--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.28

カリ飯を作るトンマン

Category: 善徳女王関連
本日28日は、に(2)わ(8)とりの日です。ケン☆ッキーが語呂合わせで設定してチキンのパックがお買い得になる日ですね(笑)今年最初の28とりの日は、拡大スペシャルということで2月11日までだそうです~とケン太の回しもんのように言っときます。
数字の語呂合わせではないんですが、記念日が多いお隣韓国では、ブラックデー(4/14)までに恋人ができなかった男性は、5月14日に黄色の服をきてカレーを食べるイエローデーというものがあるそうです。
韓国のカレーの色はイエローデーにふさわしく黄色っぽく、辛みが少なくどちらかというと甘めの味らしいのですが、某Jアイドルの韓国語堪能な方が昔のバラエティの中でやっていたコスプレでカレーを食べていた姿が思い出されました・・・(古いですっ)

『善徳女王』13話で、隋からの使節団とともにやってきた商団の中で「サダハムの梅」をもってくる摩揚陀国(インド)の商人のために、「カリ飯」を作ったことがあり、主原料のウコンを知っていたトンマンが商団の食事を作る責任者となるエピソードがありました。カレーがこの時代に?ってことは置いといて、トンマンによるカリ飯のレシピは、「しょうがとにんにくを炒める」「そこに馬芹・肉桂・茴香とウコンを加える」というスパイスを炒め合わせるだけで、何カレーを作ろうとしていたのかは残念ながらわからないのですが、材料が置いてある画面手前に鶏肉の塊があるように見えるので、チキンカレーだったのかもしれないですね~。
三国時代あたりには、かまどがあり、甑(蒸し器)が使われていたようで、ピダムがヤンジ村の子分(?)からもらっていた鶏肉は蒸したものと思われ、洞窟では焼いてほとんど素のままの鶏肉を食べていたピダムがチキンのカリ飯を食べたとしたら、どんな感想をもったことでしょう・・・





続きを読む
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2013
01.24

気に障るやつ

Category: 善徳女王関連
Gyao!配信の『善徳女王』が、ピダム登場まで来ましたね…
KNTV版の字幕では、今まで知らなかったセリフ通りの四字熟語などの単語が出てきて新鮮です。「肉斬骨断」以外にも、ちゃんと兵法の言葉がセリフに盛り込まれていたんですね~
「打草驚蛇(だっちょぎょんさ)」無駄に事を起こして災いを招く(兵法36計の第13計)〈13話〉
「聲東撃西(そんどんぎょくそ)」東で声を出し、西で攻撃する(兵法36計の第6計)〈19話〉
最近では、翡翠の水差しと交換した貴重なオットセイ、「オルヌルチェv」の言い方がおっさんチック丸出しのチュクパンの「花街の巨星チュクパン〈18話〉」にウケました。何気にチュクパンも「星」に関係する称号があったなんて(笑)!







続きを読む
Comment:1  Trackback:0
2013
01.19

1月16日に頂いた拍手コメントへのお返事

Category: 拍手お返事
『善徳女王ガイドブック上巻』が来ましたよwという連絡を受けて、図書館から借りてきました~
えwwかれこれ2年、3年め?(1年が過ぎるのが早すぎてかれこれ何年てのがよくわからなくなってます)善徳の界隈をうろちょろさせてもらってますが、ガイドブックをちゃんと読むのはようやく…やっとです、ふふ。
実はまだ書店にあった頃、立ち読みしてるんですよね、ええ、買わなかった私です。
覚えていたことと言えば、トンマン(@ヨウォンさん)とソファ(@ソ・ヨンヒさん)のインタビューの衣装が、二人ともファーを着ていて、当時お隣で流行っていたスタイルなんかしらwとか、お二人同い年ですけれど親子ね~なんて思ったことで、どうでもいいことだったんですが、今頃になってストーリ解説などを楽しんで読んでいる最中ですv
俳優さんのインタビューになにやらメッセージとともにサインが添えられているんですが、ヨウォンさんが書かれる丸っこい可愛らしい字と似たような字を、ヨンヒさんも書かれるんだなーと思ってよく見たら、ん?えっと、ヨンヒさんのじゃなくてヨウォンさんのサインですねっ・・・!あらま、なんつー間違いをしてるんでしょうか…
そんで、新羅の装身具のページがあったんですが、太環飾(テファンシク)の耳飾り、重いよねっ!て決めつけていましたが、「輪の中は空洞になっていて見た目よりかなり軽い」って書いてありました~!全部そうなんでしょうか・・・、そうだったのかあ・・・!?(´・∀・`)ヘエエ~~
・・・それと、なんとなくあんまり言うのもなぁ…て言わなかったんですが、やっぱり図書館の本は大事にしましょ~ねっv「善徳女王ガイドブック上巻」が消えちゃったまんまです。んw、読んで元のところにちゃんと戻さないでどこかに紛れ込んでしまっているのか、借りる手続きせずに外に出ようとするとブザーが鳴る図書館もあるんですが…、勝手にお持ち帰りしちゃったのか…わかんなくなっとります。気持ちよく利用しようぜwww





続きからは、頂いた拍手コメントへのお返事ですv







続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
01.18

ヒロインはつらいぜ

Category: 馬医関連
昼は医女様、夜は薬契(薬店?)作りに暗躍するヨンダルに。
して、その実態は・・・男装の尺、短っ!!
男装-1
男装-2


「馬医」主人公ガンヒョン(グァて面倒なんでガにします)の師匠だったコ・ジュマンが亡くなったあと、新たな師匠となるサアムドインと姉弟子のコ・カヨンの新キャラが登場して、主人公を取り巻く女性4人が出そろいました。
この4人のキャラのイメージを表す衣装の色についての記事がありました。なんというか・・・、記事にあるように4人めに出てきたコ・カヨンは女性っぽさのないキャラのようでして、同じタイミングで登場したヨウォンさん演じるチニョンさんが折角ヨンダルの男装姿を披露したのに、印象がすっかりうっすいもんになっちゃった感がありまする・・・。
なんかおお~男装姿vて色めきたったんですが、なんかこの新キャラ登場!キャラ紹介的なことに時間割かれたのか、(あ、医療ドラマなんで治療シーン多いですw)ヒロインの男装姿の尺が短い。っていうか、男装での活躍時間は夜って設定のようでして、また雪道歩いてるんですけど・・・ヨウォンさん。
よっぽどヒロインを雪の中に放り出したいと見える・・・(ちゃうかー)。タイトルロールでもヒロインでも、キツイ撮影が多いですね~・・・
清国の妃が重い病に倒れ、朝鮮から選抜された医師団が派遣されることになり、チニョンさんもそのメンバーに加わって清国に旅立ったことで、薬契作りに奔走する男装姿を拝めるのは一旦終了っぽいです。今後もこういった姿を見られるんかわからないんですけれど、もしまたヨンダル姿をしてくれたとしても、う~ん・・・どうしたってコ・カヨンと外見の印象がダブってヒロインらしく目立たなくなってしまったじゃないか・・・。清に行かないでもうちっと薬契つくりに活躍する姿があってもよかったのにと、ちょっ~!!が、ちぇっっ!!に変わりつつある今日この頃です。


【‘魔の’イ・ヨウォン-キム小恩-チョ・ポア-オム・ヒョンギョン‘4人4色女性本性!’】
記事入力2013-01-18 13:36
衣装の色


イ・ヨウォン-キム小恩-チョ・ポア-オム・ヒョンギョンが衣装カラーにともなう個性満点4人4色‘女性本性’を表わしていて話題だ。
最近連続13週の間月火劇視聴率同時間帯1位を守成しているMBC創社51周年特別企画ドラマ‘魔の’(脚本キム・イヨン演出イ・ビョンフン、チェ正規/製作キム・ジョンハク プロダクション、Aストーリー)でイ・ヨウォン-キム小恩-チョ・ポア-オム・ヒョンギョンは劇中‘チョ・スンウの女性’という(のは)別称を得て猛活躍を広げている。
何より女4人は自分たちだけの独特の衣装色で性格とイメージを表わして個性満点キャラクターを完成していること。
先にイ・ヨウォンは劇中ほとんどの赤い色が入ったチョゴリと字配り、マゴジャを着て登場して熱情的な性格を表わしている。 半額の女性だが幼い時期から消えていく生命を助ける医術を自身の夢であり目標にして医術習得に熱意を見せたイ・ヨウォンのキャラクターをそっくり表わしているわけ。
特にイ・ヨウォンはチョ・スンウが‘愛の逃避’を提案した時も躊躇しないで離れようと決心した程愛に対しても情熱的な女性で‘赤色’に似合うしっかりしている面目(容貌)を広げて出している。
引き続きキム小恩は色がきれいなピンク色のタンウイを入漁ムチャクチャお転婆‘ピンクゴンジュ’のませてちゃっかりしていることを表現している。 特にお母さん仁宣王后、キム・ヘソンと兄さん玄宗ハン・サンジンのあふれる愛を受けて形成された可愛いながらも愛嬌ある性格が桃色と絶妙に似合うという評価.
チョ・スンウに向かった熱烈な‘片思い’がどんな意図や目的がない、純粋さがいっぱいである愛という点でキム小恩のピンク色イメージを浮上させている。
チョ・ポアは幼い年齢に青孀寡婦になった後周囲の刺すような視線のために死ぬことと決心した程苛酷な時間を過ごしただけ色彩があるようにないようにしながらもきれいさを引き立って見えるようにするほのかな美人が絶望を打破って立上がるチョ・ポアの悲壮さを表わしているという反応だ。
一緒に初めてのトン方からとんでもない‘4次元魅力’を精一杯広げて出しているオム・ヒョンギョンは緑色衣装で格別な荒っぽさを発散している。 ‘猟奇溌剌’ある経た単語らとぞんざいな言葉を日常行う言動はオム・ヒョンギョンを腕白小僧のような朝鮮時代ワルガダンニョで変身させたこと。
特に女らしいということが排除された中性的な色彩である抄録はオム・ヒョンギョンの新鮮さとピョンピョンはねる魅力を倍加させて目を引いている。

チニョンお嬢さん-1チニョンお嬢さん-2
いつも上着を手にしてますが、羽織ったことがないチニョンさん。上着の色合わせ、微妙ですが、いつ羽織るのでしょうかw
羽織もの
ウンソさんは羽織ってます・・・




Comment:0  Trackback:0
2013
01.14

1月12日に頂いた拍手コメントへのお返事

Category: 拍手お返事
新社会人のみなさん、おめでとうございますw
雪景色の成人の日となりましたね。それにしても、どうしてこの時期のお天気は荒れ模様になるんでしょうねえ~・・・


さて、私としたことが…すっかり買ってきたおみやを出すのを忘れとりましたー。
もうすっかり正月気分が抜けつつありますが、よろしければ、かるた遊び気分でつまんでいってくださいませw

かるたあそび
          小倉山荘「かるたあそび」  
                 茶寮げんこつ



続きからは、頂きました拍手コメントへのお返事ですv







続きを読む
Comment:1  Trackback:0
2013
01.11

替え歌再び…

Category: 善徳女王関連
『馬医』のチニョンさんが子供のころに男装して名乗っていた名前が「ヨンダル」でした。
『善徳女王』のトンマンがタクラマカン砂漠で佇んでいたところが「パンダルの丘」だと、KNTV版のGyao!を観てはじめて知ったんですが、「ヨンダル」と「パンダル」一文字違いだ・・・

「馬医」の29話で、チニョンさんが医女の姿から男装のヨンダルに変えた姿があったのですが、8日の記事で書いたように、トンマンか?と思わずにはいられませんでしたー。
そしてちょうど配信中の「善徳女王」では、砂漠から自分は何者なのかを知るために新羅にやってきたトンマンが、とうとう自分の正体を知ることになる回に突入。
すっかり忘れとりましたが…、新暦とはいえ善徳女王の命日にトンマンか…という姿を見たっていうこともあって、う~ん、なんだろう…、何とも言えない不思議な気持ちにもなりましたねえ。

んで、以前にピダムで、チェッ★ーズ「ギザギザハートの/子守歌」の替え歌を作ってみたんですが、今回はトンマンの砂漠時代をTHE 虎♦竜「ロード」でやっちゃいました…

お・・・お付き合いできる方…続きからどうぞ~






続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2013
01.10

1月6日に頂いた拍手コメントへのお返事

Category: 拍手お返事
『善徳女王』1話より・・・

☆国ざかい 馬を走らせ 国思ふ・・・チヌン大帝

  ソヨプ刀 若い彼女に 武勇伝 虎より怖い 猫かぶり女に


☆尼になれ?  王妃の夢は 捨てられぬ・・・ミシル

  仮面つけ 王を守りて あざむいて 爪を隠して 傅くミシル



★★新年、1話冒頭のシーンを詠んでみました・・・

ふと思ったんですが・・・、ソヨプ刀に「徳業一新 網羅四方」「三韓一統」とコチルブさんが刻んだのはいつなんでしょう…
チヌン大帝はそのことを知っていたのでしょうか・・・
国史の編纂を命じられたコチルブさんが、チヌン大帝の前で得意の細筆で伝えたい文字を刻んだのでしょうかねえ。
国史を燃やしてしまえと命じた真智王の時代に、コチルブさんが念のためにと大事なソヨプ刀をペクチョン(真平王)から預かってこっそりと刻んだんでしょうか・・・


以下 頂いた拍手コメントへのお返事ですv




続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2013
01.08

今日は見逃すまい・・・

Category: 馬医関連
見逃しちゃったのヨゥォン、やややんやん・・・
なんの替え歌かわかりますかね~…、どうでもいいんですが。

年末年始、日本では一斉にスペシャルな番組になるんで、当然お隣もそうだとばっかり思ってたんで番組表なんてちっともチェックしなかったんですが、元旦でもドラマは通常営業なんですねえ…。ああそうか、もしかしたら旧正月のほうが盛り上がるんかも~しれないんですねえ…と今更思ったりぃ。
「馬医」の27話、見逃しました。元旦はパソ子のない家で過ごしていたので、どうしたって観られんかったんですけれど。再放送も日曜のお昼にやってたそうなんですが、それも観られなんだ…。
ドラマ的には、主人公とヒロイン、幼い頃生き別れになって探していた初恋相手だったとわかり、お互いに気持ちを通わせ確かめ合うといった、山場の一つで元旦LOVEな内容だったようなんですが、それを見逃してあ~ららっと思ってるんではなくて、今年初めから「馬医」のヨウォンさんに関するええ記事がありまして、そんなヨウォンさんの姿を見逃さざるえなかったのが残念だったのであります。

ヨウォンさんの記事2つががこちら↓

☆魔イ・ヨウォン、多彩な感情表現“千の顔”証明☆

【[アーツニュース余修正インターン記者]俳優イ·ヨウォンが多彩な感情表現で '千の顔'であることを立証した。

イ·ヨウォンはMBC月火ドラマ "魔"の危機に屈服せず、自分の信念を押し進める堂々と快傑医女ガンジニョン役で熱演を広げて出している状況。
劇中グァンヒョン(チョ·スンウの方)に微妙な感情を持っていたジニョン(イ·ヨウォン)が子供時代の思い出に切なく探した子供がそのだったという事実を知った後、一緒に愛の逃避行を決意した。

イ·ヨウォンが "魔の"で多彩な感情演技で千の顔であることを立証した。
イ·ヨウォンは、劇のキャラクターを演技して海事した笑顔と格別なヨンミンさを持つ "ラブリー医女"からグァンヒョンに向かった切ない愛切々たる涙を盛り込んだ "純情医女"の姿で馬力を誇った。
また、イ·ヨウォンは拉致されたグァンヒョンを見つけ、雪の中をさまよいながら嵐嗚咽をトトゥリヌンガと、広通橋で彼と再会した瞬間の感情にブクバトチンまま休むことなく涙を流すなど、 "切々たる涙演技"を披露した。

かと思えばイ·ヨウォンは危機が近づいた時の冷静さを探し賢明に対処する姿からミョンファン(ソン·チャンミン分)に彼が犯したことをいちいち計算してながら失望感に終え激怒する姿まで "主体的な女性"の姿を自然な演技で昇華した。

これに対し、 "魔"の制作社側は "イ·ヨウォンが複雑で難しい感情演技を上手に消化して、彼女がなければガンジニョンというキャラクターを考えることができないほど唯一無二のガンジニョンを完成させている"とし、 "これから反転ストーリーが吹き荒れ打たれる"魔 "でさらに大活躍を繰り広げるイ·ヨウォンを期待してくれ"と伝えた】


☆魔 ヨウォン快傑医女ガンジニョンに200%憑依された☆

【[ティブイデイルリグォンジヨウン記者]イ·ヨウォンが多彩な感情表現を自由自在に駆使して、 "バラエティー豊かな演技力を立証している。イ·ヨウォンはMBC創社51周年特別企画ドラマ"魔"(脚本キム·イヨン、演出イ·ビョンフン)で危機に屈服せずに所信ありげに自分の信仰を押し進める堂々と"快傑医女"ガンジニョン役で熱演を広げて出している。ジニョン(イ·ヨウォン)は、微妙な感情を持っていたベクグァンヒョン(チョ·スンウの方)が幼い頃の友達だったグァンヒョンということを知った後ベクグァンヒョンと"愛の逃避"を決定、ラブライン展開についての関心を集中させている。何よりもイ·ヨウォンはガンジニョンキャラクターを演技して海事した笑顔と格別なヨンミンさを持つ"ラブリー医女"の姿からチョ·スンウに向けた切ない愛と切々たる涙を盛り込んだ"純情医女"の姿までフルカラー演技で魔力を発散している。"ロコ史劇'の真の姿を見せるふっくらと飛ぶ魅力から怒りを爆発させるカリスマまで爛熟した演技力を誇示していること。

特にイ·ヨウォンは板野の村でチョ·スンウが初めて会っ手を握った時を思い出させてそっと微笑を浮かべてネトヌン ​​ガと、ヒェミンソ前チョ·スンウを待って、自分も知らないうちにどんどん大きくなっていくチョ·スンウに対する愛情を胸のときめきに表現、愛に陥った女性の姿をそっくりそのまま現わした。一方、イ·ヨウォンは拉致されたチョ·スンウを見つけ、雪の中をさまよいながら嵐嗚咽をトトゥリヌンガと、広通橋でチョ·スンウと再会する瞬間の感情にブクバトチンまま休むことなく涙を流すなど、 "切々たる涙演技"を広げて出した。また、イ·ヨウォンはチョ·スンウに養父イミョンファン役ソン·チャンミンが犯した悪事を謝罪し、自分の心を虚心坦懐に言うと、イソンハ役イ·サンウにチョ·スンウに向かって不動の心を伝えるなど、 "カンジニョンピョ愛"を表現した。イ·ヨウォンが感情移入と集中力が必要な涙の演技をはじめ、切ない愛を抱いているガンジニョンの姿を100%表現、視聴者を落ちこむしているわけだ。かと思えばイ·ヨウォンは、危機が近づいた時の冷静さを探し賢明に対処する姿からソン·チャンミンに彼が犯したことをいちいち計算してながら失望感に終え激怒する姿まで"主体的な女性"の姿を自然な演技で昇華し出した。どんな感情でも"ガンジニョンに思って"消化するイ·ヨウォンの上手演技力が劇の没入度を高めているという評価だ。製作会社キム·ジョンハクプロダクション側は"イ·ヨウォンが複雑で難しい感情演技を上手に消化し ​​てイ·ヨウォンがなければガンジニョンというキャラクターを考えられないほどの"唯一無二"なガンジニョンを完成させている"とし、"これから反転ストーリーが吹き荒れ打つこと"魔"でさらに大活躍を繰り広げるイ·ヨウォンを期待してくれ"と明らかにした。一方、去る27回放送分では、ベクグァンヒョン(チョ·スンウ分)とガンジニョン(イ·ヨウォン)が、それぞれ相手が8年前に別れた後切なく探した幼いグァンヒョンとヨンダルであることを確認することになる"涙の再会"の場面が盛られていた。また、二人の切ない抱擁シーンを目撃することにしたスクフィ姫(キム·ソウン分)と去ろうとするガンジニョンを捕獲するイソンハ(イ·サンウ)も涙を流す姿が盛られてなり、本格的な四人の男女の行き違った愛が描かれた。[ティブイデイルリグォンジヨウン記者news@tvdaily.co.kr /写真提供=キム·ジョンハクプロダクション]】


翻訳を通した記事なんで、ところどころ意味不明な単語が出てまいりますが、ご容赦ください。
私もようわからんです・・・。でも、内容の雰囲気でうれしくなっちゃいましたw

そんで昨日28話、大みそかで撮影終了されてしまった、コ・ジュマン役のひいおじいちゃん(@イ・スンジェ:善徳女王ではチヌン大帝)がお亡くなりになるという、いきなりがっくりなシーンから始まった28話なんですが、いやいやいや~~!今日の29話の予告にテンション上がるものが用意されとりました!

カメオ出演?

トンマン、「馬医」にカメオ出演か!?
な予告が!!!
  ぇ…いや、本日から新たな展開が…らしい。たぶん。うん、そんなことは置いといて・・・
馬医男装


今日は見逃すまい。ええ、21時55分をめちゃくちゃワクワクして待っとります~ vv





続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2013
01.05

新年の始まりw

Category: 未分類
皆様 新年あけまして おめでとうございます!

年末のすぺしゃる番組をゴロ~ンと横になりながら観て、そのまま年がめでたく明けました。
えw何を見て何に笑い・・・てことは、どんどん印象が薄らいでいくという、すこぶる元気にだらけきってゆるみまくりで過ごしております。

というわけで、年末年始にこちらをご訪問くださった皆様、そしてコメントを下さった皆様、本格始動はもうチョイ先になりまして、コメントへのお返事ももう少しお待ちくださいますと幸いです・・・v
あ、ただですね、できそうなことはと思いまして、トラックバックをありがたくも申請してくださったマイマイさん、ありがとうございます!承認させていただいたんですが、無事にうまくそちらに反映されましたでしょうかね~?そちらに伺いましたところなんとなく微妙な雰囲気でドキドキしとりますv
そして、新年にブログ名を「snowdrop」とリニューアルされました六花さん、早速リンク先名を変えさせていただきましたv善徳のシーンをいつも思い起こさせ、またご自分のお名前の一字も隠れているという、とても可愛らしく素敵な善徳ブログ名ですね!亀足は私も同じく(なにげに同じといっとりますが(笑)) のっそりとしておりまするv

や~実はスマホでお返事をと思ったのですが、どうにも時間がかかってしまい正月早々チッ!て舌打ちするわ、もーあかん・・・うへぇぇwwと投げ出してしまった始末でして。
スマホや携帯で記事更新やお返事されていらっさる方々、尊敬いたしまする~
只今ちょいと実家のパソコンを借りてるんですが、これはこれでなんとも落ち着きませぬ~・・・

そんでですね、スマホから皆さんの記事を年末年始も変わらずにちょいちょいと遊びに行かせてもらったのに、拍手ぽちっがですねw、
「ウインドウが最大で新しいウインドウを開くことができません」
というメッセージがでちゃって、拍手がはじかれちゃうんですが、これは一体どういうことなんでしょう・・・
ええ、そんなん自分で調べろろぃ!っていうか、まことにしょ~もない原因かと思われるんですがー、ちょこっとお聞きしてみよかなあと・・・。

まったくもってのっぺりとしたぐだぐだ感ただよう締まらん内容が今年初めの記事となりましたが・・・、ま、これが普段と変わらぬアタクシでございます。
どうぞよろしゅうにvv


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。