュクパンに目をつけ、上手く転がすのは反抗対象のトンマンと同じー。


ワイロ3
今回の行動には、トンマン派とミシル派の相関図を教えてくれたお前がすでに一枚噛んでいるんだぜ!と今回の一件の裏話をきかされるわ、どうだ、この際自分の者のならないかと、チュンチュのスカウトされる始末。トンマン達を裏切るわけにはいかない、こんなお駄賃入りません!と言いながらも断りきれず、チュンチュの口車にうま~く載せられ余計なことまでしゃべりつくしちゃってお駄賃もちゃっかりもらっちまった・・・、あわわ…チュクパン。

7才の女の子
そういえば、復耶会の秘密のアジトを突き止めるのに大活躍した、ウソ泣きうますぎ、道案内まかせときー!なこのめっちゃようできた7歳の女の子は、チュクパンが引き取った孤児とか…そういう関係なんでしょうか。チュクパンとの話っぷりから、いつの間にか出てこなくなっちゃったソムォルさんとの子?ってわけじゃないのかなあ。


トンマンの時代、内省においてチュンチュの部下となり、政局の状況をおしゃべりしあう相手にまでチュクパンが出世するとは…。ノベライズでは伽耶の難民。ドラマではどこの馬の骨ともわからない、コソ泥だったチュクパンに備わっていた人徳で官位をもらうまで上りつめる…、実は王族だったトンマンとピダムを除くと、うらやましいほどの出世率NO.1なチュクパン。
57話はトン&ピのラブメモリーv、そして将軍として復帰したユシンの姿に感慨深い話ですが、ちょこっと出てくるチュクパンのよき兄貴の姿に注目してみました・・・。


★※印の画像にマウスを合わせると、画像が変わります…
携帯からでも見られたらいいんですがー。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。